2017年3月28日
*かぐや姫 月へ帰る


岡島麻友展 お忙しい中ようこそお越しくださいましてありがとうございました。

          3月26日 姫はついに月に帰られました

IMG_1382.jpg


2017年3月23日
*岡島麻友展 その2


展覧会 中盤になりました。 展示替えです。

               
IMG_1371 (1).jpg
かぐや姫がお出迎え

IMG_1372.jpg
                白雪姫

IMG_1374.jpg
IMG_1377.jpg
                月へ

展覧会は3月26日(日曜日) 最終日5時終了 お出かけお待ちしています。


    
DSC05592.jpg
 
        ご報告は
        ケロでした












2017年3月18日
2017年3月16日
*いけばな展より

花器 制作者 安井友幸先生 ご家族もお越しくださいました。

IMG_1065.jpg
IMG_1066.jpg
IMG_1068.jpg
IMG_1145.jpg
             2日目 菜の花満開です

IMG_1137.jpg
IMG_1132.jpg
IMG_1140.jpg


IMG_1072 (3).jpg
IMG_1128.jpg
             遠方からお越し下さいました


『春の水辺』の景色 花器の力、花々の力を借りて無事華展を終えることができました。

  大勢のお客さまにお越しいただきまして本当にありがとうございました。
              
                お礼申します。

IMG_1116 (2).jpg
IMG_1142.jpg

                  小西いく子


2017年3月11日
*いけばな展に出瓶しました。



20170311-12hana.JPG
タイトル「春の水辺」 花器は昨秋の展覧会 安井友幸先生作(乾漆)です。

IMG_1050.jpg
IMG_1046.jpg
IMG_1051.jpg
IMG_1052.jpg
芽吹きの柳、菜の花畑、春の野 ぬるむ水辺。春!を表現しました。三人合作です。

いい花器ね! 評判です。なのはな200本ほど ぜひお出かけくださいませ。

                          小西いく子(小西いく甫)
           3月11日 10時−5時
             12日 10時ー4時
           京都文化博物館6階和室



2017年3月 6日
*千田玲子展 ー陶ー

仙台からお越しいただいた玲子先生

IMG_0753.jpg
楽空間に宇宙がひろがります。

IMG_0781.jpg
IMG_0959.jpg
IMG_0978.jpg
IMG_0782 (1).jpg
IMG_0813.jpg
IMG_0816.jpg
IMG_0829.jpg
IMG_0919 (1).jpg


 千田先生 仙台より小枝お持ちいただきました
 
IMG_0940.jpg
皆様におこのみの作品に挿花トライしてもらいました。

IMG_0839.jpg
IMG_0937.jpg
IMG_1018.jpg
IMG_0888.jpg
IMG_0975.jpg
IMG_0955.jpg
IMG_0976.jpg
IMG_1025.jpg
IMG_1029.jpg
IMG_1017.jpg
IMG_1028.jpg
IMG_1015.jpg
IMG_1031.jpg
IMG_0945.jpg
IMG_1021.jpg
IMG_1027.jpg
IMG_1030.jpg
IMG_0817.jpg
IMG_0842 (1).jpg


            花器 タイトル 「マンモス」

IMG_0870 (1).jpg
IMG_0868.jpg
IMG_0981 (1).jpg
            こにしいくこも参加しました



IMG_0970.jpg



ご報告は
こにしいくこ でした










次回展覧会は 3月18日(土)ー 3月26日(日)
岡島麻友ーファイバー  
 春です  可愛い楽空間ができあがります、お楽しみ!!!


2017年2月26日
盆石展最終日より


今日はワークショップ最終日 お若い男性お2人で制作。
中々コミニケーション取れてお上手です。

IMG_0718.jpg
ご自分のふるさと『天橋立」を制作 ご満足でした 橋立の向こう岸の景色抜群です。

IMG_0735.jpg

窓辺の作品 光を受けて海はブルーです。 細川流東京九耀会会長 古明地節子作

IMG_0729.jpg
美しい世界の展覧会 黒ー白ー黒 潔さ 気持ちよく終了しました。
東京からみなさま お疲れ様でした。



DSC05597.JPG
  

ご報告は
ケロでした








2017年2月14日
*盆石展 素晴らしいテクニック

盆石展 細川流東京九曜会 会長古明地先生の作品をご紹介

           冬の海

IMG_0499.jpg
            槍が岳遠望

IMG_0628 (2).jpg
IMG_0630.jpg
IMG_0632.jpg
IMG_0631.jpg
          力強い作品 お見事です


ワークショップ 作品より

IMG_0598.jpg
IMG_0611.jpg
IMG_0605.jpg
みなさん2時間ほどで作品を作り上がられました。ご指導よろしくいいのが完成しました
描き終わればお写真を撮ってお片づけ 黒いお盆に戻ります。潔良いことです。

           この潔さがなんともいいですね

               小西いく子
2017年2月13日
*ワークショップ作品 その2
  

2日目の作品です。
あまりに早くに出来上がったのでびっくり(1時間半くらい)素晴らしいです。

IMG_0594.jpg
IMG_0604.jpg
IMG_0606 (1).jpg
IMG_0616 (1).jpg
IMG_0609.jpg

みなさんお上手、お上手!!!
こう 3回目(18日土曜日)

展覧会は2月19日(日、5時まで) お出かけお待ちしております。

DSC05597.JPG
 

えへっ!
撮影はケロでした

2017年2月13日
*盆石展ワークショップ作品 その1

11日参加者作品より
        姉妹仲良く良い作品が出来上がりました。

IMG_0588.jpg
IMG_0589 (1).jpg
IMG_0591.jpg
thumb_IMG_0562_1024.jpg
IMG_0563.jpg
IMG_0564 (1).jpg
2日目に続く

2017年2月12日
*盆石展 始まりました。



細川流盆石展 東京九曜会

thumb_IMG_0410_1024.jpg

綺麗なお道具です
               砂 箪笥

IMG_0496.jpg
                鳥の羽 はけ

IMG_0495.jpg
           作品制作のようす
           IMG_0540.mov
           (動画クリックしてご覧ください。)

IMG_0515.jpg
出品者作品

              不二山  巽谷 秋月

IMG_0507.jpg
             三笠山  小林 幸石

IMG_0505.jpg

              冬の海  古明地 美節

IMG_0499.jpg
              田毎の盆  五十嵐 道華
         
IMG_0498.jpg
             槍ヶ岳遠望 古明地 美節

IMG_0501.jpg              あそび心 齋藤 青峰

IMG_0500.jpg
             オーロラ  五十嵐 道華

IMG_0503.jpg
              梅月  小林 幸石

IMG_0504.jpg
            わたぼうし  桃井 美峰
 
IMG_0502.jpg
              春日野  石原 華枝

IMG_0509.jpg
IMG_0510.jpg
              岩上の鷹  岩﨑 信石
 
IMG_0511.jpg
IMG_0513.jpg

              出品者の方々

IMG_0492.jpg

           展覧会最高齢、100歳のお客様と古明地会長。
          80年前、二十歳の頃にお稽古されていたそうです。
          細川流、変わりなく美しいこと、と仰っていました。

IMG_0544.jpg
珍しい作品、大好評です。
展覧会は19日(最終日17時)まで
お出かけお待ちしております。

DSC05587.JPG




ご報告はケロでした
2017年2月 3日
*宮永甲太郎展より


今日は節分 空は春 でも冷たいです。

IMG_0441 (1).jpg
甲太郎先生 熱心です。 板の間水のこだわり 美しいです 時間帯によっての風景

                12時頃

IMG_0421.jpg
IMG_0355 (1).jpg
IMG_0426 (1).jpg
                3時半頃

IMG_0429.jpg
            5時半頃 ライトをあてて

IMG_0367.jpg

                 表の間

IMG_0337.jpg
               早朝(東の光を受けて)

IMG_0338 (3).jpg                  昼間

IMG_0353.jpg                  夕方

IMG_0433 (1).jpg

IMG_0443.jpg
IMG_0444.jpg





カラフルに

IMG_0372.jpg
IMG_0393.jpg

展覧会は2月4日=11時〜7時 2月5日最終日=11時〜5時

          お出かけお待ちしています   

IMG_0419 (3).jpg


小西いく子
2017年1月18日
*作品とベイビー

現在展覧会 南繁樹、大石早矢香展に金ちゃん、茜さん、ご夫婦とお子さんのルンちゃん
お越しくださいました

小さい時から作品に親しんでいただけるの嬉しいことです。

IMG_0313.jpg
IMG_0314.jpg
IMG_0317.jpg

かわいい かわいい ルンちゃん 次の展覧会も来てね。
お待ちしています




DSC05597.JPG


ケロで〜〜〜す
2017年1月18日
*今年の雪


祇をん小西近所の雪景色

朝 六時頃
IMG_0217.jpg
八時頃
IMG_0225.jpg
お向かいさん 今日はお休みです

IMG_0258.jpg
庭の1輪残っている紅侘助

IMG_0229.jpg
作品と雪  大石早矢香作品

IMG_0245.jpg
お気に入りベストショット

IMG_0271.jpg


DSC05618.JPG


さぶ〜〜〜〜!
ご報告は
ケロ でした






2017年1月14日
*2017年 最初の展覧会 


南繁樹、大石早矢香二人展 ー陶ー
 
搬入 仲良くお仕事がはこんでいます

IMG_0174.jpg
案内状の作品

IMG_0202.jpg
展示も仲良く半分ずつ

IMG_0200 (1).jpg
すっつきりまとまりました

IMG_0175.jpg


外は雪の報告 寒くなりそうですが 楽空間は熱いです
お出かけお待ちしています。
1月14日(土)ー1月22日(日)まで


DSC05587.JPG


ご報告は
ケロ でした
2017年1月 1日
ご挨拶

祇をん小西では本年は1月14日(土)−1月22日(日)
南繁樹、大石早矢香(陶)で始めます。
お出かけお待ちしています

IMG_0748.jpg







DSC05592.jpg
                   よろしく!
  
                   ケロ です


2016年12月12日
*干支と縁起物展 Ⅳ とり

12月11日
  
   大勢の方にお越しいただきました。
   ありがとうございます
   60人と飛び入り作家加えましてにぎにぎしく始まりましたー干支と縁起物展ー
   終了しました。

IMG_0025.jpg
            松本健宏先生作

IMG_9984.jpg          中村美希先生作

  飛び入り

IMG_0107.jpg             櫻井靖子先生作


IMG_0145.jpg
            祇をん小西 庭の紅侘助


 写真摂りがうまくいかず全ての作家 ご紹介できなくてすみません
                      ケロ でした

DSC05592.jpg

次回展覧会
 新年 1月14日〜1月22日
 陶 二人展  南繁樹 大石早矢香
 
             新年からもよろしくお願いいたします
                         小西いく子





2016年12月11日
*干支と縁起物展 Ⅲ とり

続き

IMG_0097.jpg
           井上絵美子先生作

IMG_9985.jpg
山本美希先生作

IMG_9991.jpg
            滝口和男先生作

IMG_0061 (2).jpg
           白木千華先生作

IMG_0049.jpg         すずきあきこ先生作

IMG_9989.jpg
丹羽シゲユキ先生作

IMG_0039.jpg
            佐伯裕圭先生作



IMG_0945.jpg
 
お楽しみいただいてますか?

ご報告は ケロ でした

2016年12月 9日
*干支と縁起物展 Ⅱ とり

続き
IMG_0040.jpg
IMG_0074.jpg
          北村美音先生作  インディアン

IMG_0026.jpg           國方善博先生作

IMG_0058.jpg          池田八栄子先生作

IMG_0030.jpg          重森陽子先生作 蓬莱山       

IMG_9990.jpg
            正守千絵先生作 

IMG_0087.jpg           市川和美先生作 お箱の絵も楽しいです

IMG_0023.jpg
              いくこはな




IMG_0945.jpg
 

お出かけお待ちしています
 
ケロでした

2016年12月 5日
*干支と縁起物展 1 とり

早くも もう師走
来年を目指しての展覧会です   12月11日まで
 干支 とり

IMG_0056.jpg
              総勢 60名 です

IMG_0055.jpg
             松本健宏先生作

IMG_0068.jpg
             植葉香澄先生作

IMG_0078.jpg
            市川博一先生作

IMG_0053.jpg
             木代喜司先生作
         今年 日展で会員賞受賞されました
             おめでとうございます

IMG_0067.jpg
           奥村博美先生作       

Ⅱへ続く 

作品ご希望の方 祇をん小西へご連絡くだい


IMG_0945.jpg

 ご連絡お待ちしています

 ケロ です








2016年11月10日
*河井寛次郎展より

祇をん小西で3回目を迎えます。
今年は没後50年 えき美術館でいい展覧会がありました。

寒さが訪れてきました、暖かい空気が楽空間に流れています。

IMG_9826 (1).jpg
IMG_9830.jpg
IMG_9847.JPG
IMG_9829.JPG
IMG_9854.jpg
IMG_9860.jpgIMG_9851.jpg
IMG_9861.jpg
IMG_9872.jpg
IMG_9879.jpgIMG_9869.jpg

水滴、お鉢、花器、お皿... まだ紅葉に早いですが ぜひお越しくださいませ。

                            
DSC05592.jpg
    お久しぶりです

    ケロです

    またまたよろしく願いします







2016年10月29日
*瀬戸内芸術祭 2016
 
ひさしぶりの つれづれ日記です。

瀬戸内芸術祭 晴天に恵まれた3日間 楽しんできました

IMG_0605.jpg
 本島
IMG_0550 (2).jpg
IMG_0551 (1).jpg
       江戸時代の古建築が残る町中は清潔です 作品と溶け合っています

IMG_0563.jpg
IMG_0556.jpg
IMG_0562.jpg
IMG_0553.jpg
IMG_0558 (1).jpg
 小豆島
IMG_0566.jpg
IMG_0570.jpg
IMG_0571.jpg
IMG_0576.jpg
IMG_0586.jpg
        巡回バスにスルーされ 予定狂い がっかり

IMG_0580 (1).jpg
        エンジェルロード通れたので 不完全燃焼 おさまる。

 豊島 
IMG_0588.jpg
IMG_0601.jpg
IMG_0595.jpg
IMG_0598 (1).jpg
IMG_0602.jpg
IMG_0590.jpg
IMG_0589 (2).jpg
犬島
IMG_0622.jpg
IMG_0627.jpg
IMG_0632.jpg
IMG_0634.jpg
IMG_0613.jpg
IMG_0643.jpg
IMG_0655.jpg
IMG_0652 (1).jpg
        自然の力はすごい

IMG_0662.jpg
IMG_0660.jpg

IMG_0599 (1).jpg


奈良平宣子先生

寄神千恵子先生

とご一緒の

3人旅でした







                2016 10  25〜27  こにしいくこ





2016年3月14日
*米田文展ー陶ー始まりました


金沢からお越しいただきました。

前回はお雛さん 今回は金太郎、かぶとと端午の節句もつくっていただきました。

IMG_7815.JPG



IMG_7858.JPG
IMG_7820.JPG



花まつりの人々 総勢80人程 賑やかです。

IMG_7841.JPG

IMG_7877.JPG
IMG_7848.JPG
陶箱 お茶碗 コヒーカップ お楽しみいろいろ おまちしています。

20日には 再度 文さんお越しいただきます。是非あいに!!!





DSC05588.JPG


お久しぶりです
ご案内は
ケロでした














2016年3月14日
*大平和正ーインスタレーション

2月27日から3月6日まで 

楽空間 祇をん小西の造化
ー大平和正 「風還元/巨大な土の球体直径4、1m」プロジェクト展の 
記録写真集出版記念展ーを開催しました。


彫刻家の先生は陶、金属、石、などを彫刻体として環境造化という視点に立って 造形と場、時間との関わりを展開しておられます。


『この空間は三角で構成したい!...』

IMG_7785.jpg
IMG_7789.JPG
IMG_7681.jpg

 アルミ、ステンレス、陶が持ち入られれました。

IMG_7770.jpg
IMG_7719.jpg
IMG_7642.jpg
 
和の空間の縦横の線、三角の線 相まって美しい空間が出来上がりました。




お知らせ

5月5日から15日まで 大平和正(陶)と小西いく子(はな)コラボレーションいたします。お出かけ下さいませ

                              小西いく子


2016年3月14日
*『白の世界へ』野中久美子(能管)と 河東けい(朗読)の会


2月20日 演奏会 を開きました。

『白の世界へ』

   野中さんには 昨秋10月3日 京丹後市葛野浜で巨大球体(大平和正先生)と
   はなパーホーマンス(小西いく子)で
   お笛を吹いていただきました。そのときのお礼と 坂田ルツ子サンのフエルト
   作品をお求めいただいたのをご披露させていただきたく計画致しました

IMG_8774.jpg
       葛野浜での演奏風景

IMG_6869.JPG
       坂田ルツ子作品

能管の演奏に加え 重鎮 河東けい様が朗読でご参加くださいました

IMG_7610.JPG
IMG_7618.JPG
IMG_7622.jpg
IMG_7625.jpg
河東けいさんの齢90歳と思えぬ声量と野中久美子さんの能管のすんだ音色、白衣をまとった立ち姿に皆様うっとり、ご満足いただきました。

大勢お越しいただきました、うれしい事です。お礼申します。

ありがとうございました。

                        小西いく子


2016年1月30日
日本 韓国 コンテンポラリーアートジュエリー展





韓国から5名日本は6名による総勢11名の作家を楽空間にお迎えいたしました。

皆様同じ高さに作品を展示、お手に取って頂きやすく致しました。

IMG_7518.jpg
IMG_7575.JPG
        オシャレにお帽子に

IMG_7536.JPG
        カラフルな作品も

IMG_7524.JPG
        総数150点あまり 壮観です

       


        Ⅰ月31日まで お出かけお待ちしています




DSC05592.JPG



ご案内は

ケロでした
2016年1月 9日
*酒井稚恵さん搬入終わり 祇をん小西 新春スタートです


2016年 申年 楽空間 酒井稚恵さん登場 幕が開きます。

案内状の作品.赤が鮮やか!スウェーデン製布 幅広です。
一針ごとに糸を結び切ってあります。お手間入り!

IMG_7306.jpg
       展示準備中 助っ人アラワル!!!

IMG_7304.jpg
IMG_7310.JPG       仲良くご相談

IMG_7309.JPG
       夫君 深萱さん ご協力ありがとうございました。

IMG_7317.jpg
       楽しい展示もされています、是非お出かけくださいませ。

         ーⅠ月9日(土)からⅠ月17日(日)までー


               小西いく子

2016年1月 3日
*2016年もよろしくお願いたします


あたたかく清々しく、晴天のの3が日です。

元旦
恒例の八坂神社に新年祈祷にゆきました。
大きなお猿さんの絵馬が愛嬌があります。

IMG_7297.JPG
IMG_7295.JPG
祇をん小西のお正月です。

IMG_7282.jpg
IMG_7298.jpg
新年からも祇をん小西をよろしくお願いいたします。

9日より『酒井稚恵展』始めます。お出かけお待ちしています。

DSC05593.JPG


    ご挨拶は ケロ でした
2015年12月 5日
*干支と縁起物展 始まりました


晴天の12月5日展覧会始まりました。
初日から大勢のお客様、楽空間は活気がみなぎっています。
57人そろいの展覧会 作品はすっきり治まりました。

IMG_7134.JPG
IMG_7153.JPGIMG_7169.jpg
IMG_7154.JPG
展覧会は 12月13日まで、お出かけお待ちしています。

DSC05587.JPG


ご報告は
ケロでした
2015年11月13日
*巨大球体-IN-中野の森公園


11月10日で展示が終わるので出かけました。

久しぶりの大チャン懐かしいです。
キリンビール本社ビルを背景にパチリ

IMG_7052.jpg
大平先生の同級生もおこしになってました

IMG_7031.jpg
元気な若者も

IMG_7034.jpg
IMG_7039.jpg
IMG_7030.JPG
IMG_7041.jpg
ビルの灯りが冴えるまで待ちました

IMG_7059.JPG
IMG_7062.JPG
葛野浜で会えるのを楽しみに 大チャン その日まで!

                         小西いく子



2015年11月 1日
*山谷芳弘展 より



お万寿をいただきました。

昨年のノーベル賞受賞された 増川敏英先生 奥様より先生似顔え焼き印おまんじゅう
(名古屋大学発売)いただきました。

       右 増川明子夫人 左 山谷先生

IMG_6981.JPG
IMG_6982.JPG発売は先生のお顔だけだそうです、薄皮で程よい甘さ 美味しくいただきました。
気さくなおくさまと楽しいお茶の時間過ごしました。

案内状の北原白秋の詩 字も素敵です。

IMG_6977.jpg
IMG_6978.JPG
今回は男性の方に作品とてもお気にいって頂きました

IMG_6975.JPG
IMG_6954.jpg
IMG_7007.JPG
IMG_7013.JPG
IMG_7015.JPG





ご縁を結んでくださった ゴロロンキ 大谷敏子さん(右端)と一緒に

IMG_6995.JPGなごやかな内に会は終わりました.。 山谷先生遠方よりお疲れさまでした。




DSC05586.JPG


ご報告は

ケロでした












2015年10月27日
*山谷芳弘展ー絵ー 始まりました



青森からの山谷先生 とてもお元気で バラエテイーにとんだ作品が展示されています。

クレパスで書かれた般若心経 版画のように見えます。

IMG_6979.jpg
IMG_6957.jpg
北原白秋の詩を書き添えて

IMG_6949.JPG
元気なねぶたの絵  映り込んだ絵はねぶたまつりの海上運行が思い出されます。

IMG_6966.JPG
IMG_6912.JPG


どの作品も色彩がとても鮮やかで美しいです


毎日お越しいただいています。是非お出かけ下さい。

IMG_6901.JPG
 
          11月1日(日)まで 最終日 5時まで






DSC05595.JPG




ご案内は

ケロでした










2015年10月25日
*坂田ルツ子展より


美しいです うつくしいです。お色が美しいです

IMG_6875.JPG
優しいです やさしいです フエルトでもとても薄く仕上げてあるので肌になじみます。
フィンランドでも大変な評価を得ておられます。

IMG_6846.JPG
IMG_6848.jpg
IMG_6831.JPG
IMG_6881.jpg
IMG_6863.JPG野中久美子さんに能管の演奏をして頂きました(猩々)

来年の2月に白のお着物をまとってお笛の会を企画しています。 お楽しみに!

