2017/11/04 〜 2017/11/12
青木挙・青木寿美子
[ 陶 ]

私にとって制作とは争いや支配に対する抵抗であり、空虚を埋めるための最たる行為、そして、未知なる造形と表現を探る旅だと考えています。情報に溢れた時代だからこそ、ひとつひとつを丁寧にシンプルに心で捉え、私の作品で人間が人間らしく行きていくための助力になることを願い制作しています。

今回、色磁土を幾重にも重ね断面を見せたもの、石や鉱物のようなものなど出展いたします。身近に自然と時間を感じて頂ければ幸いです。
             青木挙
 
 
やきものを始めて好きになったものが食と花。
そしていろんな人との出会いで得られるストーリーです。
それらを糧に作り続ける事は私にとって
旅のようであり、狩りのようであり。
また、ささやかな喜びに巡り会えるよう
かたちを作り、絵を描き
窯に願いを込めて。
             青木寿美子

  

青木挙
1995 陶芸の森美術館交流プログラム研修修了
1993 大阪芸術大学附属大阪美術専門学校研究科修了
1992 大阪芸術大学附属大阪美術専門学校陶芸専攻卒業
受賞歴
2008 「第8回国際陶磁器展美濃 ’08」
    陶芸部門金賞受賞
    文部科学大臣奨励賞(セラミックパークMINO)
    滋賀県文化奨励賞受賞
2004 「第1回台湾国際陶芸ビエンナーレ」審査委員賞
    第2回大韓民国世界陶磁器ビエンナーレ 入選
    秀明文化基金賞受賞
2002 「朝日陶芸展」陶芸奨励賞
   「国際クラフト展伊丹2000」
    グランプリ(兵庫 伊丹市クラフトセンター)
   「出石磁器トリエンナーレ」
    佳作賞(兵庫 伊藤美術館 大阪 守口京阪)
1998 「朝日陶芸展」陶芸奨励賞
 
 
 
青木寿美子 陶歴
1993 名古屋芸術大学 美術学部デザイン科 卒業
1995 愛知県立芸術大学美術研究科大学院
    陶磁専攻修了
1995 信楽に移る
2000 朝日クラフト展 入選 ’03、’05年入選
   国際クラフト展伊丹 入選 ’02年光陽社賞 受賞
2002 国際陶磁器展美濃 入選 ’08年入選
2010 工芸都市高岡2010クラフト展 入選
2013 長三賞陶業展 長三金賞受賞(グランプリ)
2014 秀明文化基金賞 受賞

  

早くも霜月のご案内です
信楽へ 工房は人里離れた山里にある
かと思いきやお隣さんに囲まれた場所
にありました。 そこには暖かい空気が
流れていました。 楽空間にお迎えして
二人展をさせていただけるのいいなあ。
   静の青木挙さん
   動の青木寿美子さん
楽しみです。お出かけくださいませ。

  
小西いく子