2012年3月17日
*加守田次郎展始まりました
関東での展覧会が多く京都での展覧会は初めて、それに個展はとてもひさしぶりだ
そうです。東久留米市からお越し下さいました。

        案内状の作品です

DSC00356.JPG
DSC00342.JPG
DSC00336.JPG
DSC00367.jpgDSC00364.JPG
DSC00379.jpg
馬を題材にした作品が多いのは、幼稚園の遠足の時にポニーに乗ったの思い出から
だそうです。内気な坊やで恥ずかしがりやさんだつたとのこと。
作品の静かな雰囲気から、なるほど そうか、そうか、と納得しました。

油絵、パステル画、水彩画など。どれも時間にとらわれずにゆっくり描かれた作品です。
じんわりと心に響きます。

DSC00345.jpg
DSC00321.JPG大変驚きました!!!!!

DSC00306.JPG
展覧会が始まる前から藤平先生の作品を是非一緒に飾りたいと思っていました。
先生の雰囲気と共通点があると思っていましたから。
上記の作品を飾ろうとしたとき。「あっ藤平先生の作品!大フアンです。京都での
展覧会のときは是非見て頂きたく想っていました...」
ほんまに、ビックリです。

DSC00334.JPG
DSC00308.JPG
笛吹き作品、向かい同士に展示しました。是非ご覧くださいませ。

DSC00305.JPG「父の作品よりも(加守田章二氏)ずっと、ずっと 好きです」
伸ちゃん先生、聞こえていますか?是非雲に乗って観に来てくださいね。


花見小路は4月から始まる<都をどり>のボンボリ、提灯 に灯りがともりました。
もう春いっぱいです。

皆様のお出かけをお待ちしています。(3月25日まで)

                          小西いく子