IMG_6882.JPG
IMG_6883.JPG

                       小西いく子





2015年10月18日
*10月3日 京丹後市 葛野浜『大地は器』 巨大球体(大平和正作)と<はなパフォーマンス(小西いく子)







*5月葛野浜下見 池田さんと  (夕日が美しいところです)

IMG_4021.jpg
IMG_4030.jpg
*7月 越後妻有 「大地の芸術祭」もぐらの館へ巨大球体と初対面

IMG_6221.jpg
直径4、1メートルやはり大きいです、でも何故か可愛い!!!

IMG_6190.jpg
            この日から 花材と構成を考え始める

*9月 葛野浜 設置された球体へ花材の一部をもって下見にいく。

IMG_6516.jpg
IMG_6522.JPG
*9月 作家大平先生と池田さんと一緒に再度 葛野浜へ

IMG_6504.JPG
IMG_6531.jpg



*10月2日(金) 本番に向けて 生け込み開始 午後3時から

                          (写真撮影 畠山崇さん)

       すばらしい快晴 海は紺碧 美しい!

IMG_8220.jpg
 始めるにあたり 神様にお神酒 洗い米、塩 を捧げる

IMG_8256.jpg
花材選び 竹から立てかける

IMG_8223.jpg
IMG_8227.jpg
IMG_8281.jpg
IMG_8294.jpg
赤い花をさすところの準備でき上がる.ここに皆さんにも挿して頂く

IMG_8327.jpg


IMG_8332.jpg
IMG_8319.jpg
IMG_6713.JPG
_O0X5117.jpg
IMG_8345.jpg
日没となり 夕日に感謝 明日へ  潮風をあび全身塩パック状態 宿に向かう



*10月3日(土) 快晴   
 
 日の出を向かへに 浜へ  5時45分

IMG_8349.jpg
_O0X5138.jpg

生け込みのつづきを始める

IMG_8426.jpg
IMG_8483.jpgIMG_8396.jpg

IMG_8507.jpg
IMG_8501.jpg
赤い花 = ウメモドキ、鶏頭3種、菊、小菊、蘭、がーベラ

皆様にガーベラを加えて挿して頂くことで完成する準備できました

IMG_8581.jpg
_O0X5172.jpg
_O0X5213.jpg
左から大平燿子様さん 野中久美子さん 小西克子さん こにしいくこ 福山重文さん

IMG_6717.JPGIMG_6714.JPG
IMG_6726.JPG
IMG_8779.jpg
_O0X5144.jpg


パフォーマンスに向かっての準備

野中久美子さん能管 

IMG_8548.jpg
IMG_8536.jpg
強風が治まらないので花態を低いカタチに変更予定


2時からの<花>パフォーマンスにお客様お集り始め。

IMG_8592.jpg
<はな>パフォーマンス 始まりのご挨拶   大勢おこしいただき感激!

IMG_8602.jpg 左より 池田さん、大平先生、コニシイクコ、小西克子さん、野中久美子さん


  *神を招く如音   野中久美子

IMG_8630.jpg
  *神に捧ぐ   こにしいくこ

IMG_8646.jpg   *皆様にも捧げて頂く

IMG_8700.jpg
IMG_8780.jpg
IMG_8750.jpg
IMG_8796.jpg


   *神に光を捧ぐ

IMG_8919.jpg
IMG_8921.jpg
       竹灯籠にローソクの灯りを皆様に捧げていただきました。


  *神を送る妙音 野中久美子

IMG_8889.jpg『大地にはなを盛り神に捧ぐ』ー無事に終了しました。皆様ありがとうございます。




       終了後は皆様にお花をお持ち帰りいただきました

IMG_8922.jpg



_O0X5156.jpg

_O0X5167.jpg

         (撮影は2日間渡り 畠山崇さんにお願いしました)



ごあいさつ 

 先日は皆様ようこそ遠くまで 葛野浜 巨大球体 <はな>パフォーマンスにお越しいただきましてありがとうございました。

 昨年12月大平先生よりお話をいただきまして以来 直径4.m巨大球体との格闘がはじまりました。

 神様に大地の器に<はな>を盛り捧げよう。妙音でお迎えしよう

丹色のはなを捧げよう、光を捧げよう、皆様にも<はな>を捧げて頂こう。

 この上ない晴天に恵まれ皆様のお声、笛の音、海風、共にできましたことうれしい事でした。

 陰陽、東西南北(ビンロウ、赤い花、つるウメモドキ、竹) 木火土金水(花たち、竹とうろう、球体、真鍮、海水) 地水火風空識 全て盛る事ができました。

 単なる花嫁修行の1つとしてはじめたお稽古ごと、これだけがつづきました.そしていつしか<はな>で天人地を繋ぎたい、その想いは今回巨大球体にお花を捧げて頂く事で叶いました。

 この良い時を与えて下さいました大平先生 ご協力いただきました方々 近隣、遠方よりお越しいただきました皆様、そして遠く佐賀県よりびんろうを届けてくださった方 最後に球体を飾らせてくれた花材に心より感謝いたします。 ありがとうございました。

 

 *来年5月に大平先生との2人展を祇をん小西で予定しております

            平成27年10月吉日    小西いく子





<あとかたずけ>

午後6時前日没との戦いが始まりました。

IMG_8921.jpg
IMG_6762.JPG
IMG_6729.JPG
IMG_6766.JPG
IMG_6770.JPG
IMG_6767.JPG
 皆様のご協力で竹を残して以外あとお花はすべて皆様にお持ち帰りいただきました。



*10月4日(日)

      掃除に巨大球体の元にゆきました.。 すっきり全てかたづけました。
 
IMG_6790.JPG
      お手伝いいただいた 小西克子さん、だんばやしさん こにしいくこ

IMG_6774.jpg
  大チャン(巨大なのに可愛いのでこう呼んでいます)ありがとうございました。



IMG_6794.JPG
IMG_6801.JPG

      帰路 稲葉家本家により大平先生の作品を拝見して帰りました。


    葛野浜は終わりました

                          小西いく子



華歴

 

 

京都市に生まれる

1977

嵯峨御流 正教授 拝受 (平安司所所属)

1981 2005

楽展 主宰

 

社中展

祇 園隆彩洞画廊・美術工芸画廊門前・京都ソサエティー・祇園お茶屋 井政・野口家花洛庵・大江能楽堂 ・渉成園枳穀邸・楽空間祇をん小西(回)

 

花手前

世界の隣人こんにちはフェア 京都高島屋・渡辺千也 筝曲演奏会・比叡山覚性律庵・ギオンコーナー(19941997)・国連創立60周年記念ヒロシマ平和コンサート・ジュネーブ国連本部

1993

国際放射線腫瘍学 会総会 京都国際会議場大ホール 舞台花制作・玄関ロビー花 花手前(社中)・ワークショップ

1994

献華

比 叡山覚性律庵内愛染堂

1994

華道 京展 平安建都1200年記念・19982010(京都大丸)

1997

ART SESSION IN 安楽寺(寄神宗美 白砂伸夫 北川完二 奥藤圭三 岩本光司)

 

 

 

 

2006

上田宗箇流 宗箇 忌に挿花 大徳寺山内三玄院

20082011

個展

はなはる、なつ、あき、ふゆ(祇をん小西)

作家とコラボレーション 石井春、内田晴之、福本潮子、古伏脇司

2010

法印拝受 (旧 嵯峨御所 大覚寺)
能楽 「半蔀」 立花供養 (京都観世会館)

その他

小 森 豊美甫 社中展・平安司所華展・平安神宮献華・JR京都駅チケットプラザ JR新幹線冬の旅 等に出瓶
野口家・山本仁商店・新裳苑・京魯膳 等の催事に添花
1991
年~ グループ七草結成(三菱自動車ショールーム、素心庵、袋屋、嶋臺 等で華展)
JR
西日本 WENS・京都ロイヤルホテル京だよりパンフレット・茶の間 カタログ・20066月 没後40年 表現者 河井寛次郎の世界展(三越名古屋栄)カタログ 等に写真掲載

 

 

著書

「京の町家にいける」199511月発刊

2015年10月17日
*堤展子展−陶−より


楽空間が水族館に早変わりです。サンショウウオが元気に泳いでます。

IMG_6615.jpg
IMG_6647.JPG
IMG_6645.JPG
IMG_6648.JPG
IMG_6604.jpg
夜行性のため夜になると騒がしいこと。約130センチほどがのしのしと!

IMG_6621.JPG

ちびちゃんも 窓際で元気です。展子サンワールド全開です。

IMG_6612.JPG

DSC05626.JPG



毎晩 どれを食べようかと狙って
いたのに 残念 食べ損なった!!

    ケロ でした
2015年9月24日
*大地は器ー巨大球体ー京丹後葛野浜

9月2日に <ちょっと早いご案内>をさせて頂きました10月3日<はなパホーマンス>
ご案内の続きです。

大平和正先生作直径4、1メートルの陶の巨大球体が新潟県越後妻有から京丹後市の
葛野浜に移されました。9月20日から10月12日まで展示されます。

IMG_6567.JPG
IMG_6572.JPG
                  大平先生と奥様

IMG_6548.JPG
          とにかく大きいです でもどこか可愛い!!

10月3日に小西いく子 巨大球体をお花で飾らせて頂きます。是非お出かけくださいませ

IMG_6522.JPG

              ご案内 プログラム
     おこしいただく皆様にも<はな><灯り>添えていただきたいです

IMG_6406.jpg
     野中久美子さん奏でる能管が浜辺に響き渡るのを想像するとワクワクです。

交通の便を参考までにお知らせ致します。
京都縦貫道全通で混みます。10月3日は土曜日です。ご注意くださいませ。
丹波味わいの里にいかれる車が多く出口が狭いので料金所で混むのがひびきました。
これは9月21日に通過した体験です。


アクセスをご参考までにお知らせ致します



10月3日葛野浜<大地は器2015>へ

 * お車の方 おすすめルート(ナビが使え無いところがあります)

 京都縦貫自動車道 沓掛インター

     ↓

最終のインター 与謝天橋立  ここまで所用時間約1時間10分(90km)

     ↓

インターを出て左折 ルート176 道なりに行くとルート312に変わる

ここからから 約1時間30分  (35km) 

 ルート312 酒戸古−谷内−三坂−周枳−河辺打敷−長岡大橋−長岡−

        比治山トンネル−野中−永留−本願寺前まで 

        これらの地名確認通過 

 本願寺前--右側のルート178へ進行して道なりまで十条

 十条--右折その先 左側に久美浜湾が見えます(日本海ではありません)

 神崎口 右側 高いところに【道の駅くみはま】見えます。 浦明まで

 浦明--左折 前方に交番見えたら右折--丹後神野駅「小天橋駅」通過

 左側の細い道へ(海は久美浜湾で日本海ではありません)この先の

 葛野浜海水浴場の看板の前で右折 細い道を走ると前方に駐車場あり

 葛野浜駐車場 到着です。巨大球体目前です

 

  ここで初めて前方に海が開けます 日本海 葛野浜 会場です  

          お疲れさまでした。

    遠方まで ようこそ ありがとうございます。

         まずは お茶を どうぞ ごゆっくり。

 

                       小西いく子

おすすめ

  *浜でゆっくり 近辺散策

  *ヒカリ美術館(小さな私設美術館)へ 稲葉本家(大平先生の作品展示)へ

ご注意

  * 会場近辺にはお食事をするところがありません、ご了承ください。

  *所用時間は平日のものです。10月3日は土曜日です。ご注意ください



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 * 列車の方 参考時刻表
 

<行き>10月3日(土)JR京都駅→丹後鉄道小天橋駅

   * 小天橋駅から会場まで小西が車でお送りします。お申し出ください。

   * 列車は指定座席をお勧めします。

 

【経路1】
京 都 発09:25(はしだて1号)
天橋立 着11:25
天橋立 発11:30(丹後あかまつ1号)※要予約
小天橋 着12:25
(片道5550円)


【経路2】
京 都 発08:36(きのさき3号 福知山行)
福知山 着09:53
福知山 発09:55(こうのとり1号 城崎温泉行)
豊 岡 着10:47
豊 岡 発10:58(丹後鉄道 西舞鶴行)
小天橋 着11:24
(片道4890円)


 【経路3】
パフォーマンス開始(2時より)直前の到着になります。

京 都 発10:25(はしだて3号)
宮 津 着12:19
宮 津 発12:30(丹後鉄道 豊岡行)
小天橋 着13:28
(片道5240円)
 
*会場近辺にはお食事するところがありません、ご了承ください
 ご遠方ですが是非お出かけくださいませ。お待ちしております。

<帰り> 10月3日(土)丹後鉄道小天橋駅→JR京都駅>


    *会場より小天橋駅まで小西が車でお送り致します。お申し出ください。

    *列車は指定座席をお勧めします


【経路1】

※ 特急電車はこの電車が最終となります。

 以降、普通電車(京都駅まで3〜4時間)しかありませんので

 ご注意ください。

小天橋 発17:54(丹後鉄道 西舞鶴行)

天橋立 着18:41

天橋立 発18:47(はしだて10号)

京 都 着20:48

(片道5240円)

 

【経路2】

小天橋 発16:39(丹後鉄道 西舞鶴行)

峰 山 着17:06

峰 山 発17:14(はしだて8号)

京 都 着19:53

(片道5560円)

 

おすすめ

 *浜でゆっくり 近辺散策

 *ヒカリ美術館(小さな私設美術館)へ 稲葉本家(大平先生の作品展示)へ


   会場へは小西がお車を用意しております。お申し出ください。

           詳細は祇をん小西までお問い合わせください。

           メール 33kyoto@gionkonishi.co   FAX     075-561-5757



DSC05587.JPG




ケロはお留守番です

遠方ですが是非お出かけ下さいませ。
(小西いく子に成り代わりご案内まで)

2015年9月 8日
*井川健展ーうるしー始まりました


9月5日 祇をん小西 後期展覧会始まりました。
佐賀県から お越しいただきました。

あたらしい展開のもと美しい作品たちです。

IMG_6434.jpg
               案内状の作品 <変現>

IMG_6425.jpg
                 <想>

IMG_6439.JPG
                <波の翼>

IMG_6441.JPG
新しい素材 ビロウを用いての展開です。
佐賀大学の構内のビロウの落ち葉から始まったそうです。

IMG_6448.jpg
ご両親、奥様の華子さん、元クンもお手伝いいただきました

IMG_6411.JPG
展覧会は9月13日(日)まで  12(土)、13日(日)は井川さん在廊です。
お出かけお待ちしています。


                          小西いく子
2015年9月 2日
*ちょっと早いご案内


9月にはいりました。皆様には今夏いかがお過ごしでしたでしょうか?

祇をん小西 後期の展覧会を始めます。

    9月5日ー9月13日  井川健−漆−展
    9月26日ー10月4日  堤展子−陶−展

10月3日 一日限りの展覧会をお知らせ致します。
 
    10月3日  2時〜日没
    京丹後市 久美浜 葛野浜
    大平和正作 巨大球体 と 小西いく子 はな パフォーマンス

以下ご案内です 遠方ですが美しい日本海へ是非お出かけくださいませ。

tama1.jpg
越後妻有の大地の芸術祭に大平先生が巨大球体を発表されました。9月13日(日)まで
展示されてその後京丹後市久美浜町 葛野浜に移動展示されます。(9月20日から10月12日) この期間中 10月3日に葛野浜でパフォーマンスをさせていただきます。

IMG_6189.jpg
IMG_6221.jpg
                   お誘い
IMG_6405.JPG
            10月3日のプロがラム
IMG_6406.jpg
             交通の便ご案内
IMG_6407.jpg

IMG_6408.jpg
               葛野浜近く

小天橋MAP.png

日本海に面し夕日が美しいところです。 2時頃に葛野浜にお越しいただき皆様にも
巨大球体にお花を挿すのにご協力いただきたく思っています。その後浜でユックリ又
はヒカリ美術館へ稲葉家(大平先生の小さな作品が展示されています)へと巡回して
頂いてはいかがでしょうか?日没近くに浜にお戻りいただき竹灯籠に火をいれていた
だきたく準備しております。

ぜひともご参加下さいませ。よろしくお願いいいたします。

                            小西いく子
詳しくは祇をん小西にお問い合わせください。

     祇をん小西 ☎  075−561−1213
             FX    075−561−5757
            メール 33 kyoto@gionkonishi.com


DSC05617.JPG



      ご案内は
      ケロ でした


2015年8月15日
*『夢をつむぐ人藤平伸の世界』


菊池寛実記念 智美術館 で開催されている。藤平伸先生の回顧展に行ってきました。
寧さん、三穂さんにもお目にかかりました。奥様もとてもお元気です。

DSC06315.jpg

祇をん小西にとって大変想い出深い先生です。

いつも愛用のお帽子をかぶり大きな袋をかけ戸口を少しあけて『コンニチハ』 笑顔が忘れられません。展覧会で興味をもたれると小さな手帖にすぐにメモ。いつもぎっしりと詰まっていました。

先生の絵が特に好きでしたので,絵と陶器、板絵と陶器などの展覧会をして頂きました。

1_2.JPGDSC05178.jpg
5.JPG
130308_027.JPG
IMG_1512.JPG
38.JPG
DSC05225.jpg
               梁塵秘抄 の原画展



干支展にも12年おつきあいいただきました。宝物です。

今回 展覧会に展示して頂いています。(12月6日(日)まで)

IMG_6393.JPG
IMG_6394.JPG          (菊池寛実記念 智美術館 展覧会図録より)

そしてもう1つの宝物 楽空間 祇をん小西 陶額です。

三穂さんの言葉にもありましたように、本当に新聞紙でくるんで自転車の荷台にのせて先生自らお持ちくださいました。ビックリ オドロキです。

DSC00111.JPG
DSC00122.JPG
558501_312197905545507_955730846_n.jpg

9月から後期展覧会始めます。ぜひお越しの折再度ご覧下さいませ。


                             小西いく子
2015年8月 1日
*越後妻有 大地の芸術祭

7月27、28、29日 2泊3日で 大地の芸術祭に行ってきました。

最大の目的は 大平正和先生の 巨大球体に合いにです。
『風還元−巨大な土の球体 直径4、1メートル』プロジェクト展 が異動展示されます

9月20日〜10月12日まで 海浜の景『大地は器』 京丹後市葛野浜(かずらのはま) この時にお花でパーフーマンスをさせて頂きます。10月3日2時より日没まで

IMG_6189.jpg
IMG_6221.jpgIMG_6214.JPG
IMG_6216.JPGIMG_6219.jpg    巨大なのに何かやさしい〜〜〜。
    さて どんな お花にしようかしら???

    詳しくは 9月末に再度知らせ致します
    よろしくお願いいたします。

    大地の芸術祭巡りは FB こにしいくこ、祇をん小西 に掲載しております
    当方のHP下段にFBに連結するようになっています、合わせてご覧くださいませ。
                     

                             小西いく子

2015年7月 5日
*山江真友美展−絵ーより (1)



7月4日 始まりました。

薄暗い夏座敷 艶やかな白いろが映えます。

IMG_5923.JPG
IMG_5910.JPG
IMG_5949.JPG
IMG_5936.jpg

        別々に描かれた2枚の作品  4枚楽しめます 如何?

IMG_5956.jpgIMG_5957.jpg
























IMG_5959.JPG
IMG_5960.JPG
展覧会は12日(日)まで お出かけお待ちしています。

                          こにしいくこ
2015年6月29日
*神田正之展 −ガラスー より

江戸っ子だってね? お生まれは浅草 工房は埼玉 搬入から奥様とご一緒にお越しいただきました。

IMG_5733.JPG
                案内状の作品

IMG_5732.JPG
IMG_5762.JPG
                  
         夏座敷に変わりました楽空間 御簾越しが涼やかです

IMG_5875.jpg
IMG_5851.JPG
IMG_5798.JPG
IMG_5799.JPG
IMG_5800.JPG

IMG_5786.JPG
IMG_5752.jpg

IMG_5885.JPG
          コラボ作品  ガラス神田先生 表装村山先生

IMG_5772.jpg
IMG_5815.jpg


IMG_5826.JPG
IMG_5887.JPG
IMG_5832.JPG
            やさしくカラフルな作品

IMG_5889.JPG
IMG_5888.jpg
IMG_5846.JPG
              オシャレなお客様

IMG_5896.jpg
IMG_5890.jpg
 しとしと降る日、突然の晴れ間 梅雨の一日を楽空間におこしいただきましてありがとう
ございました。確かな技術の作品群 オシャレなコラボの作品お楽しみいただけましたでしょうか?

