2013年10月22日
*2013瀬戸内芸術祭-秋


10月21日、22日 両日 秋晴れに恵まれ楽しく豊島、男木島、高見島、粟島を
巡りました。

 21日 早朝,時間を有効に使おうと京都駅のシャッターの上がるのを待って
午前4時半)お友達と一路宇野港に向かいました。

*豊島に無事到着 折角 早く着いたのにオープンはなんと10時〜10時半から。

DSC05559.JPG
豊島美術館外観 すばらしい内部でしたが撮影禁止!ショップの風景と棚田

DSC05565.JPG
DSC05568.jpg












バス〜船の便が悪い(一日に一本)ので早いめ移動,男木島へ








*男木島



ここは嶋田康祐さん(2011年祇をん小西で展覧会)の参加の島です。

康祐さん(紙)お兄さん(木工)お母さん(フラワーアレンジメント)
楽しい空間です。

DSC05609.JPG
DSC05606.jpg
DSC05604.JPGDSC05607.jpg
島の皆さんが気持良く協力をして下さるそうです、お花の提供、ワークショップに参加と

嶋田さんおすすめの会場へ、凄い階段と坂です。ああしんど!

DSC05574.JPG
DSC05583.JPG

DSC05595.JPG
DSC05600.JPG
男木島は船から見える家々が段々畑のように美しい島です。一足中に入ると階段、坂が
こんなに凄いとは...大変わたしには住めません。

貝の天ぷらとビールでホッコリ一息、今晩泊まりの四国多度津へ向かいまました。


*高見島

22日 多度津港の早朝6時から開店のおうどん屋さんで朝食、船で今回メインの
高見島へ

内田晴之先生(楽空間で9月に金属と花でコラボしました)小川文子さん田辺桂さん
除虫菊を使っての巨大蚊取り線香作品。

DSC05650.jpg           除虫菊

DSC05631.JPG
DSC05629.JPG
DSC05647.jpg           壁の味がなかなかです。

DSC05643.jpg
DSC05634.JPG
DSC05641.JPG
空間は色彩のバランス、丸と四角のバランス、気持ちよい緊張感に包まれていました。,香りは除虫?でなく何となく人の心を落着かせてくれました。

きつい坂を登ってきてヨカッタ。うわ〜〜先生が熱心に通われたことがよくわかりま
した。他の作品では感じられないびしーとしたところが先生らしく一番ではないかと。

その上に島人のコーヒーやお茶のおもてなしに心豊かになりました。感謝です。

外の作品

DSC05664.JPG
DSC05628.jpg
DSC05627.JPG
DSC05611.JPG
DSC05654.JPG
坂と階段 サヨウナラ 粟島に向かいます。


*粟島

一番良かった作品
DSC05680.jpg
DSC05677.JPG
ガーゼにパラフィン処理して、5枚のかたを張り合わせての舟形だそうです。
地元の方のうれしい言葉。
『美しい状態で見ていただきたいので常に埃を払う掃除をしています。』
今回思ったこと
*地元の方が楽しんで協力しておられる様子が気持ちよかったしまた島々の特徴が
 よくわかったこと。地形の厳しさ廃屋が多いのも仕方ないように思われます。
*杖をつきながら坂道.階段をのぼって展覧会を廻っておられる方々、グループで廻られる方々、あちこちで<老パワー>全開でした。四国側から多くこられていました。このパワー日本を元気にするのにもっと使えないものでしょうか???

お土産は 快晴に恵まれ 日焼け でした。

                    小西いく子