2013年11月アーカイブ
2013年11月23日
*戸矢崎満雄展 <TREE> 立体


楽空間に大きなクリスマスツリィーが据えられました。

IMG_1513.jpg
小さな可愛い???が飾られています。
樅の木は戸矢崎ワールドでいっぱいです。

IMG_1446.jpgIMG_1449.JPG
























森水さんお手伝いをして下さいました。小さな子供根付けの飾り付けは、大変お手を煩わせました。
かわぃい〜ですが,お手間入り.お疲れさまでした。

IMG_1476.JPG他にミニ盆栽は ウルトラマン,キューピーさん、キンギョ、いぬ、カタツムリ......
そして ケロ の親戚も登場


IMG_1492.jpg

とにかく楽しいです。深まり行く秋 楽空間にお出かけください。

大人のクリスマスをぜひ。

IMG_1493.jpg



先生のボタンの赤い本
いいね!


展覧会は12月1日まで
よろしく!

ケロでした。
2013年11月17日
*展覧会終わりましたー京都芸術大学大学院工芸科有志-陶-漆-染織



連日賑やかな楽空間 京芸大学院生展覧会 終わりました。

IMG_1442.JPG
IMG_1444.JPG
3専攻合同の展覧会は初めてとのこと、各自で楽空間の場所を選び制作されました。
かぶること無くバランスよく展示されよかったです。先生方 ほっ!!
諸先生ご心配おかけしました。ご協力お礼申します。

参加の皆様より花束いただきました。嬉しいです。早速,飾りました。

IMG_1435.JPG
IMG_1438.JPG
おこしいただきました皆様、ご意見ご感想をお寄せくださいませ。

参加いただいた皆様更なる良い作品造りに頑張って下さいね。
ありがとうございました。

では スイッチ OF

IMG_1396.JPG

                    小西いく子


次回展覧会
11月23日〜12月1日   戸矢崎満雄ー立体ー
2013年11月12日
*展覧会ーⅡ(京都芸大工芸科 院生 教員 有志)


つづき

賛助いただきました諸先生の作品をご紹介

今回のテーマ<尺とり遊び>を遊んでくださった

大矢一成 先生  <尺とり茶杓>

IMG_1362.jpg
        古い物差しを茶杓に 尺取り虫???

IMG_1366.jpg
IMG_1314.jpg

藤野靖子 先生   <in the garden>

IMG_1356.jpg
IMG_1359.jpg

笹井史恵 先生  <もも蓋物>


IMG_1302.JPG

森野彰人 先生  <キラカワ蓉>

IMG_1301.jpg
安井友幸 先生  <窟>

IMG_1352.jpg
         <悠久>

IMG_1324.jpg
栗本夏樹 先生  <平城京>

IMG_1361.jpgひろいのぶこ 先生  <遍照>

IMG_1305.JPG

三橋遵 <BEHIND COLOR  2>

IMG_1355.jpg

諸先生 お力そえいただきましてありがとうございます。



展覧会は11月17日(日)まで(最終日は5時まで)

お出かけくださいませ。

                       小西いく子


2013年11月11日
*展覧会始まりましたー京都芸術大学大学院工芸科有志-陶-漆-染織





IMG_1341.JPG


さて2日間の搬入につづいて展覧会風景です。


IMG_1173.JPG

IMG_1226.jpg



今回の展覧会は院生の方々に全ておまかせしました。

陶磁器、漆工、染織3つの専攻が1つの空間に集うのは初めてとか。

総勢 18人 どうなるか楽しみです。


何回も会合をもって、何度も空間を確認、段々と盛り上がりを感じました。

***************************************

みんなで展示概要をきめて

「尺とり遊び」をテーマーとし、祇をん小西で、それぞれが見つけた空間が持つ魅力と

雰囲気を<尺>としてこの展示空間を活用する作品を各々が新たに制作しました。

アプローチの仕方のことなる工芸3専攻の作品たちが存在することで、この空間にあらた

な魅力が添えられることを期待します。

それぞれの個性がこの空間をどのように遊び尽くすかをお楽しみください。

****************************************


つずいて 作品いろいろ、空間いろいろ、コメントいろいろ


IMG_1090.JPG

DSC05727.JPG

* 瀬戸 理紗子 <染織>  「シークレットスペース」

「子供の頃、いつも遊んでいた「押入れの秘密基地」。そこには、自分たちだけの世界が存在しているように感じていました。そんなことを思い出した祇をん小西の押入れに、その記憶を記してみました。」

    k-作品のむこうは押し入れです。何がはいっているの? それはヒ,ミ,ツ







IMG_1163.jpgIMG_1223.JPG
* 塚本 春日美 <陶磁器> ワンダフルろうか
いつもは横切られることの多い小西の廊下、楽しい展示空間への入口になっています。
どうかお気をつけて。
         kー動植物がうごめいています。たのしい〜〜〜