次回展覧会は 若手作家による絵画 楽空間前期展覧会 最後となります。
ぜひ夏座敷でお楽しみくださいませ。お待ちしております。

     山江真友美展  7月4日(土)ー7月12日(日)

                          小西いく子

2015年6月25日
*齋藤真成先生とご近所の女将さん


白寿の先生とご近所の女将さん

IMG_5685_2.JPG
            松八重さん女将さん 97歳

IMG_5729.JPG
       右 お福さん女将さん 93歳 左 桔梗屋さん女将さん7?歳



        皆さん驚く程おきれいでお元気です。頑張らなくては!!!

                       こにしいくこ



2015年6月 8日
*白寿を祝して 齋藤眞成展ー絵ー

20015年 6月5日 数え年99歳 白寿 おめでとYございます。
祇をん小西開廊17年 楽空間4回目の展覧会、おめでたい会となりました。嬉しい事です。

IMG_5606.jpg
  お元気で搬入して頂きました、お孫さん麻香さんのアシスタントでタイトルも記入

IMG_5598.JPG
IMG_5604.JPG                お手伝いいただいた方々

  お誕生日をお祝い 赤米のキッシュにローソク00本 活きよい良くフ〜〜〜!

IMG_5649.JPG
         お祝いの演奏 能管 野中久美子さん

IMG_5657.JPG
               簫 田島 和枝さん

IMG_5659.jpg
            お孫さんからのプレゼントにご満悦

IMG_5634.jpg
IMG_5675.JPG
            

             一番新しい絵  行者

IMG_5613.JPG
IMG_5607.JPG
                 至心

IMG_5614.JPG
                   亀と自像

IMG_5622.JPG
                  ブルとガマ

IMG_5619.JPG
           七難即滅           鬼と亡者


作品は13展 ぜひお祝いにお出かけくださいませ 
6月14日(日) 通常7時 最終日5時まで

IMG_5682.JPG



          小西いく子
2015年5月 9日
*芹沢銈介展始まりました


珍しく小雨での始まりです。楽空間 しっとりとしています。

IMG_5471_2.JPG
                  芹沢銈介の染め

IMG_5493.jpg
                  案内状の作品

IMG_5495.jpg
             河井寛次郎の壷 辰砂がきれいです。

IMG_5494.jpg
            濱田庄司の鉢に紅葉のプロペラを添えて

IMG_5498.jpg
              芹沢銈介の可愛いガラス絵

IMG_5473_2.JPG
         薫風に乗ってぜひ楽空間へお越しください。
         おまちしています。
      
            ー5月17日(日)までー




    
           
DSC05587.JPG
   
    
      ご報告は

      ケロでした
2015年5月 4日
*大平和正先生を訪ねて


5月1日 爽やかな晴の日 伊賀にある先生のお宅へお伺いしました。

昨年の楽空間での林康夫先生の展覧会にお越し頂き初めてお目にかかりました。
その折り2015越後妻有大地の芸術参加 巨大球体の制作のお話をお聞きして何故か
厚かましくも直感で祇をん小西で展覧会をお願いしたいと思いました。恥ずかしながら
先生のお名前は近くのギャラリイーでの展覧会でしか存じ上げず何も知りませんでした。

でもなぜか当方でお願いしたい...

            お玄関と庭におかれた石の作品

IMG_5436.jpg
IMG_5448.JPG
IMG_5427.JPG
       何処かの国の古い石彫? (学生時代のときの作品)


来年の作家といくこ花のコラボレーションのシリーズ、5月5日からのにぜひお願い
したいと思いましたが...あかんやろなあと...ところがある方の『お願いしてみたら...』
の後押しがあってお願いのお手紙を書きました。

お返事きました。 ...基本的に花はいらない。 ...がやってみよう... 
...伊賀にお越しください...その後楽空間を拝見...という訳で5月1日の訪問となりました。

先ず呈茶のご接待を受けました。

IMG_5418.jpg
IMG_5419.jpg
躙り口を開けた瞬間一瞬息をのみました 目に飛び込んで来た壁の色に。
そしてシンプルです。
5、6年かけて塗り上げられた壁はいい具合に菌が育ったとのこと。見事です。

お床に飾られた黒碗でお濃い茶を頂きました。奥様お手製の青梅かたのお菓子
遠くでの鶯のさえずりがいつのまにかお茶室の上に。濃い茶の良い香り。

IMG_5424.jpg
改められたお席でお薄を一服 先生のお軸、奥様お手植えの良い色の牡丹、柔らかい陽差

         
IMG_5417.JPG
       小高い丘の上の自然な雑木林の中に建てられた 『風気庵』

       

IMG_5426.JPG
IMG_5446.JPG
IMG_5442.JPG
        土、金属、石、木 作品達 のぼり窯の煙突も見えます。



お玄関内に仲良く並んでかけられた 油絵 先生の作品と奥様の作品

IMG_5437.JPG
IMG_5439.JPG


















とても魅力的な奥様ついついお話して長居してしまいました。

左側絵のガラスに映り込んでいるのは奥様 何故かお2人同じ絵に見えますが...

 
               
IMG_5450.jpg


 お心づくしのお菓子 青梅
  
  一重目よもぎたっぷりの皮
  二重目黄身餡
  三重目小豆あん









お話しているうちに以前作った<祇をん小西>の団扇があるのにビックリ!
ご縁を感じました。

先生のご本『風還元』としっかり養生していだいた牡丹を頂いて先生と一緒に 祇をん小西にむかいました


IMG_5435.JPG
 
ドキドキ している
   
    こにしいくこ です
2015年4月20日
*川口淳ー陶ー展
今年の4月はよく雨が降ります。
展覧会 初日 快晴です 先生も搬入からつづいてお越し頂きました。
案内状作品と先生 
            華胥の夢日器シリーズ

             瑠璃釉近彩楽園文

IMG_5382.JPG
IMG_5348.jpg
IMG_5317.JPG

色絵近彩楽園文

IMG_5341.JPG
作品の文様、裏側も横も内側も細密に描かれています。

IMG_5362.JPG
IMG_5364.JPG
床の間に先生の作品にあわせて加藤由起先生(染)の軸とあわせてみました

IMG_5376.jpg
IMG_5375.JPG
IMG_5371.JPG
IMG_5372.JPG

横浜(戸塚) の先生宅ににお伺いしましたときに工房を拝見。
清潔な空間、棚におかれたものは整然とならべられて、塵1つ無く 先生ホンマに
此処で作品創っておられるのかしら?と思うくらいぴっちとしているのです。

奥様『いつもこうなのよ...』とにこやかに話しておられました。

工房におうかがいして先生の緻密でいてそれでいて窮屈でなくおおらかな作品の誕生を納得

                工房と窯場

IMG_4876.JPG
IMG_4875.jpg

IMG_4879.jpg
                   お玄関で

ユニークな略歴

IMG_5385.jpg

帰路ひさしぶりにMOA美術館に立ち寄りました、残念 梅花は終わっていました。

                           小西いく子


川口淳展 4月26日まで 26日は先生在廊です。ぜひお越しくださいませ。
(最終日ですので5時で終了致します)

2015年4月16日
*藤野昭先生


陶芸家藤野昭先生がお亡くなりになられてに早くも9年経ちました。

先生とは山田光先生を囲んでお話を聞きながら深夜おそくまでよくお盃をかわしました。
懐かしく 奥様、奥様のお姉様ご夫妻、京都を離れ東京に帰られる藤井先生の奥様
ごいっしょにお食事会を...

IMG_5286.jpg
お写真を囲みながら先生作の器でお食事しながら『本当にお優しい方でしたね...』
想いでを語り合いました。

雲の上では毎晩」山田先生とお酒を飲んでおられるのでは?。

                      小西いく子

2015年4月 5日
*笹井史恵展ー漆芸ー始まりました




今年の桜はまさしく競演!一斉に開花しました。
9年ぶりにお迎えする楽空間、クヲリテイの高い笹井さんの作品で華やいでいます。

IMG_5106.JPG
IMG_5094.JPG
撫でたくなるような丸み、今回はエッジかきいて強さを感じます。増々の充実です。

P1050228.jpeg
          展覧会前に訪問しました。広い工房

P1050232.jpeg
P1050234.jpeg
P1050230.jpeg
旅先で求められた作品の数々。小西のと同じお正月に楽しむ入れ子の盃を発見
嬉しくなりました。(2段目中央の洗い朱のもの)


P1050241.jpeg
              智仁くんのお写真

P1050225.jpeg
         御主人手づくりのステンドグラス入りの扉

愛情に包まれた工房から素敵な作品が生まれるのに納得!

2つの賞を受賞されたのも納得。増々の充実ぶりです。

P1050240.jpeg
              京都府文化賞奨励賞 受賞

P1050236.jpeg
              タカシマヤ美術賞 受賞

よりこれからの活躍が増々楽しみです。

 
今回は竹と花のコラボレーションも楽しみです。 

お花は同年代の珠寳さんの登場です。

IMG_5107.jpg
               香を焚き気を鎮めて
IMG_5110.jpg
IMG_5111.jpg
IMG_5120.jpg
IMG_5114.JPG
          紅カナメの赤が映えて きりりっ!

         
         漆(笹井さん)花(珠寳さん)竹 (田辺小竹さん)

IMG_5132.JPG

    
     お手伝いいただいた皆様と(左より笹井さん、珠寳さん お手伝いの方々)

IMG_5123.JPG夜久野町から漆掻きの方がおこしくだしました。お若い方の跡継ぎ頼もしいです。
(右から2人目、やくのくんです!)

IMG_5144.JPG
展覧会は4月12日まで 
お出かけお待ちしております 
 
            小西いく子                    

2015年3月28日
*アート・コスチューム・アート  Ⅱ (その2)



作家と作品と

IMG_4926


IMG_4933

大野 知英 作



IMG_5009


IMG_4980

山花 奈津美 作



IMG_5011


IMG_5035

小角 綾 作



IMG_4934

前川 晴香 作


IMG_4931.jpg

安岡 つづみ 作



IMG_5071

堀田 佳梨名 作



IMG_5072

ライラ 未遊卯 作



IMG_5073

松居 佑嗣 作



IMG_5074

加藤 沙知 作



IMG_5075

谷藤 百音 作



今回は成安大学の若手に楽空間を飾って頂きました。昨年につづき二回目の登場です

可愛いく身を飾っていたがけるものも登場しています

                                                                       小西 いく子

2015年3月23日
*アート コスチューム アート Ⅱ (その1)






春の穏やかな日 展覧会始まりました。

案内状をご覧の方は  ええっ!どんな展示????? ちょっと不安な気持で
おこしくださいます。ところがお越しいただいて、フーム不思議とあっているねの
お言葉を頂きます。

IMG_4927.jpg          学校の倉庫に眠っていたインサイドベルトで制作
小角 綾 作

IMG_4932.jpg
                材料はサランラップ
                 桑田 雪穂 作

IMG_4955.jpg
               着衣してのパフォーマンス

IMG_4929.jpg
              接着芯に着色して
              加藤 沙知 作

IMG_4969.jpg
         テグスを編んで タイトル <もつれ>
               大野 知英 作

IMG_4926.jpg
IMG_4945.jpg
今回は皆様に身につけて頂けるものも展示しています。
楽しみ一ぱいです

IMG_4995.jpg
              河原林 美知子 作
         大工の棟梁お二人がお求めいただきました。

IMG_4994.jpg
              松居 佑嗣 作
        スカートはシャンソンの発表会で着て頂けるそうです。
         

3月29日まで (最終日 5時まで  通常は11時ー7時)

お出かけお待ちしています。

                         小西いく子

2015年3月18日
*古伏脇司(漆)ー小西いく子(はな)より  その2



お花の名前

唐桃ー入り口のガラス戸にうって左右対称に

IMG_4728.JPG
柳ー朝日をあびて

IMG_4709.JPG
南天の実−赤と黒 見え隠れして

IMG_4654.JPG
エアープランツー箱の中でモゾモゾと

IMG_4751.JPG
山野草ーコバイモ、シラユキゲシ、オキナグサ,バイカオウレン...

IMG_4695.JPG
プラテイケリウム グランデ ー 花散里
(プラティケリウムグランデとは?植物図鑑。 ○オーストラリアが原産です。熱帯地域に生え、「ココやし」などの樹木に着生します。大型の「びかくしだ」です。「プラティケリウムスペルブム」に似ていますが、胞子葉に2個の胞子嚢をつけるのが特徴です。)
IMG_4818.jpg


搬出時の古伏脇先生

IMG_4827.jpg

IMG_4821.JPG
草舟に祇をん小西の古い蚊帳が使われている部分ーお使い頂き頂いて嬉しい事





展覧会 無事終了致しました。

IMG_4824.jpg

お忙しい中大勢の方にお越しいただきましてありがとうございました。
お礼申します。

次回のコラボレーションは 来年5月5日(端午の節句)から始めます。
よろしくお願いいたします。

                            小西いく子


2015年3月 8日
*今日のお客様


お着物姿をパチリ

IMG_4783.JPG
IMG_4777.JPG
IMG_4778.jpg
IMG_4743.JPG
展覧会は明日8日までお出かけをお待ちしています。

                          小西いく子

2015年3月 5日
*古伏脇司(漆)ー小西いく子(はな) より


3月3日 桃の節句 展覧会始まりました。

2003年のぐるーぷ展におこしいただいて以来の 古伏脇先生

IMG_4609.jpg

さあ楽空間へご案内 
               桃の花に誘われて

IMG_4632.jpg
IMG_4624.JPG
               (からもも)


                表の間 = 草舟空間 
       春の山の開けた場所に置かれた小舟、不思議な存在。(境界のかたち)

IMG_4626.JPG 繋がれた草舟 誰が、いつ、どこへ、... 芽吹きの柳を添えてのどかな空気感を。
         
              
               奥の間=「犬2000空間」

      今生きているもの、春の山にあそぶ生き物。(動態のかたち)

IMG_4650.JPG

春の野原ちいさな小川、可愛いい草花で野辺を表現。どうぞ野原を駆け巡る動物を

楽しみにお出かけくださいませ。



             
          黒御影の間(ハナレ)=「ヒラクカタチ空間」
  
     立ち枯れた木、けれどあらたな命を感じるもの。(再生のかたち)

IMG_4642.JPG
新しい生命のイメージを爽やかな若緑のプラテイケリウムグランデ表現
オブジエの影を邪魔しないように気ずかいました。

乾漆の技法の可能性を追求しつずけておられる古伏脇先生 熱心に語られる先生の
誠実なおすがたは大変魅力的です。
(8日に再度お越し頂きます ぜひ皆様ぜひこしくださいませ)

2ヶ月余りのお休み期間を頂いていました楽空間 最初の展覧会にこにしいくこが参加
緊張しています。

3月8日まで  お出かけお待ちしています。
    
                         小西いく子

2015年3月 3日
*改修工事 その8 完成


3月2日 最終の工事 無事終了しました。

寒い期間お仕事をしてくださった作事組のみなさま、請け負って頂いた棟梁塾の
ホープ大下さん そしてああや、こうやを辛抱強くきいて下さった設計の末川さん 
皆さんありがとうございました。

IMG_4627.JPG
  左より末川さん、電気工事のホリさん息子さん、お父さん。りょうたくん


見えないところの根本治療をしていただいたおかげで、楽空間見事にシャキッとな
りました。見違えるようです。この期間お仕事ぶりを拝見できた事よかっったと思
っています。人間も同じと、ゆがみを直す事真を通す事の大切さを感じました。

この家をご先祖が与えて下さった事に改めて感謝しています。

IMG_4629.jpg
工務店の大下さん ご縁でお仕事をして頂けた事心より感謝致します。
お若いのに新しい芽をちゃんと育てておられるのに感心しました。
  増々のご活躍を!!!

最後に笑顔を頂けてよかった! 撫で方に見えます−肩の荷が下りた?

最後になりましたが2ヶ月余りのお休み中、作家の方々やお越し頂く皆様に
ご不便をおかけ致しまして申し訳ございません。

あす3月3日ー桃の節句より展覧会をはじめます、ぜひお運びくださいますよう
お願いいたします。

次回は 展覧会風景をお届け致します。
     お楽しみに                小西いく子
2015年2月27日
*古伏脇司(漆)ー小西いく子(はな) 近ずきました
 



2月もあと1日 梅がきれいな頃となりました。
楽空間 工事最終段階に入りました、今しばらくのご猶予を!

昨秋 今回3月3日からの展覧会にお越しいただく古伏脇先生に、はなとの
コラボレイションを頼みに横須賀に行きました。

皆様でお迎えいただきインド料理のランチをご馳走になりました。その後お宅へ。
お住まいは小高い丘の上の住宅街にありました。

IMG_4169.jpg         古伏脇先生、お嬢さまみかさん、奥さまの富田康子さま

今回の5節句シリーズの桃の節句、素材は木、火、土、金、水のうちの木それで
<漆>でとお話をさせて頂きました。
その後 康子さまが学芸員をされている横須賀美術館へドライブ。

IMG_4183.JPG
IMG_4180.JPG
IMG_4173 2.JPG
何と不思議な世界です。 正面を向いたおおきな顔

IMG_4605.jpg
IMG_4606.jpg
どれも真っ正面で平面的です。何故かボートの作品が良いなあ...
対象と何かはっと結ばれたその瞬間を瞬時にとらえた表現なのでしょうか。
簡素で、簡潔で潔さを感じました。

館内の空間は窓が大きな水玉のようにぽっかりあいています

IMG_4177.JPG
IMG_4174.jpg
康子様のご案内で展覧会を満喫。      さすが横須賀 沖には軍艦が...

IMG_4185.JPG
IMG_4171.JPG

コラボの事ドキドキでうかがいましたがどうにかご了承いただき ほっ!

明くる日の冨士山は快晴、初冠雪でした。いつもは居眠りでみられない冨士、久しぶりで
気持ちがすかっとしました。ヨカッタ! 展覧会頑張ります!

IMG_4202.jpg
 展覧会ぜひお越しくださせ。

明日は<はな>との関係で早いめに搬入して下さいます古伏脇先生をご紹介します。
お楽しみに。

                           

                                小西いく子

2015年2月26日
*改修工事 その7


いよいよ最終段階に入りました改修工事 作事さんの面々です

左官屋さん

IMG_4599.jpg
IMG_4598.JPG
IMG_4600.jpg
大工さん お手伝いさん

IMG_4603.JPG
IMG_4596.JPG
電気屋さん  息子さんとご一緒にお仕事

IMG_4601.jpg
ガス屋さん

IMG_4604.JPG
昨事組の皆さんありがとうございます。

最終段階 増々 お仕事ヒートUP   楽空間が活気を帯びています。

つづきは又明日

                       小西いく子
2015年2月20日
*改修工事 その6

早くも如月20日改修工事も終盤を迎えます。
大工さんのお仕事は一段落しました、そこで記念撮影

IMG_4589.JPG
           左からりょうたクン、上野さん、武村さん

IMG_4592.JPG手すりの釘もさりげないうち込みでカバーされています。

IMG_4594.JPG
建具の補正された部分には柿渋をぬって一体化されました。

皆さんのお仕事ぶりは きれい、丁寧、熱心 です。連日建てあわせばかりのお仕事の
武村さんは家具屋さんみたいで本領が発揮できなくておきのどく。すみません。

上野さんはいつも朝は1番乗り、お仕事もしっかり、優しく朗らかでムードメーカー。

りょうたクンは無口で黙々とお仕事、今年5年目お仕事が面白くなって来たようです。

IMG_4591.JPG
朝9時から6時まできっちりとお仕事、最後のお掃除きもれいです。礼儀正しく言葉使
いも丁寧で気持ちのいい毎日を過ごしています。棟梁塾、作事組の皆さんご立派!

続きは左官屋さんの出番。このところ雨の日が多いので乾きにくいので心配です

IMG_4593.JPG引き続きお仕事よろしくお願いいたします。

3月3日からの古伏脇先生と(漆)はなのコラボレーション近づいてきました。
後10日余り 楽しみでもあり、少し緊張モードに入りました。
さあ お花の準備にかかりります。

                              小西いく子


2015年2月 2日
*改修工事 その5


早くも2月に入りました。工事始まって一ヶ月余り、快調に進んでいます。

根継ぎが終わり大変手間どった建具も作事さんの手で姿勢を矯正されてシャキ!

