2018/11/24 〜 2018/12/02
三好かがり
[ Striped Landscape -漆- ]

夜の帳が降りる頃、街はまばゆい光の喧騒につつまれます。

金や銀の箔で彩られた貝は、丸や細い線に切られ、漆黒の上で街の燈となります。

最初の貝を一粒置くとき、その燈の下にどれだけの営みがあり、どれだけの悲しみと喜びがあるのだろう、とふと思うのです。ひとつひとつ貝を貼りながら、ひとりひとりの時を思う。

京都での初めての個展、祇をん小西の凛とした空間で、螺鈿の街はどのように見えるでしょうか。
ご高覧いただければ幸いです。

                  三好かがり
 
 
As night falls, the city gets covered in a tumult of dazzling lights.
Shells tinted with gold or silver foil are cut into dots or fine lines and illuminate the town on the deep black urushi (lacquer) surface.
The moment I place the first piece of shell on the lacquer, my thoughts happen to extend to all the workings going on beneath this light.
I wonder how many a sorrow or joy there might be.
While adhering the shells one by one, I ponder over the hours each person must be spending.
 
This is my first individual exhibition in Kyoto.
How will my raden (mother-of-pearl inlay) city appear in the dignified space at Gion-Konishi?
I hope you will enjoy the show.

                Kagari MIYOSHI
         (Translated by Kikuko OGAWA)

  

1977 聖心女子大学哲学科卒
    漆芸家佐々木英氏に師事
1984 第31回伝統工芸展初入選
1987 第4回日本伝統漆芸展日本工芸会賞受賞
1986 第28回伝統工芸新作展 奨励賞受賞
1995 Japanese Studio Crafts展
    Victoria & Albert Museum(London)
1996 Rainbows and Shimmering Bridges :
    Contemporary Japanese Lacquerware 展
    (New York, Denver)
2000 日蘭交流400年記念日本現代漆芸展:
    (Amsterdam)
2001 個展「彩切貝の系譜」本間美術館(酒田市)
2003 特別展「まち」歌会初めに寄せて 
    神宮美術館
2004 文化庁新進芸術家海外研修生 
    V&A美術館客員研究員ロンドン、
    ラヴェンナ、フィレンツエに1年滞在
    神奈川県美術展審査員 ( 2006, 2016 )
2008 日本伝統工芸漆芸展 MOA美術館賞受賞
2011 第51回東日本伝統工芸展 朝日新聞社賞受賞
2012 第52回東日本伝統工芸展 
    鑑査委員 (1995. 2012, 2016)
2014 第33回日本伝統漆芸展 奨励賞受賞
2016 ASIAN LACQUER CRAFT
    EXCHANGE PROGRAM IN HANOI展出品 
    技術公開を行う
2017 MOA美術館 岡田茂吉賞展 招待作家
2018 漆の現在展 (日本橋三越) 出品
2018 ASIAN LACQUER CRAFT
    EXCHANGE PROGRAM
    IN CAMBODIA展出品
 
Public collection
東京国立近代美術館工芸館, V&A美術館(London),
本間美術館, 国際交流基金, 日本の家(Argentine),
豊田市香りの博物館
 
個展
本間美術館, 池袋西武, 渋谷西武美術画廊,
日本橋三越, 銀座和光, 瑞玉, ギャルリ・プス,
赤坂グリーンギャラリー, 青山グリーンギャラリー,
ギャラリー田中, スペース・S, 手児奈, おかりや etc.
 
現在
日本工芸会正会員 
日本文化財漆協会理事 
NPO法人壱木呂の会副理事長

  

東京のビルの夜景、なんと美しいこと。
かがりさんのお作との出会いは15年前、楽空間
へ漆の五人展にお迎えしたときでした。
螺鈿のうつくしさ、漆の技法でこんなに「今」が
生き生きと表現されるのはなんと華やかなこと、
目に焼き付きました。
個展でお迎えします。祇をん小西20周年を
飾ってくださいます。ぜひお出かけを。
 
                 小西いく子
 
 
The first time I came across the beautiful “Tokyo night scene” expressed so gracefully in Japanese lacquer with pearl on its surface (so-called Raden technique), I was deeply moved.
That was 15 years ago, but I still cannot forget the intricate and unique combination of tradition and modernity of Ms. Miyoshi’s artwork.
I invite her to celebrate the 20th anniversary of my gallery.

                Ikuko KONISHI

  
小西いく子