IMG_1271.JPG
IMG_1237.JPG
* 尾島 華子 <染織> 宿りて、拠りて
「畳の縁を踏んだらあかんよ」
大切にされた畳の縁には何が住みつき、何が暮らすのでしょう。
昔に躾けられた記憶とともに、小西さんのお家の畳の縁の世界に、生き物の暮らす気配を染めつけました。

       kー作品は何処? 神はあなたの頭上におわします。
         (神罰を恐れて写真は一部しか取れません)




IMG_1192.JPG
IMG_1212.jpg
* 小川 文子 <陶磁器> 群青
     
離れの空間の印象より着想し、水面をイメージして制作しました。
周りに敷き詰められた小石から型を取り、陶土で成形し青い釉薬を掛けて焼成後、研磨しています。
直線的な要素の多い日本家屋での展示は、配置のバランスが難しく、楽しかったです。

     k−そうなんです。いく子-はなの展覧会のおりに蓮池のイメージを
       
       作りたくて建築家に依頼して出来た空間です。(四帖半です。)

       群青色の石は周りの那智黒石が原型です。どれがモデルかわかりますか?




IMG_1083.JPG
IMG_1086.JPG
* 鄭炳蜜 <漆工> ひそかに咲く Ⅰ Ⅱ
素朴な美しさを持っている野生の花に魅力を感じ、野生の花をコンセプトに制作し
ました。
         k−不思議な花 花盗人はだれ?。



IMG_1261.jpgIMG_1268.jpg
* 畑 景子 <漆工> 「蜘蛛の糸」
芥川龍之介の小説場面になぞらえ、制作しました。
祇をん小西の空間には、異世界に続いていることを予感させる、すてきな魅力があります。
         kー蜘蛛の糸は 天国へか地獄へか?




IMG_1255.jpg
IMG_1257.jpg

* 山西杏奈 <漆工>  見えない地面
空間の間に見えない一層の面をつくろうと思い制作しました。       
          kー京は重層の上に今がある。



IMG_1275.jpg
IMG_1276.jpg
* 小林誉子  <染織>  ハニカムシステム
 蜂は最も効率的で完璧な形を作る。でも、順序を他によって妨害されても対応できない。私は応用がきかないからこそ、常に完璧な形を作れる危うさに興味を持った。祇をん小西にある灯籠を見て、私はこのようなことを考えました。
          k−釣り灯籠の金目から蜂?(完璧な形...)
            思いがけないみっけ!            
            蜂蜜が採れるかしら。




DSC05724.JPG
DSC05723.JPG
* 金基煥 <染織> 畳神~畳を作り賜う

「畳神様、畳を作って下さってありがとうございます。」

         kー神様は創造主 虫もつくり 畳を織っています。





IMG_1075.jpg
IMG_1277.JPG
* 民輪香奈 <染織専攻> はずかしがり屋 
 一人暮らしの家に出来る蜘蛛の巣の製作者は、ほとんど私に姿をみせることは
 ありません。恥ずかしがり屋です。

 そっと覗いてみてあげて下さい。
       
          k−夜に出る蜘蛛はこわいです。でも恥ずかしがり屋の蜘蛛さんは
           カワイイ〜〜〜〜





IMG_1164.JPG
DSC05722.JPG
* 李ジウォン <陶磁器専攻> とどく
    小西の中を見回していると、郵便物を入れる差し入れ口がすぐ目につかない所に    空いていることが素敵だなと思いました。小さい差し入れ口でも周りとの調和を    大事にする日本人の繊細さを感じます。私は、京都を代表する町にあるこの小西    に届いた「小包み」のようなものを作り、自分の思いをハングルで書きました。    言語は違いますが、私の思いが見る人々に届ければ、嬉しいと思います
   
          kー封を切る時のドキドキ感は遠い昔、
           今は指ですーすー スマホ
           祇をん小西の郵便受けはいつまでも郵便を
           お待ちしています。




IMG_1158.JPG
IMG_1161.JPG
* 青山春香  <陶磁器>   不涸
    小西さんの建物の中にある井戸から着想を得て作りました。
    光を反射して、つやつや、きらきら、ゆらゆら。表情の違う水面をお楽しみ
    ください。
   
       kー井戸から生まれた碧衣の麗人 光をうけて華やぎます
        つやつや、きらきら、ゆらゆら




 
IMG_1300.jpg
IMG_1290.JPG
* キムジュンレ <漆工専攻> かくれんぼ

  「漆のものは昔生活用品であり、ただ飾って楽しむだけではなく、触ったり使ったり  して、無意識的に作品の美しさや味などを感じていたと思います。そういう考え方で  今回の作品は電気のひもに付けて毎日小さい楽しさを感じられる作品を作りまた。」

        kーカワイイね何となく 大ちゃんと呼びたくなる。
          毎日明るく元気でいよう!