人間と同じだと感じました、悪いままにそれになじんでしまう怖さを建具に思い
知らされました

IMG_4566.JPG
一日遅れの りょうたクンのお誕生日をシャンパンでお祝いしました。
おめでとう 25歳! 寡黙でもくもくとお仕事をして下さる姿は好感度抜群です。
若い作事さん育っている、頼もしいことです。ガンバ りょうたくん

祇をん小西は恵まれいます。確かな腕の作事さん達 そしてイケメン揃いです。
(お詫び 写真がぼけています。りょうたくん下戸でした、残念)

IMG_4567.JPG
2月1日も雪でした。御所に向かいましたが残念。1日の祇園さん月参りをおえてから
でちょっと遅かった。雪は......。
さすが御所 いつ来てもきれいです。梅の木七分咲きで迎えてくれました。1本だけ!
嬉しいです。今日もいい日です。

IMG_4568.JPG
IMG_4572.JPG
IMG_4574.JPG
今日は節分もう春はそこまで来ています。楽空間、今少しお休みさせて頂きます。
(3月3日からよろしくお願いいたします)

                       小西いく子


2015年1月22日
改修工事(その4)


Ⅰ月も初弘法さん(21日)も過ぎお正月気分は無くなりました。

工事は随分手間入りの部分もありましたが、皆さんの腕で克服、おかげさまで順調に
進んでいます。北側のジャッキ上げで整ったところに合わせて全根太が補強されました。

IMG_4559.JPG
IMG_4564.JPG
IMG_4560.JPG
IMG_4562.JPG
ドンドンと床板や天井板がはられてゆきます。1部 襖のたてあわせも行われました

IMG_4565.JPG
若い棟梁のもとベテラン 若人の作事さんでチームワーク良く工事が進んでいます。
気持ちよい皆さん ありがとうございす。



次回工事進行報告お楽しみに!      
IMG_0900.jpg





              ケロ  でした
2015年1月15日
*今日は小正月(改修工事ーその3)

今日は15日 工事始まって20日余り立ちました。

朝 工事開始までに作事さん達にお屠蘇で祝っていただきました。
おやつは おぜんざいにしよう。

IMG_4555.JPG
IMG_4549.jpg
7センチあまりの沈下はジャッキで上げられ新しい木が根継ぎされ、シロアリさんに
やられたところは新しくかえられ柿渋で保護されました。

IMG_4546.JPG
IMG_4558.JPG
壁の隙間は竹がくまれ縄で丁寧に編まれ、粗壁で塞がれました。

IMG_4547.JPG
IMG_4552.jpgIMG_4557.JPG
IMG_4553.jpg
洗いやさんもお仕事、どんどんとはかどってきました。


ゆがみが正常になると家の中がきりっとしまって見えます。傾きに疲れていたの
でしょうか? 頼もしい作事さんたちに感謝!!



次回工事進行 お楽しみに

IMG_1013.JPG


ご報告は
 
ケロ でした
2015年1月 7日
*ホームページ更新作業



開廊から15年経ちました。ホムページも7年余り 早いものです。
お化粧直しをしたくなりました。
東京から黒田制作所社長直々にお出ましいただき作業を始めています。

IMG_4534.jpg
今日は七草 おかゆでお祝いしました。黒田さん七草の香り大好き、お椀でなくて大きな
おどんぶりに入れました。(はずかし!)小さい時から七草粥には叩きごぼうが好でした
ので黒田さんも、 どうぞ。

改修工事今年も始まりました、作事さんにも 七草粥お祝して頂きました。
ちよっと塩味効かして。

IMG_4536.JPG


2015年1月 4日
*つづいての雪


なんと何と元旦、2日と連日の雪となりました。
こんなのは初めての経験です。花見小路もシ〜〜ン
チョット雪見としゃれ込んだのですが...あかん  さむ〜〜〜!

IMG_4519.jpg
IMG_4529.JPGIMG_4530.jpg
         
                          ケロ でした





2015年1月 1日
*2015 元旦


あけましておめでとうございます。本年もよろしくおねがいいたします。

八坂神社へ朝九時 恒例の新春祈祷にゆきました。晴天のお正月 今年はことのほか
冷たくて手袋が欲しいと思いました。埼玉、愛媛...例年のごとく遠方からのお参りです。

帰って数時間後 外の気配が静かです.... なんと雪が積もっています。

こんな静かな花見小路もあるのです。

IMG_4494.JPG
IMG_4500.JPG雪は小西の工事現場も美しくしてくれます。

IMG_4482.JPG
IMG_4483.jpg
こんなにうつくしい八坂神社 朝の凄い冷え込みはこの景色を生んでくれたのです。

IMG_4492.JPG
IMG_4485.JPG
IMG_4484.JPG
皆様 いてた道 滑らないように ご用心!!!

IMG_0928.JPG


ご報告は  ケロ でした
2014年12月31日
構造改修 その2


工事が始まって1週間経ちました。
建具、畳、外されて病状があらわになりました。7センチどころか倍近く下がって
います。

IMG_4458.jpg
IMG_4461.jpg
IMG_4462.JPGシロアリの餌食にもなっています。松材が好物とか、ヤニが美味しいのでしょうか。
木造の家屋構造は凄いと思います、柱と礎石との間が何センチもあいていても
壊れないのです。そこで大事なのは大黒柱の役割だそうです。

IMG_4466.jpg
工事を支えて下さる皆さん。インドネシアからの研修生の方も お世話になります。

IMG_4477.jpg
IMG_4478.jpgジャッキでバランスをとりながら少しずつ上げて今日は1センチばかり。
上がるのです!凄い!   つずきは新年へ。



今年最後のお仕事、棟梁の大下さんが門松を用意して下さいました。

IMG_4467.JPG
IMG_4471.jpg
今年の<祇をん小西>の表のお正月飾りは例年と違って、頂いたお伊勢さんの注連縄
と門松です。違った顔が新鮮です。

従来のお正月は桐の家紋入りの幕を張ります。

DSC03119.JPG
今年のお正月

IMG_4476.JPG
構造改修のためお休みさせて頂きます。基礎をしっかり固めて3月より展覧会を
再開致しますのでよろしくおねがいいたします。



今年一年ありがとうございました。来る年もどうぞよろしくお願いいたします。

                     小西いく子   ケロ



2014年12月24日
楽空間 構造改修工事 (その1)


今年最終の展覧会終わってすぐ 22日より工事が(床の間近くで7センチ、離れシロアリ
対策を含む工事)始まりました。
棟梁大下さん工事無事を祈願して祝詞で始まりました。

IMG_4440_2.jpg
IMG_4441.jpg
           設計の末川さんもお参り、拍手にご注目

           右回りでお神酒、洗い米、塩、水で四すみ
           を清めて回ります。

IMG_4443.jpg
IMG_4444.JPG
IMG_4446.jpg
IMG_4447.jpg
IMG_4449.jpg
              お清め完了
      
            いよいよ工事スタートです

IMG_4451.JPG
           寒さ厳しい時ですがヨロシクお願いします。




DSC02106.JPG


2014年展覧会終了!
一杯やリました






DSC09075.JPG


のびてないで 工事報告頑張ります
ヨロシクお願いしま〜〜〜〜す


ケロでした
2014年12月23日
*今年の展覧会終わりました



好評のうちに <干支 ー未ー 展> 終わりました。総勢60人 楽空間 賑やかなこと
でした。午から未へ 良い歳でありますように、来年からもよろしくお願いいたします。

IMG_4359_2.JPG



会期中に 姫リンゴの花が咲きました。10月26日の華展の後から当方に飾られて
いたリンゴです。ほぼ2ヶ月楽しませてくれました。 アリガト!
来る年も実りの多い歳になりますように。よろしくお願いいたします。


                赤い実とはな

IMG_4392.jpg
IMG_4417.jpg
IMG_4438_2.JPG

       

                 小西いく子




2014年12月16日
*干支と縁起物展 

楽空間今年最後の展覧会となりました。

干支 未 沢山集まりました

IMG_4360.JPG
IMG_4300_2.JPG
IMG_4327_2.JPG
IMG_4354_2.jpg
今年 初参加の作家を交えて総勢60人 華やかです。
お出かけお待ちしています。

(展覧会は12月21日まで、最終日は5時まで)


                         小西いく子
2014年12月 7日
*林康夫展 ー陶ー その2


晩秋から冬へ季節が移ります、急に寒くなりました。毎日大勢のお客さま。
連日先生在廊していただいてます。お元気です。おしゃれな奥様も。

IMG_4268.JPG
IMG_4272.JPG
IMG_4228.JPG
IMG_4270.JPG
奥様が立ち上がられるのを支えられる先生のほほ笑ましい1コマ。先生御年87歳
ちょっとまえ。奥様84歳。『いつまでも手、動かしてなあきまへんな〜〜』と先生

作品は凛として前後左右緊張感みなぎっています。

                寓舎シリーズ

IMG_4212.JPG

IMG_4273.JPG
IMG_4274.JPG

IMG_4276.JPG
IMG_4277.JPG

IMG_4278.JPG
IMG_4280.JPG
IMG_4279.JPG

IMG_4250.JPG
若さの秘密 この作品はなにからの発想? 荷ずくりからとか。

目覚めたとき『あそこをもう少しこうしよう...』制作が進む時間帯は深夜だそうです。

先生お元気でご活躍を!!!  (展覧会は7日まで)

DSC05603.JPG



       ケロ でした
2014年11月30日
*林康夫展ー陶ー始まりました


作品 25展 楽空間に揃いました。
御年もうすぐ87歳 気力満点 作品が凛としています。

案内状の作品

IMG_4223.JPG
川辺に建つ寓舎 どこかでみたような...

IMG_4205.jpg
IMG_4217.jpg
作品は前後 左右 上から どこからも完璧。

『作品はそやないと あきまへんなーーー』と先生

教え子さんの言葉 『生涯現役! といわれた先生の言葉が心に残っています...』

ホンマニ そうだ 頑張ろう!


DSC05622.JPG


展覧会は12月7日まで

お出かけお待ちしています。


        ケロでした
2014年11月30日
*下條華子展-漆- つづき

遥か佐賀からの華ちゃん 妻として,母として、そして作家として大地にしっかりと
つけられたようです。底力を感じます。乾漆の技術を酷使して平面から立体へ
と表現の域を広げられました。

IMG_4161.JPG
剛と柔が自在に表現されています。

IMG_4102_2.JPG
IMG_4080.JPG
IMG_4148.jpg
IMG_4151.jpg
義母上、元クンの応援をうけてこれからの飛躍が楽しみです。

IMG_4157.JPG

遠方からお疲れさまでした.ありがとうございます。
来年9月井川くんの展覧会が楽しみです。
よろしくおねがいします。

                           小西いく子

2014年11月19日
*下條華子展-漆-


11月15日より下條華子展始まっています。

華ちゃん、元くん、井川さん お揃いです

IMG_4083.jpg

IMG_4091.JPG
IMG_4111.JPGIMG_4092.JPG大きな衝立ては購入された古民家の古い瓦に華飾したものがはめくまれています
衝立て製作は井川さん,夫唱婦随の作。

案内状の作品全貌です、美しく,堂々としています。
佐賀の生活の充実感がうかがわれます。おしあわせ!

IMG_4102.JPG
つづきは お楽しみに!
展覧会は23日まで お出かけお待ちしています。


IMG_4149.JPG




           小西いく子
2014年11月14日
*下條華子さんの工房を尋ねて


秋晴れの爽やかな日、佐賀県の新しい工房を尋ねました。
華ちゃんのなぜ今回の強い作品が製作されたか謎を解明する為です。

京都からやはり遠いです。

華ちゃん明るい笑顔で迎えて頂きました。

DSC05959.jpg
立派な鮠魚は御主人井川くんのリメイクとか さすがです。


DSC05958.JPG

DSC05960.JPG
不思議な出会いで購入されたお宅は築90年の大きなお邸宅です。
お出迎えのお玄関は大きな階段で2階につずきます。

DSC05961.jpg
お2人を迎え入れる為のように 驚き! 全て天井はふき漆で仕上げてあったのです。

DSC05962.jpg
早速井川くんが洗面台を制作、木の洗面は初めてみました,暖かみを感じます。

DSC05969.jpg
素敵なお台所が出来上がっていました。もちろんふき漆仕上げはお2人の共同作業です。

DSC05965.jpg
DSC05964.JPG障子は学生さんの制作、外光、空調 を考えた贅沢なデザインの建具です。


では目的のお仕事場拝見。見晴らしのよい2階です。

DSC05979.JPG
DSC05975.JPG
今回は最初にイメージの形があるのではなくて 原形 型 成形の制作の過程で出合う
形に従って自由に造形されているそうです。その時々の多彩な表現を楽しんでいただけ
ばうれしいとのこと。

邸宅の持ち主であった方のお婆様が熱く信心なさってたというお隣の伊勢神宮におまい
りしました。
ご縁を結んで下さったのでは???

DSC05983.jpg
DSC05985.JPG
外観もちょっと拝見 さすが明治期の建物 出窓がモダンです。内部もうつくしい。

DSC05987.JPG
DSC05970.jpg
古い家を大事にしてくれる住人を探しておられたようです。まさしくぴったりの出会い
です。ご近所の方がたも若いお2人を大歓迎されているようです。よかった!!!


次は井川くん(准教授なのにすみません)の佐賀大学に向かいました。車で近い所です。

研究室の様子です

DSC05992.JPG
DSC05994.JPG
佐賀大学の芸術学部立ち上げの会議で毎日大変忙しいそうです。井川准教授 頼もしい。
すぐに会議に行かれたので住人なしのお部屋です。

学内の落羽松(らくうしょう)並木が美術館建設の為に切られたので、井川先生指導の元に学生さんと学内
のカフェの椅子が制作されました。

DSC05989.JPG
DSC06001.JPG
木目に癖が無くて美しいです。学生さんとの共同制作のの家具が皆さんに使われて
いることはとても心温まりました。お2人のお人柄が偲ばれます。

DSC06000.jpgこのテーブルでお食事をして沢山語り合いました。工房と大学が近いので立地を生かして
大学、学生さん、作家の新しい関係が生まれるといいなあーと思いました。
漆と木工の良い作品が生まれるのが楽しみです。

工房の建設途中にうかがえて本当にヨカッタ。古い邸宅も喜んでいるのでは...

では華ちゃんの展覧会をお楽しみに。お出かけお待ちしております。

                       小西いく子







2014年11月13日
*コ山有コ展ー陶ーより


<有コワールド>元気一杯な楽空間大変好評でした

IMG_4025.JPG大きな影を映し出す灯り

IMG_4015.JPG
IMG_2527.jpg
IMG_4064.jpg
IMG_4012.jpg
表面は皮製のように見える程なめらかです。

次回の展開が楽しみです、好評のうちに展覧会は終了しました。
有コさんお疲れさまでした。



次回展覧会
下條華子-漆-展
11月15日ー11月23日まで
お出かけお待ちしています

DSC05587.JPG


         ご報告は
         ケロでした
2014年11月 4日
*コ山有コ展ー陶ー始まりました

スカッとした秋晴れの11月3日,少し冷気を帯びた秋風が紅葉をますように感じ
られます。

10年の沈黙を破って有コさんパワー全開です!
『やるだけやりました...』秋晴れのように爽やかな笑顔です。

IMG_4023.JPG

しっかりと力強くキュートでどこか優しく...とにかく魅力的です。
全く制作のブランクが感じられません,さすが実力派。
           
               おめでとうございます。
               京都市長賞受賞 
           第28回京都市芸術祭国際交流総合展
            2014、10/28〜11/2
               京都市美術館別館

IMG_4068.jpg
厚かましく お花を添えさせて頂きました。おはずかし。

IMG_4011.jpg
展覧会は 11月9日 まで お出かけお待ちしております。


  *11月23日と書いておりましたが11月9日の間違いです。
   修正いたしました。
   お詫びと訂正申し上げます。



                              小西いく子
2014年10月20日
*雨の日もよし

今日は秋雨 しっとりと 和服姿が似合います。

芦屋からのお客様 モデルになって頂きました。

IMG_3922.jpg
IMG_3924.jpgIMG_3925.jpg
村山先生の作品とピタリ、先生もご満悦!

DSC05592.JPG


      ご報告は
      ケロでした
2014年10月20日
*村山秀紀展始まりました

此処数日で櫻紅葉が色増しました,今年の紅葉はどんなでしょう?
17年の積年の想いの展覧会が始まりました。

         表の間の室礼 古更紗の華、風炉先屏風 茶と華の世界
         格子を通して渡る風が華をゆらします。

IMG_3870.JPG
『...いつもコンクリート打ち放しのモダンなところで展覧会を開いている...このような
 和の空間は初めて、どんなになるか...』と先生。

良いものはどの場所でも光を放ちます。
自信を持ってお願いした展覧会、見事なセンス。美しいこと!

桂離宮の欄間からヒントを得て創られた屏風、一画面ごとに他のに変えることが可能。

IMG_3885.jpg
今回は他に 箱もの、巻子、掛け軸、額装のもの等、出展されています。
どの作品も柔らかい電気の光が色をよりあざやかに見せてくれます。

爽やかな秋の日お出かけがおおいことと存じますが ぜひ 楽空間 祇をん小西へ
お歩びくださいませ。

展覧会は10月26日(日)まで (11時〜7時)
(最終日は5時で終了させて頂きます)

                           小西いく子




2014年10月14日
*好評のうちに 重松あゆみ展 終わりました


10月最初の展覧会ー重松あゆみ展ー おこしい頂いた皆様の滞廊時間は楽空間で 
最長では無かったかと思われます,

今回の展覧会 複雑なかたちも優しい色彩で和の空間にぴったりとおさまりました。

IMG_3854.jpg
時間帯,天候により美しさが変化します

IMG_3845.JPG
IMG_3851.JPG                   朝日をあびて
                    
                    雨の日

IMG_3852.jpg
IMG_3804.jpg
IMG_3806.jpg
前後左右、真上から,斜めから 全方向から作品を眺めて頂けるのでいつもの
<あゆみ作品>とちがっつた楽しみ方をして頂けたのでは。

マケットから謎解きをするように仕組みを考えだして創られた作品は数学的と
言うよりも何か<品のある艶>を想わせるうつくしさは見事です。<あゆみワールド>

IMG_3784.JPG
作品を囲んで和やかな会場風景

IMG_3866.JPG
        左より 宮下英子先生 森野かおるさま 重松あゆみ先生


今回の展覧会は1回目から9年経ちました.次回が楽しみです。何年後?

DSC05595.JPG



   ご報告は

   ケロでした









次回展覧会 
村山秀紀-表装-展  10月18日(土)ー 10月26日(日)

お出かけお待ちしております。





2014年10月 4日
*重松あゆみー陶ー展はじまりました

楽空間 2回目の登場です。
制作方法は何度お聞きしても判りません。複雑な空洞のつながりは巧みであざやかです。
今回は<丸>が特徴です。

IMG_3776.jpg
IMG_3771.jpg
10月に入りました、お出かけのおおくなる頃,祇をん小西へもおはこびください。



DSC05580.JPG


ご案内は
ケロでした。


2014年9月21日
*奈良平宣子展、ファイバー、始まりました


さわやかな秋日和、楽空間も爽やかです。

IMG_3685.JPG
赤がよく似合います.温習会の提灯の赤とコラボ?です

IMG_3671.JPG
作品と影

IMG_3696.JPG
不思議な世界へご案内

IMG_3645.jpg
一本一本手で結び目を作り一本一本のピアノ線に糸を巻く...力作の数々。

作品と作品の重なり合い、微かなゆれ、作品を透しての景色 お楽しみください

9月28日まで お出かけお待ちしています。

                      こにしいくこ




2014年9月 8日
*櫻井靖子展ー陶ー始まりました


秋一番最初の展覧会は櫻井靖子さんの登場です。
白秋にふさわしく白>です

今回は縦長の作品が登場、展示空間は不思議な雰囲気が出ました。

DSC05943.jpg
従来の丸い作品も集合 朝日を受けこちらも雰囲気抜群。

IMG_3492.jpg
ミニも登場、他に器かずかず、どれも丁寧に創られているので手に優しいです。

DSC05952.JPG
ボストン美術館で開かれていたカタログの表紙を飾って、さすがに外国での展覧会がおおいはずですね。

DSC05950.JPG

展覧会は9月14日まで 秋爽やかです,ぜひお出かけ下さいませ。




DSC05606.JPG


秋からも宜しくお願い致します。

これからもどうぞごひいきに!

   ケロ でした

2014年8月10日
*ねぶた


山谷芳弘先生(2011、 2013,楽空間で2回展覧会)を尋ねて青森に行きました。

ご子息のデザインで造られたすばらしいアトリエです。

DSC05911.JPG
DSC05913.JPG
前方左山谷先生、後方左より建築家吉村先生、染織家加藤由起さん 吉村靖子さん
今回の旅は角館。秋田竿燈祭、ねぶた、ねぷたと美術館巡りです。

ねぶたの感覚は棟方志功ー山谷先生へと繋がっていると強く感じました。

DSC05908.JPG               今年のねぶた絵


IMG_0859.JPG
                山谷先生展覧会より


海上運行と花火

なんとタイミングよく低気圧をくぐり抜けての楽しい旅でした。

                            小西いく子



2014年7月24日
作事組 お仕事

今日から祇をん小西の修繕工事始まりました。

京町家作事組のお2人お越しくださいました。
棟梁塾 一期生です。一期生は仲良しだそうです。

先ずはお塩、お米、お酒で各所お清め,大下さんの祝詞で始まりました。
さすが棟梁塾の面々、清々しい始まりです。

IMG_3376.JPG
               左 大下さん  右上野さん

IMG_3374.JPG
祇園祭り今年のポスター 大下さん登場です

IMG_3375.JPG
ようっ!!!イケメン!!!!!

IMG_3377.JPG


古来の船鉾

舳先は鷁首













IMG_3348.JPG

新しい大船鉾

舳先は大きな御幣












違いお分かりでしょうか?

