2013/03/23 〜 2013/03/31
小川靖弘 裕惠
[ 藍染め ]

楽空間祇をん小西での二人展は4度目で六年振りとなります。
靖弘はろう染で主に線描きのきものと帯を出品します。
DM写真のものは線描きからくさ模様染め分けの帯です。
裕惠は藍染絞りののれん クッション ストールなどを出品します。
藍は徳島産のすくもを灰汁発酵建てでそめていますがいつも透明感のある美しい藍色を出したいと心がけています。
写真の花入れは筒状に織られた酒袋を染めたもので自在にその形を平面にも立体にも変えられ多目的に使えます。
そんな 布の持つ特性を楽しんで制作しています。

  

小川 裕惠  略歴  (染色・藍染絞り)


1942 京都市生まれ
1963 成安女子短期大学意匠科(染織)卒
1981~ 名古屋有松にて「絞り」を学ぶ
    自宅にて藍染を始める
1985~ 全国各地にて毎年個展を開催
1989~ 京都・市原に工房を開き、
    徳島産の蒅を灰汁発酵建てにて藍染をはじめ
    現在に至る
公募展など受賞多数

1990~2012 沖縄県立芸術大学非常勤講師
1992〜2002 川島テキスタイルスクール公開講座講師
2007〜'08 京都造形芸術大学(通信)講師

現在 京都工芸美術作家協会会員

  

藍の色、美しく透明感は最高。
裕惠さんの藍は優しいです。
いつも仲良し靖弘さんとおしどりです。
着物、帯,のれん、ストール……
工夫された花入れちょっと楽しみです。
春のおしゃれを是非!

  
小西いく子