2014/11/15 〜 2014/11/23
下條華子
[ 漆 ]

主に乾漆技法を用いて制作しています。
布で原形を作り、型を取り、成形していく過程で
予期せぬ新しい形との出会いがあり、
制作しながら見つけた形を手がかりに、
造形しています。
原形で用いた布の柔らかい張りのある形と、
漆の下地の硬い精密な形を組み合わせると
頭では 想像のつかない形が現れます。
形から導き出された塗りや加飾による
漆独特の表情が出せたらと思います。
形の面白さや色や質感など漆の色々な表情を楽しんでいただけたらと思います。

  

1980年  山梨県生まれ
2006年  京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
2007年  美術工芸新鋭選抜展2007
     (京都文化博物館・京都)
2009年  個展
     (祇をん小西・京都)
2010年  うるおい漆展「京都府知事賞」
     (みやこめっせ・京都)
     日本クラフト展(丸ビル・東京)
     個展(ギャラリー葵庵・京都)
2011年  新しい漆のかたち
     (伊丹市立工芸センター・兵庫)
     清州国際工芸ビエンナーレ(清州・韓国)
2012年  井川健・下條華子共作展
     (アバンダンテ・兵庫)

  

案内状の写真を拝見したとき
「ウァー強くなったね華ちゃん!」
何があったのか謎解きに佐賀へ伺いました。
縁あって購入された工房兼自宅、築90年の家
天井は全て漆塗り…深いつながりを感じました。
続きのお話は展覧会で おたのしみに。

  
小西いく子