IMG_3370.jpg

何はともあれ末川さん始め皆様お疲れさまでした。


工事は一ヶ月余りつずきます、暑い時ですがよろしくおねがいします。

                              小西いく子
2014年7月21日
*大船鉾

新しい大船鉾おまいりしてきました

IMG_3324.JPG
IMG_3327.JPG
設計された末川協さん(右)と山梨から来られた画家の石川浩之さん(左)
ご神体は神功皇后さんです

IMG_3328.JPG
末川さんのご縁で上に昇らせて頂きました。目の前でのお囃子,体にジンジンきます。

IMG_3350.JPG
IMG_3336.jpg
IMG_3344.JPG
階段は急なのに大変昇り降りがしやすかったです。
新しい木の香りが清々しいこと感動です。

IMG_3346.JPG
IMG_3353.JPG
末川さん 24日からの祇をん小西 工事宜しくおねがいいたします。

                          小西いく子
2014年7月18日
*御神輿さん お通り


17日 最高のお天気と気温フ〜〜 
ドンドンドン アッ!キハッタ!御神輿さんお通りの前触れです。
お迎えに門口いに出ました。神輿かきさんのピンとはった法被 地下足袋の白色が
まぶしいです。

IMG_3315.jpg
小西の真ん前です、凄い迫力、御神輿さんは西御座 かつぎては錦のかたがたです。
毎年 ガラス作家の古田利一さん、表具師の村山秀記さんお目にかかります。
今年村山さんおめにかかれませんでした。どうなさったの?

IMG_3316.jpg
懸飾品のぴかぴか光る金具をならして とてもはしゃいでおられるような!
数年前から神輿かきさん アルコール禁止?????なので活気の乏しいこと。

今年ももうお祭りまで日が過ぎました はやっ!

DSC05596.JPG

報告がおくれました
  スミマセン 
   
     ケロでした
2014年7月14日
*祇園さん お提灯


例年のごとく祇園さんに献灯しました。

10日からお提灯がつり下げられます。
どの辺の場所かな?
IMG_3279.JPG
IMG_3277.jpg
御神輿さんの中央です。
17日のお通りのおり、祇をん小西前を西御座がおとうりです。観光のかたは
鉾の巡行しか興味のない方がおおいようですが、本当のお祭りのお神輿さんを
拝んで欲しいものです。

IMG_3280.jpg
能舞台では献能のお謡が披露されていました。

IMG_3275.JPG
おくむらさん、匠奥村さん オレノパンさんのお提灯も見つけました。

IMG_3281.jpg
台風の軌道は外れましたが蒸し暑いこと,蒸し暑いこと!お祭りの値打ちです。


DSC05627.JPG
     お参りを終えて暑くてのびている

      ケロ でした


2014年7月 2日
*夏休み


早くも7月に入りました.梅雨?雨は何処にいったのでしょう。

日常は雨でない方が良いですが、雨上がりの紫陽花は美しいです。植物や野菜にとって
は喉が乾き困っていることでしょう。

楽空間 早いですが夏休みに入りました。 今月は祇園まつりそろそろお提灯の用意を
しなくては...

楽しいこと,美しいものに出会いましたらお便りお送りします。

ほな、しばらくはーーーー

DSC05633.JPG
 皆様 ご自愛くださいませ                       
                                ケロでした。


2014年6月21日
*五人ばやし展 始まりました。



梅雨だというのに晴れやかな日になりました。

IMG_3211.JPG
IMG_3227.JPG
今日のお当番は 左から 久保仁香さん(初参加)松嶋一倫さん 佐伯ちはるさん

前回の時も感じましたが 倉敷芸術科学大学の方々は上下、同級生とてもつながりが
親密です。今回参加されなかった方からの贈り物、後輩からのお花などこころ暖まり
ます。
IMG_3224.JPG
                      
           次回につづく

                         小西いく子
2014年6月20日
*五人ばやし 明日からです
梅雨の晴れ間の一日、平野先生お声がけのもとに搬入が無事に終わりました。

楽空間3年ぶり、ふたたび5人(倉敷芸術科学大学卒)の展覧会がはじまります。

IMG_3189.JPG
写真右から平野重光先生、松嶋一倫さん、左上 森本亜希子さん、佐伯ちはるさん

3年間のそれぞれの経験は、平野先生おっしゃるようにどのような美しい協奏(五人囃子)を聴かせてくださるのでしょうか、楽しみです。

IMG_3202.JPG
明日からの展覧会おでかけお待ちしております。


わーい 梅雨だ!ぼくの季節だ!
でも皆様に雨でごめいわくかけます、
展覧会きてね!
(ぼくのおともだちもふえたよ!)
              ケロより。

2014年6月15日
*丁子恵美展終わりました


暑い毎日にもかかわらずおこしいただきましてありがとうございました。

一番人気 カラフルな盃でした。40個ほど びっくりです。

IMG_3186.JPG
恵美先生と岡山からおこしいただきました嶋田ご夫妻(嶋田康祐さんご両親)

IMG_3141.jpg
           ガラスをはめ込んだ椅子

IMG_3151.JPG
           カワイイランプ達

ガラス、鉄、木、、土、全てこなされる恵美先生、素敵です、バラエテイーに
とんだ展覧会ありがとうございました。御主人のボサノバ演奏もおまけです。

IMG_3175.JPG
ボサノバ ブラジルでのサッカーこの時にぴったり!比較的歴史の浅い音楽ですね。

このリズム 大好きです。ライブよかった!



6月21日〜6月29日まで ー絵ー です。お出かけお待ちしております。

                          小西いく子




2014年6月13日
*椅子,花器,器 


               丁子先生3つの顔

IMG_3074.jpg
IMG_3096.jpg                   椅子

IMG_3134.jpg
                  花器

IMG_3059.JPG
                   器


       実力一杯、楽空間 元気です。お出かけお待ちしております。


DSC05606.JPG
        
          6月15日まで

          ご報告はケロでした
2014年6月 7日
*丁子恵美ーガラスー展 始まりました


水無月 最初の展覧会は ガラス です。
(気候不順につき 夏座敷に立て替えておりません)

カワイイ突起が特徴です。案内状作品

IMG_3015.JPG
透明作品を集めての展示新鮮です

IMG_3010.JPG

DSC05593.JPG
    
   展覧会は6月7日〜15日まで
   お出かけお待ちしています
     
        ご報告は ケロ でした
2014年6月 2日
山田晶 山田祐子展 終わりました


5月末なのに30度を越える 暑さに悩まさせられるなか 大勢方におこしただきまして
本当にありがとうございました。

IMG_2976.JPG
祐子さんのコメントのなかに「...私も兄も全ての人に,先人から貰ったものがあるのです。」とありますように 祐子さんジュエリィー,晶さん陶 と創られる方向が違う
のに楽空間には 父上そしてご兄妹と気取らない爽やかな気持ちのよい空気が漂って
いました。

IMG_2992.jpg

IMG_2889.JPGIMG_2888.JPG
          光先生 1990年代作品


IMG_2986.JPG
           晶さんと宮永東山先生(走泥社)


ありがとうございます。山田光先生にお出会いできて本当によかった!

                             小西いく子



DSC05587.JPG
次回展覧会はガラス作品
  丁子恵美展
 6月7日ー15日

お待ちしております〜〜〜
      ケロより
2014年5月25日
*山田晶 山田祐子 -陶 ジュエリィー−展始まりました


5月の薫風に乗って爽やかな二人展(兄妹)始まりました。

お二人は 山田 光先生(1923年~2001年 走泥社設立メンバー)のご長男、
ご長女です。

IMG_2934.jpg
            山田光先生作品(1980年代)

IMG_2977.JPG
             光先生のお作と晶さん、祐子さん
             (1990年代)

IMG_2963.jpg
           容子さん(お妹さん)祐子さん 光さん(お友達)
           光先生と同じお名前!

IMG_2965.jpg
           香炉 本体は晶さん 火屋は祐子さん作
           緋色とプラチナが美しく調和しています。

IMG_2981.jpg           紙風船型の水滴は光先生のお作で随分前に
           器館さんで求めたものです。愛用しています

           光先生を囲んで「祇をん小西」でよくお酒を
           飲みながらお話を伺いました。
           楽しい想いでです。

IMG_2902.JPG
           ヤッホ〜〜〜ケロがご案内致しました。

           会期は6月1日(日)まで
           お出かけお待ちしています。

フェイスブック 「祇をん小西」「こにしいくこ」で随時ご案内しております。
合わせてお楽しみください。

                        小西いく子
              
        
2014年5月19日
古川拓郎展 ー陶ー 終わりました


釉裏金彩の爽やかな碧色とプラチナで飾られた楽空間,好評のうちに拓郎展おわりました。沢山の方にごらんいただきましてありがとうございました。

5年ぶり 色,カタチ,増々美しさがましました。これからがよりたのしくなります。
ご長男 大起くん、ゲンキ ゲンキ 可愛い かわいい〜4ヶ月です。

次回展覧会を期待して ...

IMG_2816.jpgIMG_2843.JPG




DSC05617.JPG
   ご報告は ケロ でした

      次回展覧会
  山田晶 祐子 陶とジュエリィー
    5月24日ー6月1日

   お出かけお待ちしています
2014年5月10日
古川拓郎展 ー陶ー


拓郎さん 案内状の作品も展示されて搬入は無事終了。

IMG_2772.JPG
IMG_2773.JPG
釉薬が変わり優しい雰囲気がただよいます。

IMG_2775.JPG
細かいプラチな箔は上品です。陶箱、盃等そろいました。
ぜひお出かけ下さいませ。

DSC05587.JPG


ご報告は

ケロでした
2014年4月19日
*出口ふゆひ 安田辰雄 展 陶-紙


2人そろって搬入 『どうしてこのお2人なの?』
ふゆひさんの絵、安田さんの紙造形 同じ感性を感じます。

楽しいコラボになりました。

IMG_2679.JPGIMG_2681.JPGIMG_2683.jpg
でき上がりました たのしいくうかん 

IMG_2732.JPG
IMG_2708.jpg
お出かけお待ちしております。 4月27日 まで

DSC05593.JPG


ご報告は ケロ でした
   ぼくの 同類が 大勢いるよ!
2014年4月13日
*アート コスチューム アート 展 終わりました



三寒四温の温度の変化、ストーブの出番の多い会期中でした。

ええ!!楽空間 いつもと違うね! 感嘆のお声たくさんいただきました。
初日の実際に着用してのパーフォーマンスも不思議な世界でした

IMG_2539.jpg


                大野 知英
IMG_2496.JPG
IMG_2635.jpg
IMG_2523.JPG

                 松村 綾子
IMG_2502.jpgIMG_2573.JPG
IMG_2575.JPG

                  加藤 沙知

IMG_2476.jpg
IMG_2477.jpgIMG_2666.jpg
IMG_2531.JPG
                 吉田 優里
IMG_2556.jpg
IMG_2660.jpgIMG_2521.JPG


搬出無事終わりました。田仲秀彦先生お手伝いありがとうございました。

成安の美女作家次回も楽しみです。よろしく!

IMG_2678.JPG



次回展覧会
出口ふゆひ 安田辰雄 2人展    4月19日〜4月27日
お出かけお待ちしています。


DSC05580.JPG



   ご報告は  ケロ でした
2014年4月 4日
*アート コスチューム アート パーフォーマンス風景


きれいどころ お揃いで 明日に向かってのリハーサルです。

和空間 での コスチュームを着ての動き楽しいです。

IMG_2434.JPGIMG_2446.jpgIMG_2414.JPGIMG_2415.JPGIMG_2460.jpgIMG_2447.jpgIMG_2464.jpgIMG_2450.JPG
お楽しみは あ し た 7時 より  お出かけお待ちしています。


DSC05596.JPG


ご報告は ケロ でした
2014年4月 3日
*次回アート コスチューム アート展 搬入風景 その1


楽空間にゾクゾク不思議な物が運び込まれました。
段々展示されると フム フム かたちになってきました。
??? 実際に着きると?

4月5日 7時より実際に着てパーフォーマンスしていただきます。

お誘い合わせぜひお出かけくださいませ。楽しみです

IMG_2406.jpg
IMG_2394.JPGIMG_2392.JPGIMG_2396.JPGIMG_2400.JPG成安造形大学の河原林美智子先生と華やかな作家達


DSC05588.JPG


いやはや 女子力 全開だな!
うきうきするな〜〜〜

       ケロ でした
2014年4月 2日
*植葉香澄展ー陶ー終わりました



特大キメラちゃん、残念ながら楽空間の居心地がよかったのかお嫁にいかなかったので,
京北にお帰りです。

IMG_2355.JPG

香澄さんお迎えです [さあ帰ろ!」

IMG_2384.jpg
記念撮影 キメラちゃん  恥ずかしそう...後ろ姿です。

IMG_2385.jpg
IMG_2387.jpg玄関 無事クリアー よいしょ!

IMG_2390.jpg
IMG_2391.JPG
もう一ぺん よいしょ! 100キロの貫禄です。

           ご主人ご協力ありがとうございました。

4年ぶりの祇をん小西、さらに重厚感が加わり、確かな絵付けは京都の粋のようにおもわれます。おじいさん、ご両親も染織に従事されてたそうです。しっかりとした作品 カスミワールドが確立されたのでは...。特大キメラが象徴するように!

今 後 が た の し み !!!


                       小西いく子


次回展覧会ご案内
4月5日〜13日  「アート コスチューム アート」
         成安造形大学の若手作家4人で楽空間が華やぎます

           お出かけお待ちしております。


DSC05592.JPG

     
       お誘いは ケロ でした
2014年3月23日
*植葉香澄展ー陶ーはじまりました



雨の中、ご主人のご協力のもとに大きな作品が運び込まれました。

入り口通るかな? クリア!

IMG_2321.JPG
どうして上にあげよう? ご夫婦で協力。

IMG_2334.JPG
IMG_2335.JPG
IMG_2337.jpg
IMG_2339.JPG
[キメラ」かように納まりました。おおきのに何だかKAWAIi、いとおしい。

「キメラ」の仲間達

IMG_2341.JPG
展覧会は3月30日までお出かけお待ちしております。



IMG_2356.JPG


 
「デカイナアー」
キメラとツーショット

ご報告は ケロ でした
2014年3月17日
*次回展覧会

おわび
松永智美展 3月8日ー3月16日 予定しておりましたが 延期いたしましたこと
祇をん小西ホームページ、こにしいくこフェイスブックでお知らせいたしましたが、
情報が伝わらず、おこしいただいた方がおられましたら大変申し訳なく存じます。
この場をかりてお詫びいたします。

尚j次回展覧会は
   植葉香澄 ー陶ー 3月22日ー3月30日 です
      お出かけお待ちしております。
 
花見小路は都をどりのぼんぼり、提灯に火が入りきれいです。ぜひお出かけを!

都をどり.jpg

                          小西いく子






2014年3月 3日
*藤平先生を偲んで-終わりました


藤平伸先生ワールドに包まれた楽空間 正觀堂さんと同時開催でしたのでより大勢の方におこしいただきましてありがとうございました。

先生珠玉の「折り本」みなさま 感動の絵に出会われたことと存じます。

IMG_2214.JPG

毎日 「コンニチハ」 と先生のお声が聞こえるようでした。

IMG_2262.JPG
IMG_2220.JPG

連日会場におこしいただいた奥様 今年84歳、お元気でお美しく 赤色がよく
お似合いです。お疲れさまでございました。

IMG_2292.JPG
大切な折り本は「いつでもお手元で楽しんでいただければ...」との想いで藤平家から
出版されました。「梁塵秘帖」正觀堂さん名ずけ親です。夏の日の編集会議?の
日々楽しく思い出されます。

IMG_2260.JPG

絵 陶 両方を心地良く楽しませて下さる創り手は"藤平伸先生"しかおられないのでは
ないでしょうか。自由自在の世界 先生の存在は貴重です。


IMG_2276.JPG
IMG_2225.jpgIMG_2239.JPGIMG_2267.JPGIMG_2274.JPG
            先生のお好きだった歌 "赤とんぼ" 

たくさんの想い出と 楽空間の基礎固めにお力添えいただいたこと心よりお礼申します。

先生自ら自転車の前籠に乗せてひょいとお届けいただいた 陶板 嬉しかったです。
祇をん小西の宝 大切にいたします。(除幕式の様子)

DSC02246.JPG
DSC00111.JPG


寧さん 三穂さん 伸先生から受け継がれたDNA  増々の開花を楽しみにしています。

良い展覧会をありがとうございました。お礼申します。

                      小西いく子


2014年2月24日
*藤平伸先生を偲んで


楽空間 祇をん小西 陶板を制作していただいた藤平先生
今年は早くも三回忌
昨年展示された5冊の折り本が一冊のご本「梁塵秘帖」となり出版されました。


         一冊4000円(税込み)500部限定
         藤平家、ギャラリィー正観堂、祇をん小西
         で販売。書店にての販売はされていません

ぜひ 楽しみにお出かけください。 3月2日まで(通常は7時、最終日は5時まで)

搬入を終わって一息の寧さんと三穂さん

IMG_2210.JPG



IMG_0898.jpg


お出かけお待ちしています

ご報告は ケロ でした
2014年2月18日
*北村和善,美音展 その2

北村和善,美音展は大変好評で大勢の方にお越しいただきました。
ありがとうございます。

現在の陶芸界でこれほどの陶の材を自由に使いこなし、絵付け、造形をも自由に創作
される方は希有なのではないでしょうか。まさに本当の ー夫唱婦随ーと感じ入りました。

IMG_2109.JPG
IMG_0701.JPG
IMG_0705.JPG
IMG_0732.JPGIMG_0777.JPG
IMG_0787.JPGIMG_0808.JPG
IMG_0879.JPG
IMG_0882.JPG
IMG_0945.JPG
技術の粋とユニーク表現

IMG_2089.JPGIMG_2129.JPGIMG_2127.JPGIMG_2206.JPGIMG_2057.JPGIMG_2062.JPGIMG_2208.JPGIMG_2174.JPGIMG_2172.JPG

美音さんは連日美味しい玉露を持参。皆さんにごちそうされました。
そして独特の魅力的な話術、おこしいただきました皆様 大満足!

IMG_2168.JPG

            ほんまにお疲れさんどした。


                      小西いく子



次回展覧会
「藤平伸先生を偲んで」 梁塵秘帖 出版記念 定価4000円
 2月22日から3月2日 まで

 ギャラリィー正観堂さんと同時開催です

 お出かけお待ちしております。

お知らせ
松永智美展 3月8日から3月16日
延期いたします。
2014年2月 9日
*北村和善ー美音 源氏絵五十四帖  始まりました その1


寒い朝 うっすら雪景色です。
搬入から初日 ご主人和善さんもお越しくださいました。

IMG_2139.JPG
源氏絵五十四帖 そろいました。壮観です。

IMG_2119.jpg

IMG_2109.JPGIMG_2098.JPG
IMG_2103.JPG
私の好きな空蝉の段 今更ながら五十四帖目のあたりにすると 技術、集中力の
高さにおどろかされます。

IMG_2188.JPG
IMG_2184.JPG
煎茶道具全般にわたり創られるのは今では少なくなったとのことです。
凄い技術力の高さは見事としか言いようがありません。
まさに京の技と美意識の世界です。


芸妓さんの着物模様 近江八景です。これも美音さん独特の世界です。

IMG_2168.JPG
IMG_2169.JPG






 他にもすばらしい世界、ぜひお出かけいただきお手にとってごらん下さい。
(会期は2月16日までです)

お待ちしています

DSC05601.JPG



ご報告は
ケロ でした








2014年2月 3日
*西村陽平展 -Ⅱ-


西村陽平展 皆様ゆっくりごらんくださり好評をいただき喜んでいます。

先生には千葉から,初日、最終日(搬出、搬入)とご足労をおかけいたしました。
先生とお話いただいた皆様は大変満足していただようです。胸の内に何かをお土産
にされたことでしょう。

このご縁を結んでいただいた大長智広氏さん(愛知陶磁資料館 学芸員)感謝いたします。ありがとうございました。


IMG_1949.JPG

IMG_2019.JPG
IMG_2022.JPGIMG_2020.JPGIMG_2024.JPG

IMG_2014.JPGIMG_1966.JPGIMG_1968.JPG

IMG_1999.JPGIMG_1931.JPGIMG_1930.JPGIMG_1929.JPG

IMG_1997.JPGIMG_1932.JPGIMG_1934.jpgIMG_1933.JPG
静謐な空気の中で開きたかったこの展覧会、おこしいただいた方々それぞれに
何かを感じていただけたのではないでしょうか。

明日は立春 良い春が来ますように         小西 いく子

              


                次回展覧会 
           源氏絵五十四帖 北村和善 美音展
              2月8日ー2月16日
  
IMG_0701.JPG





2014年1月27日
*西村陽平展 -Ⅰ-


遠方より先生おこしいただきました。

寒中のこの澄み渡る楽空間の中で、おこしいただく方々にゆっくりと作品に対峙していただきたくこの時期を選びました。

IMG_1952.jpg

案内状の作品は、箱善のうえにおかれています。程よい高さです。

IMG_1956.jpg
            『差別語 不快語』  小林健治

痕跡本
 古本には、書き込みや本文などに線などが引いてある本がある。読んだ人が、
その時の気持ちを書き込んだり、大切だと思ったところに線を引いたりしている
のだが、このような本のことを痕跡本というそうだ。
 その古本の書き込みや引いてある線だけを残して、本文の印刷文字を消してみた。
そうすると、新たな世界が見えてくる。痕跡と時間
                         西村 陽平

古本が新たな息吹を与えられて別人のように感じられます。不思議な世界です。

IMG_1955.jpgIMG_1962.jpg




IMG_1928.JPG
焼成された文庫本

IMG_1945.jpgIMG_1939.jpg





焼成されたホウロウのボール
     と
    リンゴ









IMG_2037.JPG




搬入時の西村先生

IMG_1923.JPG
IMG_1935.JPG

遠く 千葉県よりお越しいただいた先生の教え子さんとご家族。アリガトウゴザイマス

IMG_1947.JPG

展覧会は2月2日(日)(最終日は5時まで)
ご都合で2日には先生おこしいただけるかもしれません。

お出かけお待ちしています。

                            小西 いく子
2014年1月12日
*福本潮子、小西いく子 染.花展 終わりました




新年最初の展覧会 染と花 大勢のかたおこしいただきましてありがとうございました。

山上の森林からの滝の流れ(表の間 朝ー)里の景色 水車の古板(奥の間 昼)ー
流れは海へ(離れ 夜)水の流れをたどりました。

IMG_1750.JPG
IMG_1749.JPG
       山= 森林を1本の大王松と大きな松笠で表現

IMG_1815.jpg
      里= 大きな水盤の水面にうつる苔むした白梅、水車の洒落板で
          人家を表現


能管演奏家 野中久美子さん白梅の横で演奏して下さいました。染み渡る笛の音
心が洗われるようでした。美しいこと。

IMG_1841.JPG

IMG_1804.JPG
       海= 流木に風雪に耐えた松を添え大海を表現

山、里,海へ水の流れを追い、さらに蒸発して循環する景色を楽空間にいけました。





潮子先生と吉村敏治さん,双紅さんお孫さんお揃いで!