IMG_1236.jpg
IMG_1291.JPG

* 王クリス <陶磁器> The white specimen
               私は自然物の柔らかさをモチーフに抽象的な造形を作り、主に白い形に色を
              組み込んで飾る、白と色彩のコンビネーションで観客の目と気分を刺激する
             造形と色の組み合わせの表現を探りたい。

          k−白の生命が木をくりぬく
           色の世界は何処へ
           屍になるのも知らず





IMG_1342.jpg
IMG_1345.jpg
* 大原 美樹  <陶磁器>  間
   祇をん小西の空間と作品の間にあるもの  調和した雰囲気といったものです。
   それから、かたちとかたちの間にある  大胆な余白のこと
   垣間見える隙間のなかにも余白の世界があるものを作りました。
   何もない余白の部分をみせるためにかたちや植物があります。

         kー余白の美 日本の美意識です
           日本画を彷彿させられます




IMG_1149.jpg
IMG_1171.jpg
* 趙智英  <染織> 手遊び
 私が作品を作る時に尺になるのは自分の手であり、作品を作って行く手の動きを表現しました。この作品は小西という町家ギャラリーに訪ねた時、この空間になじむような作品にしたかったので、色は穏やかな色を使用しました。生地は照明のカバーにするために透けて見えるようにたて糸の本数を減らして織りました。色はたて糸に捺染し、絣のように現して見ました。
         k−優しい手で織られた布は穏やかな灯りを照らし出します。
          ほっとする空間 癒されます







IMG_1335.jpg
IMG_1175.JPG
* 下迫 良輔  <漆工>  無題
     組んで、ならべて、遊びます。
     畳の上では、どんな遊びになるでしょうか。              
         k−組んで ならべてあります。
          さてどんな遊びをしょうかな

IMG_1187.jpg
IMG_1215.JPG
* 竹本 伊久美  <陶磁器> まいふんまいびょう
      七人の小人が、よくわからないものになっていきます。

          k− 毎日小人さんへの水の補給??が楽しみです
IMG_1392.jpg
水補給3日目
内蔵が?現れてきました。
こわ〜〜〜い





                    k−は konishi  ikuko コメントです)

次回は賛助いただいている先生方の作品をご紹介いたします
DSC05587.JPG

   
 ケロ より      

2013年11月11日
「尺とり遊び」案内状
IMG_1341.JPG
今回は案内状も学生さんのデザインです。
ミシン目が入っております。
ミシン目で切って、折って組み立てると、祇をん小西のおうちの形に。
小西を採寸して縦横、奥行き、とてもよくできていました。
組み立て方の記載が無く、ご存じない方が多くて残念。
遅まきながらのご紹介です。
2013年11月 8日
*搬入-Ⅱ- 京芸大学院工芸科有志展

6日につずいての搬入です。

IMG_1147.jpg
IMG_1100.jpg
ちょっと一服 三橋先生よりいただいた御座候をぱくぱく

出来上がりをみんなで作品解説  つずいて一部をご紹介

IMG_1116.JPG

IMG_1149.jpg
IMG_1150.jpg
諸先生方もおこしくださいました

IMG_1095.jpg左より 森野彰人、安井友幸、藤野靖子、大矢一成、諸先生

賛助出品いただいてます

IMG_1153.jpg

明日から17日まで18人勢揃い作品です。楽しみにお出かけください。

作品ご紹介は明日。ご期待!!!!!


DSC05631.JPG


 ご報告は ケロ でした
2013年11月 7日
搬入-1- 京都市立芸術大学大学院工芸科有志


今回 漆芸、染織、陶 専攻有志総勢18人 搬入1回目行われました。

晴天です

IMG_1062.JPG
IMG_1064.JPG
IMG_1071.jpg
IMG_1072.JPG三橋遵先生がお越しくださいました。先生を囲んで。

IMG_1073.JPG
設置完了作品も
IMG_1092.jpg
IMG_1080.jpg
8日は2回目の搬入です。つずいてのご報告お待ちください。

先生方からの応援作品も届きます。お楽しみに

DSC05606.JPG


ご報告は ケロ でした

会期は11月9日ー11月17日  
2013年11月 3日
*山谷芳弘展ー絵ー終わりました 


遠路青森より応援団おこしくださり賑やかに幕を閉じました。

先生のお人柄がしのばれます。

お疲れさまでした、次回をお楽しみ!

IMG_0856.JPGIMG_0860.JPG
IMG_0852.JPG
IMG_1060.JPG
向かって左 山谷先生 応援団の皆様

みなさまありがとうございました。



次回展覧会 京都市立芸術大学工芸科有志 (漆芸、染織、陶)
       11月9日ー17日

お出かけお待ちしています。

DSC05617.JPG


ご報告は  ケロ でした
2013年11月 1日
*山谷芳弘展ー絵ー(Ⅱ)


晴天がつずき気持ちのよい毎日です。
展覧会は後2日となりました(11月3日まで)

楽空間も先生のきれいな色彩としゃれた字で良い感じです。

岩木山
IMG_0858.JPG
黒谷の和紙を使った軸IMG_0881.jpg
加藤登紀子さんの倶楽部志掲載の作品の一部IMG_0895.JPG
IMG_0897.JPG
ほかにも掲載された作品が届いています。
お登紀さんもおっしゃるようにとてもダンデイーです。
お若い方に囲まれた山谷先生

IMG_0876.JPG


ささっ〜〜〜〜と祇をん小西を描いて下さいました。良いでしょ!!!

IMG_0893.JPG
お出かけお待ちしています。

                小西いく子