2019/05/25 〜 2019/06/02
加藤千佳・高木基栄
[ ガラス ]

自然界の現象とその痕跡、それらの絶え間なく動き続ける一瞬を捉え、具現化することにより、無機質なものに命が宿ると思います。一定の条件下でしか存在できない水の状態変化を、ガラスの中に閉じ込めて表現をしています。
素敵な小西さんの空間にとても緊張していますが、二人でよい空間を作れたらと思いますので、ご高覧頂けると幸いです。
                   加藤千佳
 
 
ボクには昔からこれと言って表現したいものがありませんでした。表現したいものが無いはずなのに、作品を作らずにはいられない。おそらく、「表現したいものが無い」のではなく「言葉にできない」のだと思います。 
では、その言葉にできないけれど、ボクの中にあるものは何なのか。出来上がったガラスの作品から、その何かを逆説的にあぶり出そうとしたのが今回展示する「精神分析」シリーズです。吹きガラスによってあぶり出されたボクの中の何かが、一緒に展示する加藤さんの作品と祇をん小西さんの空間とかけ合わさることでどうなるのかボク自身とても楽しみです。
                   高木基栄

  

加藤千佳
1994年 兵庫県出身
現在 神戸芸術工科大学 大学院 芸術工学研究科
   芸術工学研専攻 博士後期課程 在学中 
 
<受賞>
2016年 
第55回 日本現代工芸美術展 近畿展「KBS京都賞」
第54回 兵庫工芸展「準大賞」
2017年
第3回金沢・世界工芸コンペティション 入選
2017 兵庫県展「 伊藤文化財団賞 」
2018年
第9回 山陽小野田ガラス大賞展 入選
 
<展示>
2016年 新進作家五人展 (京都文化博物館/京都)
2017年 Young Art Taipei 2017 (台湾)
2018年 個展 (川田画廊/兵庫)
他グループ展・アートフェアなど出品
 
 
高木基栄
<経歴>
1984 愛知県生まれ
2007 愛知教育大学 卒業
2010 富山ガラス造形研究所 卒業
2013 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在  金沢市にて制作
 
<受賞・展示>
2011 石川の現代工芸展 大賞
2012 現代茶湯アワード弐〇壱弐 グランプリ
2013 テーブルウェアフェスティバル2013 佳作
2015 世界工芸コンペティション
   ・金沢2015茶の時空間 現代創意賞
2016 アートフェア富山 特別賞
受賞、入選 他多数
 
2012 高木基栄 ガラス展(金沢 クラフト広坂)
2013 20億光年の孤独 (金沢 アートグミ)
2014 美の予感2014(東京,名古屋,大阪,京都 高島屋)
2018 北陸のガラス作家たち -多様化するガラス造形-
    (富山 富山市ガラス美術館)
他、グループ展・アートフェアなど出品
 
<所蔵>
名古屋市立工芸高校
常陸国出雲大社

  

今年の2月末に千佳さんと一緒に金沢の高木さんの工房に向かいました。
サンダーバードでおしゃべりしてるうちに到着。長身の高木さん初対面です。
ランチのあと車で約40分。工房に到着。
お互い作品を見せあって数分、やる気にスイッチon。
おおいい感じ、タイトルは‐球‐ すぐに決定。
今、心配しています。楽空間でお2人の熱気で球体が
ぶつかりあい炸裂しないかと。
是非 若い2人に応援をお願いします。

  
小西いく子