2011/07/09 〜 2011/07/17
嶋田康佑  
[ 紙 ]

普段使っている紙という身近な素材に着目することで、見落 としがちな素材がもつ美しさを表現し、また紙でありながら室内外で使える 持続的なモノを考えています。

今回の作品は、何気なく使用する家具や器にすることによっ て、紙の透過性、強度、柔軟性など新たな一面を実感する空間です。

もともと木から作られた紙を空間に、そして最後には大地に 戻ります。輪廻転生を繰り返し生まれ変わっていくのです。

実際に手にとって紙の作品の面白さ、美しさを堪能してくだ さい。


  

1985-岡山県生まれ
2007-大阪工業大学工学部建築学科卒業
2009-京都市立芸術大学美術研究科
 環境デザイン専攻 終了
2011-大阪工業大学ものずくりセンター勤務

  

何気なく使っている<紙> 軽い、弾力性がある、透過性がある... 紙の変化自在の楽しさを生かして、 テーブル、イス、座布団、照明など 嶋田流の空間創りてです。
夏座敷の楽空間へちょっと涼を取りに お出かけくださいませ。

  
小西いく子