2009/05/20 〜 2009/05/27
芹澤銈介
[ 絵 ]

民藝の世界には、大津絵や絵馬など、決して上手ではないがプリミティブな魅力を持つ絵の世界がある。芹沢は、中でも絵馬の持味にひかれ、板絵という独自の絵の世界を作った。そこでは人形や文字が無造作に描かれているが、その中に溌刺とした命を与えている。

  

型絵染の分野にて独自の世界を開き
河井寛次郎・濱田庄司達と民藝運動に参加した作家(人間国宝)です。
今回、板絵と素描画・ガラス絵などを約50点ほど展示します。
大変珍しい展覧会となります。
是非ご覧下さいませ。

  
小西いく子