2010年10月25日
No3 さあ!ポートランドへ

昨日はホームパーテイーを開いていただき美紀さんの美味しい手料理を一杯いた
だきました。
ダラスさん美紀さんご夫妻(智美さんの知人で20年ぶりの再会とのことです)の
車で紅葉狩りにつれていってもらいます。


DSC04819.JPG

海辺でランチです。

DSC04826.JPG


DSC04830.JPG

白浜の千畳敷に似ています。
ダラスさんと美紀さん(サングラス)

DSC04828.JPG

餌を沢山いただいてカタマッタ、かもめ。
置物ではありません。
生きてます。


浜辺の超満員のお店です。
いた壁の装飾にご注目。
クリームチャウダー、シュリンプ、クラブ、ロブスター、ちょっと甘いドレッシ
ングのかかったキャベツのサラダ。
もちろんビールも。
おいしーい。



DSC04823.JPG


DSC04824.JPG


DSC04825.JPG
2日目
部屋の窓から、夜明けです。それ!散歩にいこ。
お二人はおやすみです。
(残念でした、海の見えない
お部屋でした)

DSC04834.JPG


DSC04838.JPG


DSC04839.JPG


DSC04843.JPG


DSC04846.JPG
影絵であそぼ。

DSC04848.JPG

DSC04849.JPG


DSC04851.JPG


DSC04852.JPG
ホテルの周り

DSC04850.JPG


DSC04855.JPG


DSC04856.JPG

DSC04857.JPG


DSC04858.JPG
この景色がかずこさんのタペストリーです

DSC04859.JPG




ランチはかきとロブスターです。

海辺のお店、私たちの後ぞくぞく入店超満員になりました。


DSC05134.JPG


DSC04862.JPG


DSC04864.JPG

DSC04867.JPG

智美さんの優れた鼻感が的中。
おいしいお店です。

このあたりから3人のお役目が明確になりました。

智美さんー食係り
 ーーー優れた食物に関する、直感と経験はすごいです。
はずれはありません。ホンマ二どれも大満足!
楽しい旅の原動力でした。が、
嘆きの体重増加。

かづこさんー計算とスケジュール係り
 ーーーチックのときチップがややこしいですが、きれいな字で計算。
バッツチリです。

いくこはんーただただ付いて行くだけ
 ーーーしいて言えば写真係り?

さて ! Sebago Lake から New York City へ

DSC04872.JPG


DSC04874.JPG


DSC04875.JPG

DSC04877.JPG


DSC04870.JPG


DSC04879.JPG


DSC04887.JPG




州立公園の1つの湖で人影少なく(夏はすごい人出)打ち寄せる波が穏やかで心
が休まります。
雲母の塊もあり砂はきらきらです。


DSC04873.JPG


DSC04888.JPG


DSC04886.JPG


DSC04885.JPG

浜辺につづく雑木林は静寂で色美しく、身も心も洗われ清浄化されていくのがわ
かりました。
いつまでも去りがたくせめて落ち葉でも...かづこさんとも くもくと
ひろいました。

ダラスさんの会社の由来もここからとか、滋賀県の南郷洗堰と京都の高瀬川あせ
たようなところです。
紅葉は塩瀬の染め帯の模様?


DSC04890.JPG


DSC04891.JPGDSC04893.JPG

DSC04894.JPG


DSC04895.JPG



ハィウエィをニューヨークへ


DSC04896.JPGDSC04897.JPGDSC04900.JPGDSC04908.JPGDSC04910.JPG

DSC04911.JPG
途中マグドナルドでメキシコ料理のランチ
(これも智美さんの鼻クンでお味はOK)
ダラスさんの生家を通リ8時間。
ハドソン川のサンセットとなり ました。
ダラスさんお疲れ様でした。


DSC04922.JPG


DSC04924.JPG


DSC04925.JPG


DSC04926.JPG
京都の知人のお勧めスペイン料理店でディナー。

王 玉環さんが沢山ギャラリーの資料をもってきてくださいました。
ご主人は日本人彫刻家(日本で制作)王さんは日本とニューヨークでインスタレーションを発表。
親切でやさしく、お目にかかれてよかった。
お礼もうします。



DSC04927.JPG


DSC04932.JPG