IMG_1834.JPG

今年最初の展覧会無事終わりました,次回は西村陽平展です。今回は初日に6時から
オープニングいたしますお出かけお待ちしています。

                         小西いく子


2014年1月 9日
*福本潮子、小西いく子 染.花展始まりました


穏やかな七草の日 展覧会始まりました。

新春早々の楽空間は藍染めの第一人者福本先生をおむかえしました。

五行の木、火、土、金、水にちなみ素材を選び作家にコラボレイションを依頼。
今回は水,染めは水を使います。藍染めに決めました。
展覧会の期日は五節句に合わせました。人日(七草)=Ⅰ月7日からです。
    今まで 7月7日=七夕  土  アズレイジョ  石井春先生
        9月9日=重陽  金  金属     内田晴之先生
    今回  1月7日=人日  水  染      福本潮子先生
                 水の流れを山から海へと繋ぎます

IMG_1772.JPG
       表の間  山のイメージ 水の流れ瀧
       奥の間  里のイメージ 水車の古板で人家の風情

IMG_1746.JPG
離れの部屋の海の景色へと繋ぎます。
朝,昼,夜の景色とうつります。

染の色の美しさに魅せられます.素材の多様さと染めることのこだわりと追求
その努力に頭が下がります。きれいやわ〜〜好きやわ〜〜〜と思っていた作品
を身近に拝見すると内に秘められている力強さに引き込まれます。

力をいただきました。歳の初め今年も元気にいこう!
潮子先生ありがとうございます。

みなさま本年もよろしくおねがいいたします。お出かけお待ちしておます。
(展覧会は12日(日)まです)

                     小西 いく子

                     





2014年1月 1日


新年明けましておめでとうございます。
穏やかな元旦、このような日々がつずきますように。

楽空間 Ⅰ月7日から福本潮子先生(染)と小西いく子(花)で始めます。
本年もよろしくおねがいいたします。

DSC05738.jpg
                   小西いく子

IMG_0900.jpg




ケロ もあいかわりませず
   よろしくお願いします。
2013年12月 7日
*干支と縁起物展 始まりました


楽空間 午、馬.うま,ウマ、でうまっています。

元気な午さんたちのお集りは50人あまりの作家さんの力作ぞろいです。

IMG_1668.JPG
IMG_1652.JPG

IMG_1648.JPG




















IMG_1622.JPG




















IMG_1597.JPG












IMG_1612.JPG


IMG_1663.JPG


















IMG_1623.JPG

















ケロの友達も来てくれました。たのしい〜〜〜〜!

DSC05586.JPG今年最後の展覧会です。
12月15日まで
お出かけお待ちしていす。

ご報告は ケロ でした


2013年12月 2日
*大人のクリスマスおわりました



楽空間の大きな樅の木こんなに小さなのが200個飾られていたのです。

IMG_1547.JPG
IMG_1575.JPG
IMG_1562.JPG
tree2013切り抜き.jpg
大勢の方に楽しんでいただきました。ありがとうございました。



IMG_1588.jpg
赤いボタンの本をみつずけてくたびれた!

次回展覧会の馬ちゃんに繋ぎます。

ケロでした
      


IMG_0892.JPG




干支展 12月7日ー15日
お出かけお待ちしています。
2013年11月23日
*戸矢崎満雄展 <TREE> 立体


楽空間に大きなクリスマスツリィーが据えられました。

IMG_1513.jpg
小さな可愛い???が飾られています。
樅の木は戸矢崎ワールドでいっぱいです。

IMG_1446.jpgIMG_1449.JPG
























森水さんお手伝いをして下さいました。小さな子供根付けの飾り付けは、大変お手を煩わせました。
かわぃい〜ですが,お手間入り.お疲れさまでした。

IMG_1476.JPG他にミニ盆栽は ウルトラマン,キューピーさん、キンギョ、いぬ、カタツムリ......
そして ケロ の親戚も登場


IMG_1492.jpg

とにかく楽しいです。深まり行く秋 楽空間にお出かけください。

大人のクリスマスをぜひ。

IMG_1493.jpg



先生のボタンの赤い本
いいね!


展覧会は12月1日まで
よろしく!

ケロでした。
2013年11月17日
*展覧会終わりましたー京都芸術大学大学院工芸科有志-陶-漆-染織



連日賑やかな楽空間 京芸大学院生展覧会 終わりました。

IMG_1442.JPG
IMG_1444.JPG
3専攻合同の展覧会は初めてとのこと、各自で楽空間の場所を選び制作されました。
かぶること無くバランスよく展示されよかったです。先生方 ほっ!!
諸先生ご心配おかけしました。ご協力お礼申します。

参加の皆様より花束いただきました。嬉しいです。早速,飾りました。

IMG_1435.JPG
IMG_1438.JPG
おこしいただきました皆様、ご意見ご感想をお寄せくださいませ。

参加いただいた皆様更なる良い作品造りに頑張って下さいね。
ありがとうございました。

では スイッチ OF

IMG_1396.JPG

                    小西いく子


次回展覧会
11月23日〜12月1日   戸矢崎満雄ー立体ー
2013年11月12日
*展覧会ーⅡ(京都芸大工芸科 院生 教員 有志)


つづき

賛助いただきました諸先生の作品をご紹介

今回のテーマ<尺とり遊び>を遊んでくださった

大矢一成 先生  <尺とり茶杓>

IMG_1362.jpg
        古い物差しを茶杓に 尺取り虫???

IMG_1366.jpg
IMG_1314.jpg

藤野靖子 先生   <in the garden>

IMG_1356.jpg
IMG_1359.jpg

笹井史恵 先生  <もも蓋物>


IMG_1302.JPG

森野彰人 先生  <キラカワ蓉>

IMG_1301.jpg
安井友幸 先生  <窟>

IMG_1352.jpg
         <悠久>

IMG_1324.jpg
栗本夏樹 先生  <平城京>

IMG_1361.jpgひろいのぶこ 先生  <遍照>

IMG_1305.JPG

三橋遵 <BEHIND COLOR  2>

IMG_1355.jpg

諸先生 お力そえいただきましてありがとうございます。



展覧会は11月17日(日)まで(最終日は5時まで)

お出かけくださいませ。

                       小西いく子


2013年11月11日
*展覧会始まりましたー京都芸術大学大学院工芸科有志-陶-漆-染織





IMG_1341.JPG


さて2日間の搬入につづいて展覧会風景です。


IMG_1173.JPG

IMG_1226.jpg



今回の展覧会は院生の方々に全ておまかせしました。

陶磁器、漆工、染織3つの専攻が1つの空間に集うのは初めてとか。

総勢 18人 どうなるか楽しみです。


何回も会合をもって、何度も空間を確認、段々と盛り上がりを感じました。

***************************************

みんなで展示概要をきめて

「尺とり遊び」をテーマーとし、祇をん小西で、それぞれが見つけた空間が持つ魅力と

雰囲気を<尺>としてこの展示空間を活用する作品を各々が新たに制作しました。

アプローチの仕方のことなる工芸3専攻の作品たちが存在することで、この空間にあらた

な魅力が添えられることを期待します。

それぞれの個性がこの空間をどのように遊び尽くすかをお楽しみください。

****************************************


つずいて 作品いろいろ、空間いろいろ、コメントいろいろ


IMG_1090.JPG

DSC05727.JPG

* 瀬戸 理紗子 <染織>  「シークレットスペース」

「子供の頃、いつも遊んでいた「押入れの秘密基地」。そこには、自分たちだけの世界が存在しているように感じていました。そんなことを思い出した祇をん小西の押入れに、その記憶を記してみました。」

    k-作品のむこうは押し入れです。何がはいっているの? それはヒ,ミ,ツ







IMG_1163.jpgIMG_1223.JPG
* 塚本 春日美 <陶磁器> ワンダフルろうか
いつもは横切られることの多い小西の廊下、楽しい展示空間への入口になっています。
どうかお気をつけて。
         kー動植物がうごめいています。たのしい〜〜〜



IMG_1271.JPG
IMG_1237.JPG
* 尾島 華子 <染織> 宿りて、拠りて
「畳の縁を踏んだらあかんよ」
大切にされた畳の縁には何が住みつき、何が暮らすのでしょう。
昔に躾けられた記憶とともに、小西さんのお家の畳の縁の世界に、生き物の暮らす気配を染めつけました。

       kー作品は何処? 神はあなたの頭上におわします。
         (神罰を恐れて写真は一部しか取れません)




IMG_1192.JPG
IMG_1212.jpg
* 小川 文子 <陶磁器> 群青
     
離れの空間の印象より着想し、水面をイメージして制作しました。
周りに敷き詰められた小石から型を取り、陶土で成形し青い釉薬を掛けて焼成後、研磨しています。
直線的な要素の多い日本家屋での展示は、配置のバランスが難しく、楽しかったです。

     k−そうなんです。いく子-はなの展覧会のおりに蓮池のイメージを
       
       作りたくて建築家に依頼して出来た空間です。(四帖半です。)

       群青色の石は周りの那智黒石が原型です。どれがモデルかわかりますか?




IMG_1083.JPG
IMG_1086.JPG
* 鄭炳蜜 <漆工> ひそかに咲く Ⅰ Ⅱ
素朴な美しさを持っている野生の花に魅力を感じ、野生の花をコンセプトに制作し
ました。
         k−不思議な花 花盗人はだれ?。



IMG_1261.jpgIMG_1268.jpg
* 畑 景子 <漆工> 「蜘蛛の糸」
芥川龍之介の小説場面になぞらえ、制作しました。
祇をん小西の空間には、異世界に続いていることを予感させる、すてきな魅力があります。
         kー蜘蛛の糸は 天国へか地獄へか?




IMG_1255.jpg
IMG_1257.jpg

* 山西杏奈 <漆工>  見えない地面
空間の間に見えない一層の面をつくろうと思い制作しました。       
          kー京は重層の上に今がある。



IMG_1275.jpg
IMG_1276.jpg
* 小林誉子  <染織>  ハニカムシステム
 蜂は最も効率的で完璧な形を作る。でも、順序を他によって妨害されても対応できない。私は応用がきかないからこそ、常に完璧な形を作れる危うさに興味を持った。祇をん小西にある灯籠を見て、私はこのようなことを考えました。
          k−釣り灯籠の金目から蜂?(完璧な形...)
            思いがけないみっけ!            
            蜂蜜が採れるかしら。




DSC05724.JPG
DSC05723.JPG
* 金基煥 <染織> 畳神~畳を作り賜う

「畳神様、畳を作って下さってありがとうございます。」

         kー神様は創造主 虫もつくり 畳を織っています。





IMG_1075.jpg
IMG_1277.JPG
* 民輪香奈 <染織専攻> はずかしがり屋 
 一人暮らしの家に出来る蜘蛛の巣の製作者は、ほとんど私に姿をみせることは
 ありません。恥ずかしがり屋です。

 そっと覗いてみてあげて下さい。
       
          k−夜に出る蜘蛛はこわいです。でも恥ずかしがり屋の蜘蛛さんは
           カワイイ〜〜〜〜





IMG_1164.JPG
DSC05722.JPG
* 李ジウォン <陶磁器専攻> とどく
    小西の中を見回していると、郵便物を入れる差し入れ口がすぐ目につかない所に    空いていることが素敵だなと思いました。小さい差し入れ口でも周りとの調和を    大事にする日本人の繊細さを感じます。私は、京都を代表する町にあるこの小西    に届いた「小包み」のようなものを作り、自分の思いをハングルで書きました。    言語は違いますが、私の思いが見る人々に届ければ、嬉しいと思います
   
          kー封を切る時のドキドキ感は遠い昔、
           今は指ですーすー スマホ
           祇をん小西の郵便受けはいつまでも郵便を
           お待ちしています。




IMG_1158.JPG
IMG_1161.JPG
* 青山春香  <陶磁器>   不涸
    小西さんの建物の中にある井戸から着想を得て作りました。
    光を反射して、つやつや、きらきら、ゆらゆら。表情の違う水面をお楽しみ
    ください。
   
       kー井戸から生まれた碧衣の麗人 光をうけて華やぎます
        つやつや、きらきら、ゆらゆら




 
IMG_1300.jpg
IMG_1290.JPG
* キムジュンレ <漆工専攻> かくれんぼ

  「漆のものは昔生活用品であり、ただ飾って楽しむだけではなく、触ったり使ったり  して、無意識的に作品の美しさや味などを感じていたと思います。そういう考え方で  今回の作品は電気のひもに付けて毎日小さい楽しさを感じられる作品を作りまた。」

        kーカワイイね何となく 大ちゃんと呼びたくなる。
          毎日明るく元気でいよう!




IMG_1236.jpg
IMG_1291.JPG

* 王クリス <陶磁器> The white specimen
               私は自然物の柔らかさをモチーフに抽象的な造形を作り、主に白い形に色を
              組み込んで飾る、白と色彩のコンビネーションで観客の目と気分を刺激する
             造形と色の組み合わせの表現を探りたい。

          k−白の生命が木をくりぬく
           色の世界は何処へ
           屍になるのも知らず





IMG_1342.jpg
IMG_1345.jpg
* 大原 美樹  <陶磁器>  間
   祇をん小西の空間と作品の間にあるもの  調和した雰囲気といったものです。
   それから、かたちとかたちの間にある  大胆な余白のこと
   垣間見える隙間のなかにも余白の世界があるものを作りました。
   何もない余白の部分をみせるためにかたちや植物があります。

         kー余白の美 日本の美意識です
           日本画を彷彿させられます




IMG_1149.jpg
IMG_1171.jpg
* 趙智英  <染織> 手遊び
 私が作品を作る時に尺になるのは自分の手であり、作品を作って行く手の動きを表現しました。この作品は小西という町家ギャラリーに訪ねた時、この空間になじむような作品にしたかったので、色は穏やかな色を使用しました。生地は照明のカバーにするために透けて見えるようにたて糸の本数を減らして織りました。色はたて糸に捺染し、絣のように現して見ました。
         k−優しい手で織られた布は穏やかな灯りを照らし出します。
          ほっとする空間 癒されます







IMG_1335.jpg
IMG_1175.JPG
* 下迫 良輔  <漆工>  無題
     組んで、ならべて、遊びます。
     畳の上では、どんな遊びになるでしょうか。              
         k−組んで ならべてあります。
          さてどんな遊びをしょうかな

IMG_1187.jpg
IMG_1215.JPG
* 竹本 伊久美  <陶磁器> まいふんまいびょう
      七人の小人が、よくわからないものになっていきます。

          k− 毎日小人さんへの水の補給??が楽しみです
IMG_1392.jpg
水補給3日目
内蔵が?現れてきました。
こわ〜〜〜い





                    k−は konishi  ikuko コメントです)

次回は賛助いただいている先生方の作品をご紹介いたします
DSC05587.JPG

   
 ケロ より      

2013年11月 8日
*搬入-Ⅱ- 京芸大学院工芸科有志展

6日につずいての搬入です。

IMG_1147.jpg
IMG_1100.jpg
ちょっと一服 三橋先生よりいただいた御座候をぱくぱく

出来上がりをみんなで作品解説  つずいて一部をご紹介

IMG_1116.JPG

IMG_1149.jpg
IMG_1150.jpg
諸先生方もおこしくださいました

IMG_1095.jpg左より 森野彰人、安井友幸、藤野靖子、大矢一成、諸先生

賛助出品いただいてます

IMG_1153.jpg

明日から17日まで18人勢揃い作品です。楽しみにお出かけください。

作品ご紹介は明日。ご期待!!!!!


DSC05631.JPG


 ご報告は ケロ でした
2013年11月 7日
搬入-1- 京都市立芸術大学大学院工芸科有志


今回 漆芸、染織、陶 専攻有志総勢18人 搬入1回目行われました。

晴天です

IMG_1062.JPG
IMG_1064.JPG
IMG_1071.jpg
IMG_1072.JPG三橋遵先生がお越しくださいました。先生を囲んで。

IMG_1073.JPG
設置完了作品も
IMG_1092.jpg
IMG_1080.jpg
8日は2回目の搬入です。つずいてのご報告お待ちください。

先生方からの応援作品も届きます。お楽しみに

DSC05606.JPG


ご報告は ケロ でした

会期は11月9日ー11月17日  
2013年11月 3日
*山谷芳弘展ー絵ー終わりました 


遠路青森より応援団おこしくださり賑やかに幕を閉じました。

先生のお人柄がしのばれます。

お疲れさまでした、次回をお楽しみ!

IMG_0856.JPGIMG_0860.JPG
IMG_0852.JPG
IMG_1060.JPG
向かって左 山谷先生 応援団の皆様

みなさまありがとうございました。



次回展覧会 京都市立芸術大学工芸科有志 (漆芸、染織、陶)
       11月9日ー17日

お出かけお待ちしています。

DSC05617.JPG


ご報告は  ケロ でした
2013年11月 1日
*山谷芳弘展ー絵ー(Ⅱ)


晴天がつずき気持ちのよい毎日です。
展覧会は後2日となりました(11月3日まで)

楽空間も先生のきれいな色彩としゃれた字で良い感じです。

岩木山
IMG_0858.JPG
黒谷の和紙を使った軸IMG_0881.jpg
加藤登紀子さんの倶楽部志掲載の作品の一部IMG_0895.JPG
IMG_0897.JPG
ほかにも掲載された作品が届いています。
お登紀さんもおっしゃるようにとてもダンデイーです。
お若い方に囲まれた山谷先生

IMG_0876.JPG


ささっ〜〜〜〜と祇をん小西を描いて下さいました。良いでしょ!!!

IMG_0893.JPG
お出かけお待ちしています。

                小西いく子
2013年10月28日
*山谷芳弘展ー絵ー(Ⅰ) 


青森から2年ぶりおこしいただきました。

爽やかでしゃれた楽空間になっています。

IMG_0854.JPG
先生おきにいり ねぶたを思わせる <鬼>

IMG_0859.JPG
谷川俊太郎の詩 を先生のセンス抜群の筆致で。『道』

IMG_0847.jpg
IMG_0853.JPG
IMG_0883.jpg
しゃれた字と絵 赤い唐辛子の絵と 一味の演出 の字 

他の絵は観てのお楽しみ!お出かけお待ちしています。
先生はずっとおこしいただいてます。

11月3日まで お出かけお待ちしております。

DSC05582.JPG
 

     ご報告はケロでした
 
2013年10月22日
*2013瀬戸内芸術祭-秋


10月21日、22日 両日 秋晴れに恵まれ楽しく豊島、男木島、高見島、粟島を
巡りました。

 21日 早朝,時間を有効に使おうと京都駅のシャッターの上がるのを待って
午前4時半)お友達と一路宇野港に向かいました。

*豊島に無事到着 折角 早く着いたのにオープンはなんと10時〜10時半から。

DSC05559.JPG
豊島美術館外観 すばらしい内部でしたが撮影禁止!ショップの風景と棚田

DSC05565.JPG
DSC05568.jpg












バス〜船の便が悪い(一日に一本)ので早いめ移動,男木島へ








*男木島



ここは嶋田康祐さん(2011年祇をん小西で展覧会)の参加の島です。

康祐さん(紙)お兄さん(木工)お母さん(フラワーアレンジメント)
楽しい空間です。

DSC05609.JPG
DSC05606.jpg
DSC05604.JPGDSC05607.jpg
島の皆さんが気持良く協力をして下さるそうです、お花の提供、ワークショップに参加と

嶋田さんおすすめの会場へ、凄い階段と坂です。ああしんど!

