2019/05/11 〜 2019/05/19
「けしき」舘正明
[ 蠟染め ]

「連続と不連続の境界」と題したシリーズは、蠟染めによるもので、一度の蠟置きに対し、複数の染色を繰り返しています。そのため蠟を置いた形跡も、染色を行った痕跡も、繰り返された行為の中に浮沈しています。今回の祇をん小西さんの和空間において、この望洋とした画面に現れる連続と不連続の境界がどのような「けしき」を生み出すのか、ご高覧頂ければ幸いです。
                  舘正明

  

2015 
Miniature Works -The Kyoto- (Gallery Gallery 京都)
個展 2kw Gallery (大阪)
与謝野晶子のいろ -染と書- (高島屋美術画廊 大阪)
建築空間を彩る現代の染めと織り
 Contemporary NOREN 展(京都芸術センター)
テキスタイルアート・ミニアチュール4百花百遊
 (ギャラリー5610/東京・金沢21世紀美術館)
 
2016
個展 ギャラリー恵風(京都)
Exhibition of Miniatures
  “WHAT IS FIBER?”(リトアニア)
第30回記念 京都芸術祭
 国際交流総合展 美術部門 (京都市美術館)
Rich Seasons(ORIE Gallery 東京)
 
2017
第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ 2017
 金沢世界工芸コンペティション (金沢21世紀美術館)
現代工芸の数奇 2×3人展(染・清流館・京都)
十二人のしつらい展 第22回あやなす展
 (楽空間 祇をん 小西・京都)
個展 ギャラリー猫亀屋(大阪)
第21回 染・清流展(染・清流館・京都)
 第13回より毎回出品
Japanese Fiber Art(リトアニア)
 
2018
テキスタイルアート・ミニアチュール5百花百躍
 (韓国・福岡)
行為と現象 Ⅰ (染・清流館 京都)

  

どこで切れてどこで繋がっているのか—
深い色の重なり——
不思議な色の世界——
楽空間で広がる「けしき」は———
 
祇をん小西 12人のしつらい展から 2年
今回は個展でお迎えします。
おたのしみに。

  
小西いく子