2017/06/10 〜 2017/06/18
山田修作
[ 陶 ]

梅雨時たまに、小学校頃の家を思い出す。建て込んだ下町なので一階に殆ど日光は直接入らず薄暗い通り庭はいつもジケジケして、暗い所から何か出て来そうで素足の気持ち悪さを今でも憶えている。でも梅雨の晴れ間に、あまり入らない奥の部屋で昼寝をした時の気持ち良さも思い出す。暗い部屋の中を湿ったヒンヤリとした空気が通り過ぎてゆき、いつの間にか・・・。
今度の座敷は清々しい水の流れになるのか、ジケーと湿った空気になるのか。

  

1950 京都生まれ
1975 京都市立芸術大学陶磁器科卒業
 
個展
2001 EN陶RE(神戸)
2002 ギャラリーにしかわ(07,14・京都)
2003 あかまんま(05,07,09,11,14,16・群馬)
2005 手児奈(07,09,11,13,15,16・名古屋)
2005 器夢工房出演(NHKBS・総合テレビ)
2009 ギャラリー猫亀屋(11,13,15・大阪)
2011 ギャラリー恵風(京都)
 
掲載書籍
2007 炎芸術No92<酒器を極める>
2009 炎芸術No98<型やぶりな織部>
2013 別冊炎芸術<志野と織部>

  

レイニーシーズン真っ只中。
アジサイ・ツユクサ・ツキミソウそして水たまり。
ちっちゃな小西の庭は雨を好みます。
夏座敷に広がる修作先生の楽空間はどんなかしら?

  
小西いく子