DSC05574.JPG
DSC05583.JPG

DSC05595.JPG
DSC05600.JPG
男木島は船から見える家々が段々畑のように美しい島です。一足中に入ると階段、坂が
こんなに凄いとは...大変わたしには住めません。

貝の天ぷらとビールでホッコリ一息、今晩泊まりの四国多度津へ向かいまました。


*高見島

22日 多度津港の早朝6時から開店のおうどん屋さんで朝食、船で今回メインの
高見島へ

内田晴之先生(楽空間で9月に金属と花でコラボしました)小川文子さん田辺桂さん
除虫菊を使っての巨大蚊取り線香作品。

DSC05650.jpg           除虫菊

DSC05631.JPG
DSC05629.JPG
DSC05647.jpg           壁の味がなかなかです。

DSC05643.jpg
DSC05634.JPG
DSC05641.JPG
空間は色彩のバランス、丸と四角のバランス、気持ちよい緊張感に包まれていました。,香りは除虫?でなく何となく人の心を落着かせてくれました。

きつい坂を登ってきてヨカッタ。うわ〜〜先生が熱心に通われたことがよくわかりま
した。他の作品では感じられないびしーとしたところが先生らしく一番ではないかと。

その上に島人のコーヒーやお茶のおもてなしに心豊かになりました。感謝です。

外の作品

DSC05664.JPG
DSC05628.jpg
DSC05627.JPG
DSC05611.JPG
DSC05654.JPG
坂と階段 サヨウナラ 粟島に向かいます。


*粟島

一番良かった作品
DSC05680.jpg
DSC05677.JPG
ガーゼにパラフィン処理して、5枚のかたを張り合わせての舟形だそうです。
地元の方のうれしい言葉。
『美しい状態で見ていただきたいので常に埃を払う掃除をしています。』
今回思ったこと
*地元の方が楽しんで協力しておられる様子が気持ちよかったしまた島々の特徴が
 よくわかったこと。地形の厳しさ廃屋が多いのも仕方ないように思われます。
*杖をつきながら坂道.階段をのぼって展覧会を廻っておられる方々、グループで廻られる方々、あちこちで<老パワー>全開でした。四国側から多くこられていました。このパワー日本を元気にするのにもっと使えないものでしょうか???

お土産は 快晴に恵まれ 日焼け でした。

                    小西いく子




2013年10月13日
*寄神宗美-陶-展 始まりました


10月半ばなのに日中の日ざしの強さ、地球はどうなっているのでしょか?

楽空間はすっきりです、展覧会始まりました。

IMG_0793.JPG
宗美さんのRE-CREATIONS しっくりはまっています。

今回のdmの作品 <手> が優しいです。

IMG_0814.JPG
思いがけない発色!!! ハリガネを用いてとか。

IMG_0819.JPG


他に オブジエ、器 いろいろ ぜひお出かけください。お待ちしております

DSC05587.JPG

ご報告は

ケロ でした
2013年10月 7日
*野田凉美展終わりました

10月に入っても日中の暑さ扇風機の再登場の毎日でした。

楽空間はカラフルで不思議な空間となりました。

IMG_0712.JPG
高血圧、アルツハイマー、肝臓...沢山の薬のぬけがら、凉美先生の手にかかるとまるで
ケーキのようです。

IMG_0751.jpg
大坂松屋町のおもちゃ屋さんで見つけられたカルタは表具やさんに裏打ち
を依頼、しっかりしたカルタとなりました。箱の内側には金箔を。

IMG_0736.JPG
IMG_0719.JPGIMG_0718.jpg














展覧会の名残
新しい畳の上に展示,早めの搬入で10日余り
畳みに名残がのこりました。
きれいです
DSC05555.JPG
<商品価値のある言葉>捨てられるもの,役目ををえたものたちは 凉美先生の手を通過して美しく価値あるものとなり楽空間で表現されました。 見事!

DSC05592.JPG

見事、見事

ご報告は 

ケロでした。








次回展覧会ご案内

10月12日ー10月20日
寄神<陶>展
オブジエ、うつわなど


お出かけお待ちしております。


2013年9月28日
*野田凉美展 搬入風景


秋晴れの1日学生さんのお手伝いの元にどんどん作品が仕上がっていきます。

IMG_0688.JPG
IMG_0703.jpg
これが作品の素材になるの??? 是非おこし下さい。オバQも登場です。
作品と畳、見事にフィットしています。きれいです。

IMG_0706.jpg

「コンニチハ...」襖が届きました。

きれいに仕上がったのでご満悦の表具屋さん。ジャガード織の布がはられています。

IMG_0683.JPG
楽しく身につけていただくいつもの編みのベストや他の作品も届きます。
続きは楽空間にお越しいただいてのお楽しみ...

DSC09044.JPG

展覧会は9月28日から10月6日です

お出かけお待ちしています。

             ケロより
2013年9月16日
*内田晴之、小西いく子ー金属、花 終わりました




晴天つずきの毎日大勢の方におこしいただきましてありがとうございました。

最終日は台風の影響で雨になりました。
お足下が悪いのにお出かけいただき大変申し訳なくおもっております。
楽空間は雨の影響で少し暗く、大きな作品の影がより美しく光ました。
小さな庭は雨を受けしっとりしています。感覚装置が雨音のリズムを刻みます。

DSC05541.JPG
ちょっと良い写真

DSC05534.JPG
DSC05524.jpg
DSC05469.JPG
IMG_0597.jpg
DSC05493.JPG
DSC05496.jpg
IMG_0640.JPG
IMG_0604.jpg
IMG_0664.JPG
IMG_0669.JPG
IMG_0679.JPG
長々 ごらん下さいましてありがとうございました。

次回展覧会
野田凉美展 9月28日(土)〜10月6日(日)
お出かけお待ちしております。
        
                        小西いく子



*************************************
大雨お見舞い申します。
京都桂川、鴨川の濁流驚きです。
幸い 祇をん小西 東山に近く被害はありませんでした。ご休心くださいませ。
優しくお見舞いのお言葉いただきました方々にお礼申します。
ありがとうございました。

                        小西いく子
*************************************


2013年9月14日
?不思議

今回の展覧会作品
『どうしてこんなに止まっているの?』
『どうして揺れるの?』
お嬢さん二人の疑問。みんなそう思っています。

DSC05531.JPG

DSC05548.JPG
DSC05549.JPG
大きなオブジエ、和空間、着物姿、いいでしょ!

うれしい飛び入り
能管奏者の野中久美子さんお越しくださいました。
いく子花の前で、<正調音取>を演奏して下さいました。
畠山崇さんがとても美しい写真を撮って下さいました。さすが!

_O0X0211.jpg
_O0X0212.jpg

展覧会は15日 5時までです。是非ご覧下さいませ。

DSC05588.JPG


ご報告は
ケロ でした

2013年9月11日
*内田晴之-小西いく子 金属-花 始まりました


爽やかな朝、長雨から解放され晴天で迎えた初日 9月9日ー重陽の節句です。

エッ!!!!!大きい  開口1番の皆様の声

DSC05502.jpg
IMG_0589.JPG
楽空間 始まって以来 最大級の作品です.なんとスイングするのです。
素材は アルミ シルバーの輝きが何とも美しいこと、爽やかな緑の谷渡りを
添えました。

DSC05527.JPG
DSC02901.jpg







   ちなみに
   いままでの最長は三橋遵先生作品
         (2012年)

   吉水絹代先生作品

         (2013年)
    どちらかな?

IMG_0134.jpg












IMG_0602.jpg
庭から離れの景色 微かに見える鶏頭の花のオレンジ色 黒、銀, 朱のコントラスト
を楽しんでいただければ...

何と,野中久美子さん(能管奏者)おこしいただき演奏をして下さいました。
金と秋にふさわしい曲目 平調 です

IMG_0585.jpg


重陽の節句 菊をアレンジしました。白、黄、赤 被綿、菊酒も添えてみました。


DSC05462.jpg
DSC05495.JPG
他に秋の風情の花、抽象画のような花もいけました。
是非おこしくださいませ。そして大きな作品を揺らしてみては!!!!

IMG_0635.jpg
展覧会は9月15日(日)まで
     11時〜7時(最終日は5時まで)

お出かけをお待ちしております。
                           小西いく子
2013年9月 5日
*搬入


楽空間後期の第壱号展覧会、内田晴之先生の作品が搬入されました。

ぎりぎり玄関をクリアー 中の間と奥の間つずきに据えられました。
ひや〜〜〜大きい!!!

DSC05457.JPG
案内状の作品です

DSC05459.JPG

さてさて いく子ー花ーはいかなることになる
のでしょう?

ワクワク、ドキドキ 緊張ぎみのいくこはんです。





DSC05631.JPG


ご報告は

ケロ でした。

お出かけお待ちしております。
2013年8月 1日
*瀬戸内国際芸術祭  IN 女木島

7月下旬 陶芸家 藤平三穂さんと「どこかの島に出かけましょう〜〜」

DSC05421.jpg
女木島を選びました。小さな島,きれいな砂浜があり海水浴客も見られました。

DSC05418.JPG
DSC05419.jpg小学校の廃校での展示 (左側 三穂さん)
DSC05393.jpg
DSC05410.jpg
ブイに植えられたヤシの木すっかり根がはったそうです、アートも根ずくように!
DSC05414.jpg
廃屋でのメタリックな作品 なかなかです
DSC05375.jpg
DSC05376.jpg
DSC05381.jpg
DSC05388.jpg
女木島又の名を鬼が島バスに揺られ洞窟へ
DSC05352.jpg
DSC05347.JPGDSC05344.JPGDSC05356.JPG

DSC05367.jpg




IKUKO in megijima       (廃屋をパチリ)

DSC05389.JPG
DSC05370.JPGDSC05372.JPGDSC05390.JPG
DSC05391.JPG














DSC05413.JPG

何回おとづれてもいい 猪熊弦一郎美術館 満足度倍増のアートの旅でした。
2013_0729淡路0028.JPG2013_0729淡路0034.JPG
2013_0729淡路0033.JPG


DSC05637.JPG

みなさまよい夏休みを!!!

             ケロ でした
2013年7月14日
*アートカウンシル うちわ展 終わりました 楽空間は夏休みに入ります


夕立ならぬ、朝,昼,夕方、と当然の雨に戸惑う此処2、3日でした。

浴衣姿のお嬢さんさんたち お、き、の、ど、く

様々の表情の団扇 賑やかな楽空間でした。

IMG_0493.JPG
IMG_0483.JPG




楽空間 明日から夏休みに入ります。

後半の展覧会は9月9日(重陽の節句)から始めます。

<ステンレス作品>の内田晴之先生と小西いく子<花>のコラボレーションです。

5月の連休の1日比叡平の工房にお邪魔しました

DSC04861.JPG
DSC04869.JPG
お庭の作品群からDSC04864.jpg
DSC04862.jpg
DSC04860.JPG
展覧会の作品はまだでしたがお話をうかがい美味しくお茶をいただきした。
雑木林を切り開き作られた工房、テラスからは正面に近江冨士が眺められて
素敵なところでした。




今年の夏休みは展覧会に向かって緊張です。どうなるかしら ドキドキです。



みなさまどうぞよい夏をお過ごしくださいませ。

                          小西いく子


2013年7月 8日
*アートカウンシル うちわ展 始まりました


うちわ うちわ うちわ たくさん集まりました
今年の猛暑をたのしい団扇で乗り切っていただければ...

IMG_0450.JPG
IMG_0454.JPG
IMG_0453.JPG
7月14日まで 11時から7時 (最終日は5時まで)

DSC05592.JPG



ご報告は
ケロでした
2013年7月 1日
*川添洋司展-終わりました



暑い日、大雨の日 入り交じる会期中でした。網代,御簾 涼感漂う夏座敷です。
IMG_0319.jpg
IMG_0324.jpg
平面、木彫 力量が感じられる作品群。 想像をかき立てる流木群
IMG_0368.jpg
IMG_0267.JPG
髑髏を掲げた 一休禅師 『ご用心 ご用心...』
IMG_0357.jpg
IMG_0330.jpgIMG_0364.jpg
IMG_0365.jpg
IMG_0333.jpg


オランダからの植物,大事に水やりにつとめます

IMG_0436.JPG


川添先生くれぐれもお酒飲み過ぎご注意を!!!!無理かな? 麻紀さんの心中
お差っし申します。  お疲れさまでした。



DSC02106.JPG

飲み助 伝染しちゃった

ウイ!

ケロでした










次回展覧会

アートカウンシル うちわ展
7月9日〜14日 (会期期間ご注意ください)


2013年6月22日
*川添洋司展-木彫-造形-平面始まりました



長雨が上がりました.ほっ!

楽空間が喜んでいます。作品がいっぱい。
自然を素材に造形の妙が冴え渡ります。『スッカとキマッテますね...』とお客様。

IMG_0321.jpg
案内状の植物(オランダの草花 2年掛かりで育成されました)見つかりますか?

IMG_0347.jpg平面と立体とのコラボです

IMG_0318.jpg
川添先生とコニシのコラボです(ほかにもチョットお花を添えてます,見つけて!)

搬入時の川添先生 お疲れさまです。よろしくおねがいいたします。

IMG_0342.JPG
6月30日まで。自然と戯れに是非楽空間へおこしくださいませ。
お待ちしています。

                        小西いく子
2013年6月18日
*藤平伸先生を偲んで 終わりました


連日暑い日がつずきましたが、正観堂さんと同時開催でしたので大勢の方におこし
いただきました。ありがとうございます。
今回初公開の折り本にみなさま大感動、ゆっくりみて頂きました。
5本のうち今回は3本,残りの2本は来年2月の先生のご命日に合わせて公開させ
ていただく予定をしております。

折り本から

IMG_0164.jpgIMG_0157.jpgIMG_0165.jpgIMG_0166.jpgIMG_0167.jpg先生のお仕事場、窯場、轆轤引く人、字体のたくみさ、画面の配置の妙...すばらしい!
まさしく藤平伸先生ワールドです。

来年2月もお楽しみに!(日程は後日お知らせいたします)

                        
次回展覧会
6月22日から6月30日 川添洋司展
お出かけお待ちしています。

                         小西いく子



2013年6月 7日
*『藤平伸先生を偲んで』始まりました


梅雨入り???ホンマでしょうか?暑い日がつづいています。

楽空間 夏座敷にかわりました。

DSC05172.JPG
昨年2月に89歳でご逝去されてから早くも1年余り、早く月日がながれました。
先生の絵を中心に展覧会を開いています。
いい展覧会をさせていただき、御奥様、寧さま 三穂様に感謝いたします。

珍しい<折り本>の展示。皆さん熱心にごらんになっておられます。
お人柄が偲ばれるいい作品ばかり。楽しいこと,楽しいこと。是非ごらんくださいませ。

DSC05226.jpg
DSC05156.JPG
DSC05182.jpg
DSC05158.JPG
初日 奥様 お着物でお越しくださいました。お元気でなによりです。

入り口右側の陶板は先生が創って下さいました。祇をん小西の宝物です。

185-2.JPG

先生にお出会いできたこと本当に嬉しくおもいます。

展覧会は6月16日までです。おでかけお待ちしています。

正観堂さんと同時開催です。両方よろしくおねがいいたします。

DSC05586.JPG



雨降ってけろ!

ご報告は ケロでした
2013年6月 3日
*ギャラリィー栄光舎さん(鳥取県)へ行ってきました



緑の風のさわやかな日です。車窓からの山々は若葉からもう夏に向かっています。

ご開廊30年おめでとうございます。
陶の詩人 『藤平伸 追悼展 』

100点以上はあるでしょうか、見事!の一言です。

松本さんにお断りを入れて写真を撮らせて頂きました。一部ご紹介。

DSC05126.jpg
DSC05148.jpg
どこかでみたような絵!栄光舎さんの包装紙の原画です。

DSC05127.jpg
DSC05152.jpgDSC05144.jpg
松本さん50歳代のときの先生とのツーショット写真。

DSC05138.JPG
DSC05145.JPG
劇団の新人のとき団長の影響で随分古美術をみて廻られたとか、そのとき先生の作品にも出会われ、以来ず〜〜〜と。 松本さん最初に購入された作品

DSC05143.JPG
珍しいのを見つけました

DSC05137.JPG
DSC05128.jpg
DSC05131.JPG
ほんまに先生の作品ですか?ちゃんと<伸>の印が押してありました。この世界は
三穂さんが継いでおられるのでは?  寧さんはこの釉薬かしら。

DSC05147.jpg

松本さん『.........誠実で謙虚な先生でしたね...』目に光るものを感じました。
いつまでお話をつずけてもつきることはありません。
一番最初に会場を一望したとき涙がこみ上げました。すばらしい世界です。
松本さんのおかげで身近に沢山の作品を拝見して<伸先生ワールド>を堪能させて
いただきました。昨年2月89歳でご逝去。さみしいです。

先生にお出会いできたことほんまにうれしいです。

ご冥福をお祈りいたします。

松本さんありがとうございました。

DSC05134.jpg
ギャラリィー栄光舎開廊30年記念 
   陶の詩人 藤平 伸 追悼展   6月10日まで
   鳥取市青葉町2−202 ☎0857ー26ー5935    

          水無月三日          小西いく子



2013年6月 2日
*吉水絹代展 ー織ー 終わりました


梅雨入り宣言ありましたがいい日に恵まれ大勢の方がおこしいただき大盛況のうちの
終わりました。
楽空間、思わぬ広さに見えて驚きました。作品の持つ大きな力です。

ちょっといい写真撮れました、如何でしょう?

DSC05036.JPG
DSC05102.jpg
DSC04954.JPG                 朝日
DSC05068.jpg
              ガラス戸を通して 夜
DSC04984.jpg
DSC05054.JPG
            吉水絹代先生と(右)お歴々の面々
DSC05124.JPG
お越しいただきましたみなさまありがとうごいました。


次回展覧会ご案内

130308_027 14-14-15.JPG
『藤平伸先生を偲んで』  6月6日(注)木曜日〜16日 日曜日

正観堂さんと同時開催です お出かけお待ちしております。

                           小西いく子
2013年5月25日
*吉水絹代展 ー織ー 始まりました



楽空間 薫風が<水>の上を渡ります。

案内状の作品 タイトル 『遥 Ⅰ Ⅱ Ⅲ 』ブルーがきれいです

 
DSC05040.JPG
今回 <赤> が華やかです。4本の糸の絡みが深みをまして景色をつなぎます。

タイトルは 『水紀行ー赤の章』

DSC05034.jpg
DSC05005.JPG
DSC05030.JPG
糸を染め 絣文様を織つずけるうちイメージが即興で変奏曲を奏でるそうです。

離れの景色、時間帯による色の変化、楽空間の醍醐味をぜひ。夜が最高です。

DSC05039.jpg



吉水絹代 水紀行in楽空間 すばらしい世界です。キャリアの重みを感じます。

ぜひ楽しみにお出かけくださいませ。(展覧会は6月2日まで)

                            小西いく子

                    



2013年5月20日
*松田百合子展 -陶- 終わりました


「元気が出るわ〜」お越しいただく皆さんのお言葉です。
楽空間、赤、黄、緑、紫、青 五彩に彩られたおおらかな模様で元気がみなぎっていました。ざっくり見えるようですが,繊細なテクニックが高いグレイドかもしだしています。
大御所 百合子さんの存在は大きいです。

DSC04891.jpg
DSC04892.JPG
DSC04871.JPG
DSC04922.jpg


次回展覧会はー織ーです。
水がテーマ、楽空間は初夏に向かいます。お楽しみに!

吉水絹代ー織ー
5月25日〜6月2日
お出かけお待ちしております。

                        小西いく子
2013年5月11日
*松田百合子展 ー陶ー 始まりました


若葉がまぶしいです。寒暖の激しいこと、いつのなれば落ちつきますやら。
楽空間は華やかです、見事な五彩 美しいこと!

               案内状の籠水指
DSC04870.jpg
       デミタスカップ (描きすぎて腱鞘炎になられたとか)
DSC04919.JPG
       世界遺産の富士山(香合)富士山の裾野、忍野村在住
DSC04889.JPG



展覧会は5月19日まで お出かけお待ちしております。

DSC05593.JPG


ご報告は

ケロでした
2013年4月29日
*藤平三穂展ー陶ー終わりました


三穂ちゃんワールド幕をおろしました。6年ぶりでした。作家としての底が固まった
ようにおもいます。この6年は三穂さんを大きくしたと感じました。

優しさ、可愛さ,ほのぼのとする暖かさ これからいかように発展するか楽しみです。

DSC04756.JPGDSC04788.JPG
DSC04765.JPG
DSC04777.JPG

「ようこそおこしいただきまして ありがとうございます』
三穂さんのおっとり声です。


DSC05600.JPG

ケロ からも
アリガトウございました

次回展覧会は 5月11日から19日まで
松田百合子ー陶ーです
宜しくおねがいいたします。








130308_027.JPG
お父さま先生展覧会 <藤平伸先生を偲んで> 6月6日から6月16日まで
楽空間 祇をん小西 です。 お楽しみに

                    小西いく子
2013年4月26日
*インドからのおみやげ


藤平三穂展 寒い日、暖かい日、寒暖の激しいこと!あと3日になりました。
お出かけを早く!

DSC04779.JPG
DSC04840.JPG
DSC04844.JPG真ん中の陶板は三穂さん父上、藤平伸先生作です。ご覧ん下さいね。

インドから内山貴義さん(漆作家)留学8ヶ月で途中帰国され展覧会におこしくだ
さいました。三穂さんと一緒でパチリ インドのかたみたい?

DSC04845.jpg
お土産にインド産団扇いただきました。

DSC04849.JPG
使い方。手の所をくるくる回します。手風機? 団扇、センスなどを集めて美術館
を作ろうとなさっている方 JATIN  DAS さんからいただきました。 

『日本に帰ってきて驚いた!みんなの顔が元気なく、暗く感じた....インドの人は
元気で前向きなように感じる。食べ物がおいしく素材の味が生きている。日本のは
手が込みすぎているように感じた。早く帰ってあちらのものを食べたくなった。』

日本はあの福島のこと,地震だけでなくどうにもならない原発が私たちの上にのし
かかっているのです...暗くなります。現実です。元に戻れないのです。

DSC05588.JPG


えらいことです!!!!

ケロでした
2013年4月20日
*藤平三穂展ー陶ー始まりました


19日の搬入は強い風が吹き肌寒い1日でした。先日の地震からまた気候が変わった
ようです。でもでも 楽空間は 三穂ちゃんワールドです。

もしもし亀よ、かめさんよ!

兎さんはおねんね、亀さんは頂上へまっしぐら。

DSC04760.JPG
DSC04823.JPGDSC04812.jpg
DSC04770.jpg
父上を偲んで 題名は壷の花、さえずり,夜の航海、なかよし......ガラスモザ
の陶箱、家、鳥、木 それぞれが語り合っています。

4月も半ばになりました。若葉が光っています。<ちいさきものはみなうつくし>

是非 楽空間へお越し下さい。

DSC05635.JPG 
 兎さんのまねをしている
  ケロ です


  コラ! 怠けるな!
2013年4月14日
*市川和美展 -陶- 終わりました


寒い寒い毎日、花冷え(鼻冷え)に悩まされた毎日でした。
和美先生、生駒から連日お越し下さいました。お疲れさまです。ライラッツク、スノーポール、あかめがし、赤い椿...楽しませていただきました。嬉しいことです。

DSC04724.jpg
DSC04647.jpg
DSC04646.jpgDSC04700.jpg

13日早朝の地震,大きくなくてホッ! ヨカッタ!

ご長男の莫さんお越しいただきました、親子対面はお久しぶりとのこと。
和やかな雰囲気です。

DSC04686.jpg
搬出は又,ご主人のお手を借りました。ホンマニお疲れさまでした。今晩はどうぞ、
ごゆっくり。
遠路おこしいただきましたみなさまありがとうございました。





楽空間次回ご案内         
DSC05586.JPG


4月20日から28日まで。
藤平三穂ー陶ー展
お出かけお待ちしています。
       ケロでした

2013年4月 6日
*市川和美展 -陶- 始まりました


生駒からお越しいただいた和美先生、ご主人が搬入のお手伝いをしてくださいました。

DSC04574.JPG
DSC04575.JPG
DSC04590.JPG
DSC04604.jpg
天使やお厨子の中の可愛い仏様、心が休まります。文様が繊細で美しいこと。



お世話さまでした。お手伝い完了、作品をパチリ、ご主人の真剣なまなざしです。

DSC04631.JPG
ご主人からいただきました。ちょっとご紹介、ご主人のご本です。

DSC04648.JPG
DSC04649.JPG


























直して<修理して>又使う、何でもすぐに捨ててしまう昨今、それは心も捨てているようです。修理してもらう,そして大切に又使う、そこには人と人との見えない心のつながりが感じられます。ダイジニスル...いい言葉ですね。

ゆっくり読ませていただきます。ありがとうございます。

展覧会は4月6日から14日まで(最終日は5時まで)、和美先生は毎日おこしいただけるそうです。是非お出かけくださいませ。

                            小西いく子


2013年4月 1日
*小川靖弘-裕恵展 終わりました


展覧会は6年ぶり、大勢の方がおこしくださいました。
お二人のお人柄,和やかなうちにおわりました。

DSC04518.jpg
DSC04425.JPG
DSC04501.jpg
DSC04440.JPG
         酒袋に挿すお花,楽しませて頂きました。

裕恵さん「もう私 古希え !」 なんのなんの お元気です。
仲良しお二人 お元気でご活躍を。みなさまありがとうございました。

                             小西いく子

          
2013年3月26日
*藍染めと花


今回の展覧会 小川裕恵さん 新しい酒袋に藍染めをされました。
木綿のしゃっきりした布の質感、花入れとして如何?

DSC04467.jpg
            裕恵先生お気に入りの水仙

DSC04468.JPG
             工房のユキヤナギ

DSC04472.JPG
            藍には黄色い花がにあいます

DSC04442.jpg
           この可愛いお花は小川靖弘先生の麻の帯です 



      小川裕恵先生を囲んで、公募展やグループ展で活躍中の生徒さん。

DSC04465.jpg
花冷えの毎日でしたが桜が開花し始めました。
展覧会は3月31日までです。(最終日は5時で閉廊)
こちらにもお出かけくださいませ。お待ちしております。

                            小西いく子
2013年3月23日
*小川靖弘ー裕恵展 始まりました

 

6年ぶりの展覧会 いつものようにお二人で仲良く展示。
「これでどうやろ...」「ええのとちがう...」ヤサシイ会話!

DSC04403.JPG
DSC04406.JPGDSC04407.JPG
すっきりとまとまりました。お楽しみに。

藍染めの布を多目的に敷物、壁掛け、またはお花を挿してみては如何でしょう?
あなたのアイデアをど〜ぞ!


DSC04433.JPG

展覧会は3月31日(日)まで。お出かけお待ちしています。




DSC05627.JPG
 
ご報告は
ケロ でした。

(現在花粉と奮闘中)

2013年3月18日
*井上絵美子展 ー漆ー 終わりました

柔らかいフォルム『さわってみたくなる...』本当にそうです。

DSC04326 - バージョン 2.jpg
卒業後、技術の研修を2年、確かな技術を身につけられた絵美ちゃん、創りつづけて
20年、これからの作品がとてもたのしみです。
大勢の方おこしいただきました、ありがとうゴザイマス。
フレーフレー 絵美ちゃん!

DSC05600.JPG

ケロでした

次回展覧会
小川靖弘、裕恵 ー藍染ー
3月23日〜3月31日
お出かけお待ちしております。
2013年3月15日
*訂正

先日(3月9日付け) *井上絵美子展ー漆ー始まりました
で展覧会期間を3月31日までと記載いたしましたが3月17日までの誤りでした。
訂正いたしますとともにお詫びいたします。
今後とも宜しくおねがいいたします。

DSC05618.JPG

 ケロ でした
2013年3月11日
*いい写真

井上絵美子展いい写真が撮れました。如何?

DSC04384.jpg
DSC04355.JPGDSC04353.jpg

DSC04389.JPG
旅行中のお嬢さん3人立ち寄られました。お着物、着付け、髪型,持ち物、たび?まで
オプションで借りられるそうです。お仲間のお一人は芸大でデザインのお勉強中とか、
おはなしが弾みました。 お気をつけて京の旅を!

                        小西いく子
2013年3月 9日
*井上絵美子展 ー漆ー 始まりました


暑さ寒さも彼岸まで、ここ 2、3日 めっきり春めいてきました。
楽空間も前回の鉄の作品から漆の作品へと移りました。

『芽生える期』『さえずり』『春よ来い』タイトルいろいろ

DSC04321.JPG

色は赤、シルバー、茶、黒...とさまざまです。さりげない蒔絵が見所を決めてくれます。
前回の展覧会から5年ぶりです。カタチは優しく,キュートです

DSC04328.jpg
DSC04370.jpg
DSC04371.JPG
         表の間の格子を映り込ませたい!きれいですね。

         初日一番のお客様 絵美ちゃんファミリーと生徒さん

DSC04374.JPG
       (左より秋喜都くん、ご主人、絵美ちゃん、お弟子さん)


桜の開花ももうすぐ、楽空間へぜひおこし下さい。

DSC05606.JPG



ご報告は ケロでした

(展覧会は3月17日まで)
2013年3月 4日
*志村高弘展ー金工ー終わりました

10年ぶりの展覧会みなさまのあたたかい応援をいただきました。
お人柄とおもいます。ありがとうございます。
内蔵?優しく可愛いかたちです。

DSC04202.JPG
DSC04248.jpg
影が好評でした

DSC04240.jpg次男のユウジロウ君 かいがいしく搬出のお手伝い 早くにおわりました
お疲れさまでした ありがとうございます。
  IPADでのお絵描き 行く末はアーテイスト? 

DSC05580.JPG

        次回展覧会
       井上絵実子ー漆ー
       3月9日〜17日
       宜しくお願いします

         ケロでした
2013年2月23日
*志村高弘ー金工ー展始まりました


「お久しぶりです...」10年の月日 一周りも二周りも大きく立派になられた高弘さん
頼もしくおもいます。二児のお父さん、中間管理職 中国へお仕事で行ったり来たり。
多民族の中でのお仕事は日本を見直すことが出来て魅力的だそうです。

DSC04209.jpg
            これだいいかな?展示中の高弘さん

DSC04210.jpg
           いい雰囲気にまとまりました

DSC04219.jpg
           鉄を内側からトントンたたいていくと柔らかく
           膨らんでくる、何かの形に似ているなあ...
           そして出来上がった形。体内の器官もこんなに
           可愛いです。
           花器として如何でしょう

今回10年分の想いをこめて沢山さんの作品が飾られました。光りを放つ作品も
楽しいです。緻密な技術が使われています。(照明器具会社勤務 さすがに)

DSC04201.jpg
           楽空間に標本室???手術室???が出来
           ました?それぞれの器官のがきれいです。
           実物を是非ご覧下さい。

ちょっと高弘さんの楽しい一面をご紹介
過労から脱水症状が起こり救急車を要請。搬送中 その大変なさなかビデオ?
で救急車の内部を撮影、後で見ると天井ばかり写っていたそうです.「救急車
が通ります...」声も入っていたとか。この余裕きゅうきゅう?
お腹をかかえて大笑いしました。「ビデオ持ってきます」!!!!!

展覧会は3月3日まで。お出かけお待ちしています。

DSC05606.JPG


ご報告は

ケロでした

2013年2月18日
*米田文ー陶ー展 終わりました

うわ〜〜かわいい!
男の方も女の方もみな同じ歓声です。

myおひなさん、初節句に、これからの赤ちゃんに それぞれの想いを込めて
お求めいただきました。

DSC04182.JPG

作品の数々は九谷の五彩のうつくしさ、、完成度の高さ 大好評でした。
おじようさんの かのこちゃんはお留守番.おこしいただいた文さん、お人柄に触れて
皆さん まんぞく。

DSC04191.JPG
DSC04192.JPG
         タイトル-ーバレエ 作品の裏もたのしい。

そばにおきたい小さいちいさい作品,世界はおおきい大きいです。

DSC04190.JPG
         タイトルー華道 床の間にお軸もかかっています。
         ご主人の影響でしょうか?(古美術商)

今回はお雛さん さて次回は何をお願いしましょう? お楽しみに!

                            小西いく子

2013年2月10日
*米田文ー陶ー展 始まりました

寒い日です。
金沢から文さん(ぶんさん)お越しいただきました。
ほんまにちいさいちっちゃいおひなさんです

DSC04129.jpg
            幅4㎝、高さ6㎝、奥行き5㎝

          (もっと小さいのは幅、奥行き2㎝、高さ2、5㎝)

IMG_0041.JPG
          ずらり勢揃い,楽しいこと、たのしいこと

          今回、小箱、ぐい飲み、小碗、湯のみ 
          可愛いオブジィエなども楽しいです

IMG_0057.JPG
    オープン待ちかねて一番にお越しいただいたお客様と文さん(向って左)

DSC04176.JPG
         3度目で成功した力作の陶箱 お見事!です

DSC04107.jpg

       2月17日(日)までです。ー通常は11時〜7時、最終日5時まで
       ぜひお出かけくださいませ。 お待ちしています。

DSC04172.jpg




会場がカラフルなので白桃を生けました

お祝いするかのように大きく見事に咲い

くれました。嬉しいことです。


         小西いく子
2013年2月 3日
*漆五人展ー終わりました


楽空間をうめた漆作品は石川、福井、茨城そして地元京都にご帰還されました。

漆をもっと広く知って使って頂きたいとの想いで35歳から39歳までの若手グールプ
が3年前からの計画、第一回目となりました。

IMG_0015.JPG
IMG_0024.jpg
DSC04029.JPG
丁寧に塗られた漆器は強くて丈夫です。口にやさしく、手乗りがいいです。
傷がつけば修復可能です。これぞ <エコ> このごろはご飯もおつゆもついには
サラダまでマイ碗で食べています。

DSC04098.JPG
 
いくこお気に入りマイ碗

5年前から使い始めました
おどんぶり碗です。
ピカピカになりました
鎌田克慈作(乾漆)




5人の創りてたち,これからの活躍が楽しみです。応援宜しくおねがいいたします。


                       小西いく子

次回展覧会
米田文 ー陶ー 小さな小さな作品です。
只今 赤ちゃん対策におおわらわだそうです。お楽しみに!

2月9日から17日まで

2013年1月27日
*漆五人展ー2−

寒い寒い日がつずいています。。
5人衆そろわれました。 よっ!男前!

DSC04065.JPG

左より 内田徹さん(福井) 新宮州三さん(京都) 鎌田克慈さん(石川)
中野知昭さん(福井) 小林慎二さん(茨城)  皆さん30代の意欲満点の
方々です。

漆をもっと皆さんの身近なものにしてほしい。今回はーそれぞれのお膳のかたちー
のテーマのもと楽空間で勢揃いです。

DSC04054.JPG
 小林さん 
DSC04013.JPG新宮さん
DSC04009.JPG
内田さん
DSC04011.JPG
中野さん
DSC04010.JPG
鎌田さん
DSC04012.JPG
祇をん小西での宴にぜひお出かけくださいませ。
2月3日まで(最終日5時まで)

DSC05587.JPG



ご報告は

ケロでした
2013年1月26日
*漆五人展 −1−


1月26日から2月3日までの展覧会、作家各氏搬入終わりホッ! お茶で一服 

DSC04015.JPG
左より 中野さん、鎌田さん、新宮さん、小林さん 内田さんは明日お越し下さいます。

明日五人衆お揃い写真と作品をお楽しみに!              続く。

  

                     小西いく子
2013年1月21日
*田村葵展 終わりました

楽空間 今年最初の展覧会ー絵ー白と黒で新鮮な空気が漂いました。

庭の遅かった侘助の紅がこの日を待っていてくれたように花を添えてくれました。

DSC03965.JPG
平面と立体の制作これからが増々楽しみです。

DSC03987.JPG









DSC03915.JPG














次回の祇をん小西はー漆ーです。5人の作家が競います。

どうぞお楽しみに 1月26日から始まります。よろしくおねがいいたします。

                        小西いく子
2013年1月18日
*田村葵さんの染め帯

今日葵さんに描いてもらわれた帯を締めてお客様がお越し下さいました。

DSC03960.JPG
DSC03960.JPG
DSC03961.JPG
















DSC03963.JPG























『とてもいいでしょ それに色気のある龍でしょ! げんきになるわ...』とお客様

茜染め(吉野和子作)のお着物、翡翠の帯留め(お友達作)帯揚げのグリーンきれいです。お襦袢はなんと鱗文様 素敵でした。



DSC05595.JPG

とてもいい気分です。

いいな イイナ。

   ケロ でした
2013年1月13日
*作家遠方より来る

1月12日

佐賀大学勤務の漆作家ー井川健さんーご家族おこしくださいました。

ママになられた華ちゃん、ご長男元(はじめ)くん。

幸せ一杯です。

右より 健さん、元くん、華ちゃん、田村葵さん(ただいま展覧会中)お客さま石田さん

DSC03933.JPG

健さん日本クラフト展で大賞受賞(おおきくて木目のきれいなケヤキに吹き漆の作品でした)以前の優秀賞につずいての受賞おめでとうございます。

華ちゃんとてもとても幸せそうです。作品創りも再開とか。また展覧会頼も!

元くん美男子でその上人みしりしないで絵顔まんてん。きっとモテモテでしょう。

DSC03934.jpg
可愛い,かわいい、カワイイーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

DSC05586.JPG



ご報告は

ケロでした
2013年1月12日
*田村葵-絵-展始まりました

今日新春初めての展覧会です。穏やかな日ざし。

楽空間はあどけない童ではじまりました。

DSC03925.JPG
DSC03907.JPG
しっかりした筆使いのあとがきれいです。

お出かけお待ちしています。   1月20日まで

DSC03916.JPG

                      小西いく子
2012年12月31日
*2013年 楽空間祇をん小西 展覧会予定

予定表をおおくリします。
作家の方々は若手、中堅、ベテランとお集りいただきます。絵、漆、陶、金属、ファイバー...それぞれ毎回お楽しみいただけるように企画いたしました。

来年は巳歳 美(み)な展覧会になりますことを願って,新春からもよろしくお願い
いたします。

                       小西 いく子

2013年間DM-予定面.jpg
 
2012年12月17日
*終わった〜〜!干支と縁起物展


こんにちは ケロ です。

DSC09037.jpg
わ〜〜い!干支ー巳ー展 終わりました。食べられる恐れがなくなり ほっ!

DSC03708.JPG
DSC03769.JPG
DSC03772.JPG
DSC03732.JPG
紙あり、漆あり、金属あり、ひとひねりした作品あり、にょろにょろにょろ。
毎日 ヒヤヒヤでした。でも無事で〜〜〜す。食べられずに元気でおります。

お越しいただきましたみなさま、作家のみなさまありがとうございました。

新しい年に期待してこれからも展覧会の報告をつずけさせていただきます。

今年一年ありがとうございました。来年も楽空間 祇をん小西宜しくおね
がいいたします。

新年は1月12日から 田村葵さんの 日本画で始めます。
(つれづれ日記10月22日のー田村葵の襖絵ーご覧下さいませ)

よろしおねがいいたします。
みなさまにとって新年がよい年でありますように。
                     ケロでした。
2012年12月 9日
*干支と縁起物展 始まりました

今日初日 来年の干支 ー巳ー 展 始まりました。
なんと何とすごく寒い日となりました。寒い中お越しいただいてありがとうございます。

DSC03718.JPG
総勢50人です。カラフルー巳ーさんとなり ほっ!

DSC03735.jpg
DSC03740.jpgDSC03725.JPG
今年最後の展覧会です。ニョロニョロでなくニコニコお待ちしています。

DSC05628.JPG


食べられないように身を潜めています

12月16日までです

ご報告はケロでした。

2012年12月 2日
*川端健太郎ー陶ー展終わりました


DSC03665.JPG
DSC03643.jpg
ガラスをいれ込んだ今までの作品、同じく磁土を用い銀で工夫された仕上げの今回の
作品。不思議な表現に皆さん興味深々でした。力強くありながら繊細な細部。
川端ワールド全開です。ここからさらに黒の世界に移るそうです。増々楽しみです。

ちょっと ご紹介 箱書きをする健太郎さんです。

DSC03696.jpg
筆のもち方にご注目、まるで短冊に和歌をしたためるように!

DSC03697.JPG
お見事!!!!! このセンス,さすがです。

お客様 ご満足 「ナント、いいね!」 16日のお茶会に早速登場だそうです。

DSC03699.JPG
次回の展覧会をお約束して終わりました。遠方(岐阜 瑞浪)からようこそ。
いい展覧会ありがとうございました。




DSC05587.JPG


ご報告は ケロ でした。

12月8日からの干支と縁起物展

よろしくお願いします。
2012年11月24日
*川端健太郎-陶-始まりました


どこもここも紅葉の美しい毎日です。
岐阜から(瑞波)健太郎さん到着です。

案内状の作品は蓋物です。いつものように蓋の裏も楽しいです。

DSC03625.JPG
DSC03626.JPG
水滴軍団の勢揃いです。

DSC03644.JPG
ぐい飲みです,健太郎さん作??? そうなんです。自然です。

DSC03657.jpg
今回に寄せられたコメントです。

   川端 健太郎

      今回の作品は今までのその工程から出てきた余分な土や、
     手を加えられなかったもの、作り上げるために支えになっ
     てきたものなどが溜まってきたことが生み出す切っ掛けに
     なった一つです。それはいつも窓から見えている草の模様
     からで、そこら辺の雑草が生えているだけの景色で、伸び
     たら苅ってまた苅られ少しずつ増殖し、冬には枯れて、春
     に芽吹くというのを繰り返し、苅られた草は重なり変化し
     自分の栄養にしていく。その繰り返しの逞しさが自分の排
     出してきた土と重なり連想出来た。 その草のような陰の土
     が自らのソースになり得るし、そこから生まれる新たなも
     のが自分を焚き付け生み出してきたモノの熱量にもなり、
     陰の部分としての光を与えてくれるものは、今までの作品と
     違う角度から視られることになればと思います。
     今だから。

DSC03662.JPG
いつもの鮮やかな作品も届いています。
お楽しみにお出かけ下しませ。

     12月2日(日)まで

      お待ちしております。


                        小西いく子
2012年11月20日
*林源太ー漆ー展 終わりました

紅葉が美しい今年、気持ちよくさせてくれます。秋の日和はよく変わります。
会期中も秋雨の冷たい日、ぽかぽかの秋日和と交合の日々でした。

DSC03587.JPG
DSC03515.JPG
   紅葉狩りでいっぱい!

多数おこしくださいました。嬉しいことです。
源太さんの漆への熱い思い、誠実な語り口はフアンが倍増。

                 彩りかわいい紙風船

DSC03434.jpg